「Project:;COLD」シリーズや「人の財布」を手掛ける第四境界は、「かがみの特殊少年更生施設」のプレイヤー数が、公開10日で20万人を突破したことを明かした。

また、第四境界の次回作を3ヵ月以内にリリースすることも明らかとなっている。

「かがみの特殊少年更生施設」のプレイヤー数が10日で20万人を突破!第四境界の新作が3ヵ月以内にリリース予定の画像

「かがみの特殊少年更生施設」は、X(旧Twitter)上では“#気づいてA君”というハッシュタグで話題となっている「ある少年院」を舞台とした“体験型モキュメンタリー”であり、実在するWebサイトを調査する無料のミステリーゲームだ。

映像内に登場する“少年院のWebサイト”は実際に存在しており、アクセスはもちろんのこと、自身の手で調査を進めることも可能。サイトから“気になるワード”を見つけ出し、それをサイト上で検索することで、より深く進んでいくことができる。

以下、発表情報をもとに掲載しています

「かがみの特殊少年更生施設」の楽しみ方

「かがみの特殊少年更生施設」のプレイヤー数が10日で20万人を突破!第四境界の新作が3ヵ月以内にリリース予定の画像

実際にWebサイトにアクセスいただき、調査を進めてください。さまざまなページから“気になるワード”を見つけ、それをサイト上で検索することで、物語が進んでいきます。

サイト上から手に入る情報には、LEVEL 1~LEVEL 10までの機密度が設定されており、そのページ数は120を超えます。

「かがみの特殊少年更生施設」のプレイヤー数が10日で20万人を突破!第四境界の新作が3ヵ月以内にリリース予定の画像

得られる情報はいずれも断片的ですが、機密レベルが高くなるほど情報の重要性も上がっていき、一歩ずつ、この施設の真実に近づいていくことになるでしょう。

「かがみの特殊少年更生施設」のプレイヤー数が10日で20万人を突破!第四境界の新作が3ヵ月以内にリリース予定の画像

また、一部資料には何者かの手によって隠された情報も確認することができ、謎解きや考察も重要な要素となってきます。

「かがみの特殊少年更生施設」のプレイヤー数が10日で20万人を突破!第四境界の新作が3ヵ月以内にリリース予定の画像

調査の進め方やその方法に制限はありません。1人はもちろん複数人でもお楽しみいただけ、時間制限もありません。ぜひご自身の手で、真実に辿り着いてください。

なお、本作はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係のないストーリーです。

「かがみの特殊少年更生施設」
・調査サイト:https://kagamino-jrep.net/
・関連Xアカウント:https://twitter.com/about_A_message
・運営Xアカウント:https://twitter.com/daiyonkyokai
・運営/制作:第四境界

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー