SCRAPと日本郵便は、回遊型の体験型ゲームイベント「リアル脱出ゲーム『郵政博物館と時を超えた手紙の謎』」を、2024年7月5日より開催する。

謎解きを通して、参加者がまるで「物語の登場人物」になったかのような体験ができるのが「リアル脱出ゲーム」だ。「郵政博物館と時を超えた手紙の謎」では、日本郵政が運営する「郵政博物館」を舞台に、世界の切手や郵便の歴史に関する数々の展示を楽しみながら謎を解く体験型ゲームが楽しめる。

世界の切手や郵便の歴史を楽しみながら謎を解くリアル脱出ゲーム「郵政博物館と時を超えた手紙の謎」が7月5日より開催!の画像

本イベントの参加者は、郵政博物館内の架空の組織「迷子の手紙研究室」の一員となり、郵政博物館で起きている「迷子の手紙現象」の解明を目指す。「迷子の手紙現象」とは、過去に出された手紙が時を超えて現代へと迷い込み、「その手紙が届かなかった世界」に書き換えられてしまうというもの。

この現象により、手紙によって本来紡がれるはずだった想いが途切れ、あるべき人間関係までも変わってしまうという。謎を解くことで本来届くはずであった人のもとに手紙を届け、途切れてしまった人々の想いを修復することが目的だ。

プレイイメージ写真
プレイイメージ写真

SCRAPでは、「リアル脱出ゲーム」を中心に日本各地でイベントを企画・運営しており、日本郵便では、郵便局およびその他保有施設などの新規ビジネスへの活用に取り組んでいる。こうした二社が協力し、郵政博物館を活用したエンターテインメントを提供することで、多くの人に楽しんでもらえればと考え、今回のイベントを実施するに至ったとのことだ。

参加方法は、事前にチケット販売サイトから、参加したい日のチケットを購入し、参加当日に郵政博物館入館受付で「謎解きキット」に引き換える流れとなっている。「謎解きキット」を受け取り、入館すればゲームスタート。当日遊びたい場合は、郵政博物館入館受付にて「謎解きキット」の当日購入も可能となっている。また、東京ソラマチ館内と、近隣のコンビニエンスストアなどでも販売される予定なので、気になる人は詳細もチェックしてほしい。

※販売店舗の詳細につきましては、別途お知らせいたします。

世界の切手や郵便の歴史を楽しみながら謎を解くリアル脱出ゲーム「郵政博物館と時を超えた手紙の謎」が7月5日より開催!の画像

以下、発表情報をもとに掲載しています

「郵政博物館と時を超えた手紙の謎」イベント概要

イベント名称

リアル脱出ゲーム「郵政博物館と時を超えた手紙の謎」

開催期間

2024年7月5日(金)~2025年7月6日(日)まで

プレイ形式

制限時間 なし/人数制限 なし/所要時間 約90分~120分

※このゲームは謎解きキットとLINEアプリを使用します。スマートフォンなど、インターネットに接続可能な端末が必要です。

販売価格

2,200円(税込)

※別途、受付横の券売機にて郵政博物館入館料をお支払いください。
【郵政博物館入館料】大人300円、小/中/高校生150円

イベント参加方法

事前に郵政博物館へ行く日時が決まっていれば、特設サイトからチケットを購入しましょう。指定した日時に入館受付でチケットをご提示いただくと、キットをお受け取りいただけます。

当日参加の場合は、郵政博物館もしくは近隣の販売所で謎解きキットを購入しご入館ください。

チケット販売スケジュール

少年探偵SCRAP団(FC)団員先行

2024年6月1日(土)12:00~2024年6月7日(金)23:59

一般

2024年6月8日(土)12:00~

謎解きキット販売情報

郵政博物館、および以下の販売所で謎解きキットを直接ご購入いただけます。混雑時には販売を制限する可能性がございますので、事前販売での購入を推奨いたします。
・郵政博物館(電子決済のみ対応)
・近隣コンビニエンスストア(後日詳細発表)
※その他販売店舗の詳細は後日お知らせいたします。

イベント特設サイト
https://realdgame.jp/s/postal-museum/

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード エンタメ