生成AIを搭載した次世代ゲーム開発を手がけるPit-Stepは、会話型AIを搭載したローグライクアクションゲームの開発を発表した。

目次
  1. 【背景】米国で盛り上がりを見せる「生成AI x ゲーム」への投資トレンド
  2. 東京ゲームダンジョン6への出展

今回発表されたAIを搭載したローグライクアクションゲームは、10月にはSteamにてアーリーアクセス版を公開し、さらに10月27日に開催予定のインディーゲーム展示会「東京ゲームダンジョン6」へも出展することを目標に、開発が進められている。

生成AIを搭載した次世代ゲーム開発を手がけるPit-Stepが和風ローグライトアクションゲームの開発を発表の画像

以下、発表情報をもとに掲載しています

【背景】米国で盛り上がりを見せる「生成AI x ゲーム」への投資トレンド

ゲーム業界への生成AI適用のトレンドは、米国でトップレベルのベンチャーキャピタルである Andreessen Horowitz や Y Combinator が相次いで投資を行う など、大きな注目を集めています。

当社はこれまでも、世界有数のグローバルアクセラレーターである「Techstars」のプログラムに参加 し、サンフランシスコを中心にピッチ・ネットワーキングを行うなど、海外展開を視野に入れて運営してまいりました。その経験・ネットワークを駆使して、リリース予定のゲームプロダクトを一気にグローバル展開してまいります。

東京ゲームダンジョン6への出展

2024年10月27日(日)に開催予定のインディーゲーム展示会「東京ゲームダンジョン6」への出展に向けて、開発を進めています。 本展示会は、多くのインディーゲームファンや開発者が集まる場であり、前回開催時に来場した際も会場が熱気で包まれていました。AI技術を活用したゲームのデモを実施し、来場者に独自のゲーム体験を提供する予定です。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー