全国10都市にて開催される日本初演の新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日からついに開幕。日本初となる本公演は、A.A.ミルンの原作とクラシカルなディズニーの長編アニメーションの流れを組んだ作品となっており、等身大のパペットを役者たちが操り、素敵なセット、新旧の愛すべき音楽によって、100 エーカーの森にこれまでにないいのちを吹き込む。この度、公演アンバサダーの福尾誠がついにプーさんと対面。楽しそうな2ショット写真と、福尾が本作の魅力を語るインタビューが到着した。


©︎Disney

―福尾さんが感じている「くまのプーさん」の魅力を教えてください。

なんといっても、くまのプーさんと仲間たちがかわいい! それに尽きると思います。100エーカーの森の中で繰り広げられる仲間たちとの友情や愛、楽しい日常が描かれている物語は、心が暖かくなるすてきなストーリーで、それも魅力の一つです。

―「くまのプーさん」はいつ頃からご存知でしたか?

いつからか覚えていないくらい小さな時から大好きでした。幼い時は、家にパズルやプーさんの人形があって、常に一緒にいる存在でした。ディズニー版のアニメーションを初めて観たのは、幼稚園か小学校に入った頃だと思います。絵本も読んでいた記憶があります。ただ、当時は物語の内容を理解するというよりは、プーさんと仲間たちが遊んでいる姿を観て楽しんだり、聞き馴染みのある歌を聴いたりという楽しみ方をしていました。

―「くまのプーさん」の中で一番好きな登場人物は?

プーさんが好きです。僕とプーさんは共通する部分が多いんですよ。例えば、ハチミツが好き! プーさんは食事やおやつとしてたくさんのハチミツを食べていますが、僕は健康のために(笑)、毎日、必ず食べています。そんなこともあって、プーさんはとても身近に感じます。もちろん、ピグレットもティガーもみんなそれぞれの良さがあるのでみんな好きですし、一緒にお散歩したいなと思っています。

―福尾さんは、一足先にくまのプーさんたちとご対面されたと聞きました。実際に目の前で見たプーさんたちはいかがでしたか?

まず何よりも動いている姿がかわいい。それが最初に素直に感じたことです。みんな元気いっぱいで、プーさんは思っていた以上にゆっくり動くんですよ。本当に癒されました。それに、プーさんもティガーもイーヨーもみんなそれぞれが、性格によって全く動きが違うというのも印象に残っています。彼らの動きから性格までしっかりと分かるんですよ。それは新しい発見でしたし、プーさんと仲間たちの新たな魅力に気づくことができたように思います。

―では、ミュージカルならではの魅力は?

例えばテレビや映画もそうですが、何かを観ていると画面という一つの壁があると思います。ですが、今回のミュージカルにはそれがない。目の前でプーさんたちが遊んでいる姿を感じることができるのは、ミュージカルならではのことだなと思います。音や歌もそうですし、細かい動きまで生で観ることができます。実際に、プーさんがどんなふうに動くかは、皆さん、分からないと思うんですよ。ただ、このミュージカルを観に行くことによって、「こういう感じで走るんだ」とか、「こんな動きをするんだ」ということも分かると思います。

―初めてミュージカルを見るというお子さんたちも多くいらっしゃると思うので、お子さんも楽しめるポイントを教えてください。

100エーカーの森の世界観が味わえるということが、きっと子どもたちにとってワクワクする最大のポイントだと思います。その森の中で、一緒に遊んでいる感覚になってもらいたいです。“プーさんのミュージカルを観に行く”というよりも、“プーさんに会いに行く”“プーさんと遊ぶ”という気持ちで観に来てもらえたら、より楽しめるのではないかなと思っています。そして、今回の物語は、春夏秋冬、それぞれのストーリーが展開されているので、子どもたちにとっても大人にとってもとても分かりやすい物語になっていると思いますし、100エーカーの森の四季を存分に楽しんでいただけると思います。暖かい時間もあれば、寒さを感じたり、雪が降ってきたのを感じる時間もあります。森の中は自然でいっぱいですから。こんな木が生えているんだとか、夏と冬の違いとか、色々な楽しみ方ができると思います。

―今回、終演後にステージ上でプーさんと仲間達の記念撮影ができるVIB席も販売されています。

ワクワクしますよね、写真が撮れるんですよ! 僕も撮りたいです(笑)。世界で活躍しているプーさんが日本に来て、日本のみんなと一緒に遊んでくれて、一緒に写真も撮れるなんて、すごく貴重な経験だと思います。写真はいつまでも残るものですから、子どもたちが大人になった時に、その写真を見返せばとってもすてきな思い出になりますし、大人になった僕でさえ嬉しくなってしまう距離感で写真が撮れるので、すばらしい企画だなと思います。

―東京からスタートし、全国10都市での公演も予定されています。

すごいことですよね。プーさんにも日本の良さを色々と知ってもらえたらいいですね。プーさんが世界で活動する時、「日本はこんなところよかったよ」と日本の思い出をお話ししてくれたら嬉しいです。

―改めて、公演を楽しみにされている方にメッセージをお願いします。

この作品の最大の魅力は、100エーカーの森に遊びに行って、プーさんたちと一緒に遊ぶことができるという、生の舞台ならではの没入感が味わえることだと思います。自分たちも同じ場所にいる気持ちでその空間を楽しめると思うので、ぜひその生の空間を味わいに来てください。


©︎Disney

新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」は、4月27日から5月6日まで日本橋三井ホールにて上演。
東京を皮切りに愛知、千葉、大阪、埼玉、宮城、神奈川、福岡、広島、静岡で開催。
なお、東京公演はすでに売り切れ公演があり、ゴールデンウィークの一部を含むスケジュール後半の席に余裕があるので、詳しくは公式HP(https://www.rkx-i.jp/musical-pooh/)をチェックいただきたい。

■新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」とは

ディズニーの大人気キャラクター、くまのプーと仲間たち(ピグレット、ティガー、イーヨー、カンガ、ルー、ラビット、オウル)、クリストファー・ロビンが四季をめぐって風変わりな冒険をするまったく新しいストーリー。日本公演では、日本人キャストがパペットを巧みに扱い演じ、歌う。このショーは、ロックフェラー・プロダクションズとディズニーシアトリカル・グループが共同で制作した。
2021年にニューヨーク市のシアターロウで世界初演。
「とても心地よく魅力的」(タイムアウト)と「魅力的なパペットたちによる、新しくて楽しい舞台」(エンターテインメント・ウィークリー)などと海外のメディアが絶賛。
ニューヨークの後、ショーはシカゴで上演され、その後全米ツアーが開催。
2023年3月には、英国デビューを果たし、その後、全英ツアー、オーストラリア公演、オランダ/ベルギー公演と上演地は広がっている。

<公演概要>

公演名:新作ミュージカル『ディズニー くまのプーさん』

チケット:VIB席(Very Important Bear Seat):9,500円
(「Very Important Bear Seat」:終演後にステージ上でプーと仲間たちとの記念撮影を含む素敵な特典付き!)
S席:5,500円、A席:3,500円(税込・全席指定)

公式ホームページ:https://www.rkx-i.jp/musical-pooh/
公式X:@PoohShowJapan
公式Insragram:poohshowjapan

<全国開催日程> ※各地の開演時間は公式サイトにてご確認ください。
東京公演:4/27-5/6 日本橋三井ホール
愛知公演:5/11-12  岡崎市民会館あおいホール
千葉公演:5/18-19  松戸市民会館
大阪公演:5/23-26  クールジャパンパーク大阪TTホール
埼玉公演:6/1-6/2  上尾市文化センター大ホール
宮城公演:6/8-9   多賀城市民会館大ホール
神奈川公演:6/15-16  相模原市民会館ホール
福岡公演:6/22-23  キャナルシティ劇場福岡
広島公演:7/6-7   広島国際会議場フェニックスホール
静岡公演:7/13-14  静岡市民文化会館

キャスト:
くまのプーさん       横山達夫 養田陸矢 岩田大輝
ピグレット/ルー       新田恵海 石橋佑果
ティガー          風間由次郎 伊藤広祥
イーヨー/オウル/ラビット   鈴木たけゆき 深堀景介 岩田大輝
カンガ           渡辺七海 澤田美紀
クリストファー・ロビン   櫻井碧人 村山董絃 笹本旭

脚本・演出:ジョナサン・ロックフェラー
作詞作曲:シャーマン・ブラザーズ、A.A.ミルン
追加作曲:ネイト・エドモンソン
日本版演出補:岸本功喜
翻訳:小島良太

協力:三井不動産(東京公演)
協賛:ディズニー★JCBカード
ジャパンツアー主催・企画製作:アークスインターナショナル
製作:ジョナサン・ロックフェラー
プロデュース:ロックフェラー・プロダクションズ
共同プロデュース:ディズニー・シアトリカル・プロダクションズ



詳細はこちら
プレスリリース提供元:NEWSCAST

※本ページでは、配信されたプレスリリースをそのまま掲載しています。