「ラクエンロジック」「ヴァンガードG」の新商品も明らかに!三森すずこさん、徳井青空さん、石井マークさんを迎えたブシロード内覧会2016をレポート

「ラクエンロジック」「ヴァンガードG」の新商品も明らかに!三森すずこさん、徳井青空さん、石井マークさんを迎えたブシロード内覧会2016をレポート

担当:

ブシロードは、本日1月14日にベルサール秋葉原にて「ブシロード内覧会2016」を開催した。ここで発表された各TCGタイトルの、新商品をはじめとした最新情報を一挙に紹介する。

ブシロードの各TCGタイトルの最新情報が発表される「ブシロード内覧会」が、今年もベルサール秋葉原にて開催された。

今回の内覧会で行われた「大戦略発表会」では、1月28日に発売を迎える最新タイトル「ラクエンロジック」を始め、「フューチャーカード バディファイト ハンドレット」「Chaos TCG」「ヴァイスシュヴァルツ」「カードファイト!! ヴァンガードG」の、商品スケジュールをはじめとした今後の展開が発表された。

ニッポン放送のアナウンサー・吉田尚記氏を総合司会とし、ゲストに声優・三森すずこさん、徳井青空さん、石井マークさんが登壇した「大戦略発表会」を、会場の様子を交えながらレポートしよう。

2016年は“攻勢”に

まずはブシロード TCG開発部 部長・島村匡俊氏が登壇。昨年末の「ラブライブ!」μ'sの紅白歌合戦出場を印象深かった出来事として挙げ、1月4日に行われた新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 10 in 東京ドーム」などカードゲーム以外の話題が盛り上がったと言及。

一方カードゲーム事業は、昨年はしっかりとした体制を作ることをメインに進めてきたという。そこから今年は「ラクエンロジック」を皮切りに“攻勢”に出て、カードゲーム業界を盛り上げていきたいと力強く話した。

アニメも放送中の「ラクエンロジック」では新商品が早速登場

1月9日よりTVアニメもスタートし、1月28日には第1弾商品が発売される「ラクエンロジック」パートでは、プロデューサーの田中文啓氏と、クロエ・マクスウェル役でアニメに出演している徳井さんが登場した。

1月31日まで全国各地で開催されている「Start & Dashキャラバン」で実際に各地を訪れた田中氏は、プレイヤーの期待の高さを感じたとのこと。新作をプレイしてみたいという人も多かったようで、実に4,000人以上の人がこのキャラバンでカードを手にした。

そんな「ラクエンロジック」のイベント「ロジカリスト エクストラミーティング@アキバ支局」が2月14日にTKP秋葉原にて開催される。

このイベントでは、アニメ本編とショートアニメに出演するキャストが出演するほか、バレンタイン仕様のPRカードも用意されている。なおこのPRカードは別途配布する方法が考えられているとのことで、当日足を運べない人も安心だ。

1月28日にはスタートデッキ2種が同時発売。01がクロエ、02は揺音玉姫がメインだ。同じキャラを異なるイラストレーターが手がけたカードが封入されており、さまざまな表情が楽しめる。また同時発売されるブースターパック第1弾には、アニメ第1話でも描かれた主人公・剣美親の“禁じ手”も収録されている。

今回はクロエのカード「スーパータイガークロー!クロエ」のカードも公開された。バトルに勝つとサークルの門まで破壊できる、かなり強力なカードだ。

3月18日には「トライアルデッキ01 Bullet Logic」が発売。アニメ1話にも早速登場した寡黙な美少女・明日葉学と、七星縁のカードが収録された2色デッキだ。

その1週間後、3月25日にはアニメに登場するロジカリスト全員が登場するブースター第2弾「Believe & Betray」が発売。こちらにはアニメの制作スタジオが描き下ろしたイラストカードも収録されている。

さらに5月に新ワールドが登場するトライアルデッキ第2弾が、6月に新キャラクターも収録したブースター第3弾が、8月に水着カードを封入したエクストラブースタ-第1弾が、総合的に強化できるブースターパック第4弾が9月に発売と、ほぼ毎月商品が展開される予定だ。

本作のゲームシステムデザインを手がけた遊宝洞の中村聡氏は、開発も順調に進んでいることを報告しつつ、プレイする際はファイト内やファイトに向けての準備も含めた「駆け引き」を楽しんでほしいとコメント。

また徳井さんは、キャストでも触ってみたい、覚えたいという人が多いので、キャストと一緒にアニメから入った人も遊んでほしいと述べ、TCGとアニメの双方をアピールしていた。

コロコロコミックに「バディファイト」がデッキ丸ごと付録!

1月8日に発売された「ミカド・エボリューション」をはじめ、売れ行きもイベントの動員も好調だという「フューチャーカード バディファイト」パートでは、プロデューサーの吉野直樹氏と、奈々菜パル子役の徳井さんが登壇した。

同タイトルは1月23日より順次開催される「次世代ワールドホビーフェア'16 Winter」に出展。こちらでは来場者へのおみやげやカードの配布、先行商品の販売や購入特典と、さまざまなアイテムがプレイヤーを待っている。また全国キャラバン「あそバディワールド'16」も開催される予定で、こちらでも来場特典が用意されている。

2月5日にはハンドレッドパーフェクトパック第1弾「決戦!! 裏角王」が発売。この商品ではレア封入率もかなり改善され、1ボックスにつきバディレア1枚(バディレアは全9種)の確率となっている。

クライマックスに差し掛かっているアニメ「フューチャーカード バディファイト ハンドレット」の2月6日放送では、バディファイトオフィシャル最強サポーターであるオカダ・カズチカ選手が本人役で出演することが明らかに。緊迫した展開の中、どんな形で登場するのか楽しみにしていよう。

また今後のストーリー展開について振られた徳井さんは「パル子って最強なんじゃないか」と、パル子が活躍する展開をほのめかすコメントを残していた。

第3期に突入するアニメは、4月から「フューチャーカード バディファイト トリプルディー」というタイトルで引き続き放送されることが明かされた。

3つのドラゴンワールドを表すタイトルが冠されたこのアニメでは、コロコロコミック編集部と漫画家・田村光久氏が原作に加わったほか、大人が見ても楽しめる施策が盛り込まれているとのこと。

謎のモンスターや新必殺技などの詳細は、2月15日ごろ発売のコロコロコミック3月号で発表される。

カード商品に話を戻すと、今後はスピード感とわかりやすさを再度見直して展開するという。上級レアリティ封入率も大幅に改善されるほか、手に入りにくいシークレットカードに“味方側”の要素は入れないなど、なりきり要素も改められ、子供も遊びやすくなりそうだ。

レアリティもコンパクトにまとめられる。 今年も日本一決定戦が開催!

2月19日には500円で購入できるスタートデッキ3種が発売され、すべて同時購入するとPRカードが手に入る。また3月15日ごろに発売されるコロコロコミック4月号には、なんとデッキ1つ(計52枚)が丸ごと付いてくる。

同時期に、初心者講習会や先行体験コーナーなどが展開される「春のゴッド★フェスティバル」が日本全国7地区15会場で開催される。スタートデッキやコロコロコミックを購入し、そのデッキを手に参加してみるのもおもしろそうだ。

さらに恒例の異業種コラボが今年も実施される。詳細は明かされなかったが、徳井さんからコラボ先を問われた吉野氏がポロッと「警視庁……」と漏らしていたのが気になるところだ。

4月1日には新ブースターパックも発売

また昨年に引き続き、4月末には「大ヴァンガ祭×大バディ祭」が実施される。この一大イベント開催を記念し、龍炎寺タスクと臥炎キョウヤのスペシャルデッキ2種類の制作が決定した。

かなり積極的に展開される「バディファイト」。徳井さんは、クライマックスを迎えるアニメもどんな展開になるのかワクワクしていると興奮を抑えきれない様子で、本作のさまざまな展開を心待ちにしていた。

「Chaos TCG」にはあの作品が参戦!

「Chaos TCG」パートでは、アソシエイト・プロデューサーの是空とおる氏と、プロデューサーの村山卓也氏が登壇し、今後の展開を発表した。

新規参戦作品として明かされたのは、「真剣で私に恋しなさい!A Vol.2」だ。5月27日に発売されるこちらのブースターパックは過去のカードプールと合流可能で、すべての「まじこい」シリーズを組み合わせたデッキが作れる。村山氏もかなりこだわって制作したとのことなので、期待していよう。

また商品そのものの仕様が変更されることに。レアリティや販売ペースが調整され、現状のカードプールで長く遊べるようになる。ほか、カートン封入特典やBOX購入特典が変更され、1BOX購入するだけで遊べるように。

従来「ヴァイスシュヴァルツ」と同日開催されていた公式大会も、次回は別日開催になる。また新レギュレーション「俺嫁選抜戦」の実施も決定。「俺嫁No.1決定戦」と合わせ、ライトユーザーが遊べる場所と、ヘビーユーザーが強さをアピールできる場所の2つが用意される。

発表会では「スペシャルサポートショップ」の募集を開始することも明かされた。こちらはBtoB施策ではあるが、スペシャルサポートショップが広まれば、ユーザーにとってはより本作を遊びやすい環境が整いそうだ。

このほか「Chaos TCG」九州ナンバーワン決定戦が、パッショーネ主催で開催されることも発表された。

ブシロード作品の中でも難しい部類に入る「Chaos TCG」。是空氏は、ゆっくりユーザーと理解度を深めて本作の奥深さをともに楽しんでいきたいと抱負を述べていた。

シンデレラガールズ2期が参戦決定!「ヴァイスシュヴァルツ」

「ヴァイスシュヴァルツ」パートでは、本作のプロデューサーも務める島村氏が再び登壇し、吉田氏とともに発表を進めた。

まずはイベント開催の告知から。「ブシロードカードファイト(BCF)2016」が今年も6月4日の博多大会を皮切りに開催される。また交流会が福島、愛媛、熊本にて行われるほか、恒例の24時間イベント「しろくろフェス2016」が8月13日・14日にパシフィコ横浜で実施される。

カード商品の方も、明日1月15日のエクストラブースター「ラブライブ!The School Idol Movie」の発売をはじめ、月に2商品のペースで精力的に展開。

その中で新規参戦タイトルとして明かされたのが、2016年4月22日にブースターパックが発売される「アイドルマスター シンデレラガールズ」だ。こちらの商品では、アニメ2ndシーズンが扱われるとのこと。

くろごま氏の描き下ろしイラストが初公開

5月14日には映画「逆襲のミルキィホームズ」エクストラブースターが、5月20日にはアニメ「プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!」のブースターパックが発売。さらに夏には「艦隊これくしょん -艦これ-」第三艦隊のブースターパックが“抜錨”する。

次々と新しいカードが登場する「ヴァイスシュヴァルツ」だが、以前に発売されたタイトルでも遊びたい人のための「パワーアップセット」が4月8日より販売開始される。参戦タイトルは「ログ・ホライズン」と「CLANNAD」だ。

こちらはあくまでデッキを持っている人向けの商品なので、公認店舗限定の販売となる。ちなみに「CLANNAD」はアニメ版でのイラストが使用されていたが、今回はゲーム版イラストでの商品化だ。

島村氏は、旧作をより活かすこの「パワーアップセット」シリーズをどんどん展開していきたいと意気込んでいた。

ここで、2月27日に公開される映画「逆襲のミルキィホームズ」より、シャーロック・シェリンフォード役を演じる三森すずこさんが登壇した。

三森さんは「ミルキィホームズ」の映画化について、作品初期にいつか大きなスクリーンで見たいねと話していたので、感無量だったとコメント。映画はアニメ1期・2期のスタッフが集結して制作されており、そのスタッフに囲まれながら行ったアフレコは同窓会のようで懐かしかったとしみじみ語っていた。

ちなみに三森さんの見どころは、ミルキィホームズが探偵服に変身するシーンとのこと。小ネタも含まれているので、ぜひ見てほしいとプッシュしていた。

6年目にして劇場版にたどりついた「ミルキィホームズ」。三森さんは、1期2期を見た人には懐かしく思え、見たことがない人も気軽に楽しめる作品になっているので、ぜひ劇場に足を運んでほしいとアピールし、ステージを後にした。

石井さんは和風テイストがお好き―「カードファイト!! ヴァンガードG」

発表会の最後を飾るのは、今年5周年を迎える「カードファイト!! ヴァンガードG」だ。こちらのパートでは、開発プロデューサーの秋山貴志氏と、新導クロノ役・石井マークさんが登場した。

いよいよクライマックスを迎えるアニメ「ギアーズクライシス編」のDVD-BOXの発売が決定。こちらにはサウンドトラックCDなどの特典が付いてくる。ギアーズクライシス編について石井さんは、2年目から新しい壁や目標、たくさんの先輩が出てきた中で、また一歩成長した年になったと振り返っていた。

さらに4月17日からは新シリーズ「カードファイト!! ヴァンガードG ストライドゲート編」が放映されることも発表された。

商品展開の方はというと、直近では1月22日にテクニカルブースター「The RECKLESS RAMPAGE」が発売。こちらはさまざまなクランにスポットを当てるシリーズで、ぬばたま、たちかぜ、スパイクブラザーズが収録されている。

アニメでは自分の役がギアクロニクルを使っている石井さんだが、和風テイストが好きなこともあり、自身では当初むらくもかぬばたまを使おうとしていたという。「The RECKLESS RAMPAGE」もかなり楽しみにしている様子だった。

5周年を記念して「ファイターズグッズフェスティバル」が開催されることが決定。こちらは各クランでユニットの人気投票を行い、選ばれたユニットでカードサプライが制作されるという催しだ。

ポータルサイトのカードリストに投票ボタンが設置され、1日3クランまで投票できる。投票期間は1月19日から2月2日までだ。

2月19日にはシオンが始めてパッケージを飾るブースターパックが発売。

ここからは新商品の情報を紹介する。櫂トシキのレジェンドデッキ「The Overlord blaze」が3月18日に発売されることが決定した。

今回は一部収録カードの新規イラストのみ公開されたが、どれも新たな能力を携えて帰ってくる。またPRカードとして、このデッキには欠かせない「覇天皇竜ドラゴニック・オーバーロード“The Ace”」が2枚封入。これだけ買えば十分に戦えるデッキだ。

4月22日にはシリーズ史上初の500円デッキが発売される。収録クランは、石井さんも使いやすいと太鼓判を押すゴールドパラディンだ。特に今回は、よりわかりやすく作られているという。

また5月以降も、新規Gユニットが全クランに収録される「ファイターズコレクション2016」をはじめ、バミューダ△のクランブースターなどさまざまな商品展開が待っている。5月のブースターからはGRの封入率がアップし、よりカード収集やファイトが楽しくなりそうだ。

先述の500円デッキだが、3月19日から開催される全国ヴァンガード体験会にて先行体験できる。「ヴァンガード」をプレイしてみたいと思いつつきっかけがなかった人も、こちらに参加してみてはいかがだろう。

「バディファイト」パートでも触れたが「大ヴァンガ祭×大バディ祭」が4月30日、5月1日に開催される。今回は5周年ということでより一層パワーアップ。来場特典PRカードのほか、さまざまな特典が用意されている。また「ファイターズコレクション2016」の先行販売も実施される予定だ。

昨年開催された歌姫の学園総選挙「バミューダフェスティバル」で上位3位に入ったメーア、シズク、オリヴィアが新能力&新規イラストで登場。彼女たちのPRカードとグッズのセットが「大ヴァンガ祭×大バディ祭」にて販売される。

そしてステージイベントでは、ゲストとしてトライスリーの3人が参加することが決定した。石井さんは去年以上に盛り上げていきたいと、早くも熱の入ったコメントを残していた。その他にもゲストが登場予定だ。

アニメもTCGも新たな展開が待っている「ヴァンガードG」。石井さんは、今年もより一層盛り上がるようにがんばっていくと意気込みを語った。

TCGでいい思い出を作りたい
木谷高明氏
木谷高明氏

最後にブシロード代表取締役社長・木谷高明氏が登壇。「第2回ヴァンガードG売り場コンテスト」の表彰を行ったあと、今後の展開について述べた。

カードゲームの会社は、普通のメーカーよりもより店舗に頼っていると語る木谷氏は、まず店舗への感謝の意を述べた。今月には「ラクエンロジック」をリリースし、幅広い商品レパートリーが揃えられると胸を張ると、カードゲームの間口を広げながら、ブシロードのカードゲームプレイヤーを倍増させるつもりだとコメント。

なくてもいいものだが、ないと味気ない「エンターテインメント」を、お祭りにしておもしろ楽しくしていくという木谷氏。TCGで「友達ができた」「どこかに行けた」など、いい思い出を作りたいと語り、今後開かれる“お祭り”を次々に打ち出した「大戦略発表会」を締めくくった。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • フィリスのアトリエ特設サイト
  • ソフィーのアトリエ特設サイト
Figgy

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る