【台北国際ゲームショウ 2016】中村繪里子さんと下田麻美さんも駆けつけた!「THE IDOLM@STER 10周年スペシャルステージ」が開催

【台北国際ゲームショウ 2016】中村繪里子さんと下田麻美さんも駆けつけた!「THE IDOLM@STER 10周年スペシャルステージ」が開催

担当:Gamer編集部

台湾・台北にて1月28日から2月2日まで開催されている「台北国際ゲームショウ 2016」。本日2月2日、バンダイナムコエンターテインメントブースにて、「THE IDOLM@STER 10周年スペシャルステージ」が開催された。

坂上陽三氏
坂上陽三氏

会場にはステージ開始の1時間以上前から多くのファンが詰めかけており、ものすごい熱気に包まれていた。そんな中、最初に登場したのは総合プロデューサーの坂上陽三氏。登場とともに大きな拍手と歓声で迎えられた坂上氏は、中国語を交えながら「皆さんに会えて本当に嬉しいです!」と挨拶した。

坂上氏につづく形で中村繪里子さん(天海春香役)と下田麻美さん(双海亜美・真美役)も登場。ふたりとも中国語を交えながら「台湾の皆さんこんにちはー(中村さん)」、「台湾の兄ちゃーん、姉ちゃーん!(下田さん)」と挨拶した。

台北国際ゲームショウに訪れたのは2回目だという坂上氏は、「台湾の方はすごく暖かくていつも楽しみです」と話し、中村さんも2回目だという台湾について「空港に降り立った時にあたたかく迎えてくれる皆さんがいて、特に今回は『帰ってきたぞー』という気持ちになりました」と語っていた。一方、初めて台湾に訪れたという下田さんは「今日この日をずっと楽しみにしていました」と嬉しそうにコメントしていた。

坂上氏は行くことができなかったそうだが、中村さんと下田さんは前日に観光地の九ふんを訪れたという。ずっと九ふんに行きたかったという中村さんは「千と千尋の神隠し」の風景が広がっていることに感動したそうだ。

そんなトーク中にもファンから歓声があがる様子を見て、坂上氏は「台湾の人たちがこんなにアイドルマスターを好きだと思ってくれていることに感動しています」と嬉しそうに応えていた。

ステージでは、アイドルマスター10周年を記念したPVが上映され、歴代のアイドルマスター作品が次々と登場。10周年を迎えたことについて聞かれると「私も下田さんもアイドルマスターがデビューの作品でもあるので、声優としての歩みとアイドルマスターとして進んできた道のりがピタリと重なって、うれしいです(中村さん)」「今これを見ているだけでも、本当にアイドルマスターというひとつの作品だけでこんなにも歴史があるんだと改めてびっくりしています。さらに、ここに新たなページを刻んでいけるように頑張っていきたいです。(下田さん)」と語っていた。

さらに坂上氏からはPS4「アイドルマスター プラチナスターズ」の紹介が行われた。本作のPVが上映されると会場は大盛り上がりで、「Happy!」の曲に合わせてコールが絶えず起こっていた。PVの最後では、中文版の発売が決定したことが発表され、会場からは割れんばかりの拍手が沸き起こっていた。

中文版を発売することについて坂上氏は、「アイドルマスターを10年、20年と続けていこうというなかで、アジアの皆さんに遊んでもらおうと思い対応することにしました」と語り、一新されるグラフィックや新曲・新衣装の追加など本作のポイントを紹介した。

ゲーム紹介が終わったところで、いよいよライブへ。披露したのは「THE IDOLM@STER」で、ステージの盛り上がりは最高潮となった。

最後のトークで天海春香と双海亜美・真美それぞれの存在について聞かれると、中村さんは「出会った頃はそれほどではなかったのですが、今は私にとっての下田さんと同じくらい大切な存在です」とまじめに答えていたのだが、下田さんからは「はるるんはおもちゃ(笑)」と返されてしまい、会場からは笑いが沸き起こっていた。

最後に坂上氏は「正直、こんなに盛り上がるとは思っていませんでした。これからもアイドルマスター頑張ります!(坂上氏)」と意気込みを語り、中村さんと下田さんも「また、台湾に来られるようにアイドルマスターを応援してください!(中村さん)」「今日一日が幸せな思い出でいっぱいになりました。いつでもアイドルマスターがみなさんのナンバーワンであるといいなと願っています。(下田さん)」と挨拶。また、下田さんは「今までもたくさんの夢を叶えてきたアイドルマスターですが、台湾で皆さんの顔を見ていると台湾でライブがしたいという気持ちになってきています」と述べ、それを聞いた坂上氏は「みなさんの熱意がもっと日本に伝われば可能性はあります」とコメント。会場からは拍手が起こっていた。

ファンにはサイン入りの「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2015 公式パンフレット」が
中村さんと下田さんからプレゼントされた。
熱狂的なファンが詰めかけていた。
ステージの直前には「テイルズ オブ ベルセリア」中文版の発売も発表された。
(C)窪岡俊之 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • 黄昏シリーズ特設サイト
逆転裁判6特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る