【JAEPO 2016】稼働開始は2016年夏!過去の記憶を探す少女MIUと音楽に触れていくAC「CYTUS Ω」のステージをレポート

【JAEPO 2016】稼働開始は2016年夏!過去の記憶を探す少女MIUと音楽に触れていくAC「CYTUS Ω」のステージをレポート

アーケード

担当:

カプコンは本日2月19日、千葉・幕張メッセで開催されている「ジャパン アミューズメント エキスポ 2016(JAEPO 2016)」にて、「CYTUS Ω」のステージを開催した。

小林真也氏
小林真也氏

「CYTUS Ω」は、全世界で600万ダウンロードを誇るスマートフォン向けリズムゲーム「CYTUS」のゲーム性やビジュアルなどを大幅に進化させたアーケードゲームだ。

近未来をテーマにした世界で、過去の記憶を探す少女MIUと出会い、音楽で構成された記憶の貯蔵庫である“Cytus”にアクセスしていくことになる。

ステージでは、本作のプロデューサーである小林真也氏が登壇。ゲームのコンセプトや概要などが語られた。

本作は、“音楽ゲーム史上最高の性能、最高の美しさ”をコンセプトに開発されており、筐体に搭載された7個のスピーカーによる立体音響、「CYTUS」の独特の世界観を進化させたハイクオリティなサウンドとグラフィックデザインが特徴だという。

操作方法は、タイミングをあわせるために使用する“スキャンライン”に、丸いマークのような“ノート”が移動してきたタイミングでタッチするだけなので、誰でも簡単に遊ぶことができるそうだ。

また本作は、通常だとCDアルバムのように複数の楽曲が用意されているエリアをクリアしていくのだが、このほかにも目標を達成していく「ミッションモード」、2台の筐体を繋げて遊ぶ「マルチプレイモード」などの搭載が予定されている。


</td>
曲の選択画面では3つの難易度から選択することができるだけでなく、ノートが出現するタイミングや背景の明るさ、
スキャンラインの透明度など、細かく設定することができる

続いて「CYTUS」のプロデューサーであるGulujam氏とサウンドディレクターのIce氏が登壇。本作についての感想を聞かれるとGulujam氏は「4年前に配信されたアプリをここまで素晴らしいゲームにしていただき感謝しています。」と嬉しそうにコメントしていた。
 
ここで、Gulujam氏とIce氏が会場に来た人たちへのお土産として、「Cytus II」のトレーラームービーを公開した。ゲームの詳細については今後の発表に期待しておこう。

左からGulujam氏、Ice氏

最後に、小林氏は「大変お待たせしていますが、本作は2016年夏に全国で稼働を開始します。公式サイトや公式ツイッターだけでなく、稼働開始にあわせて連動サイトなどもオープンしますので、ゲーム以外の部分でも本作の世界観が味わえるようにしています。また『Cytus II』との連動要素として楽曲のコラボレーションなども予定しているので、楽しみにしていてください」とコメントしてステージを締めくくった。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2016, (C) 2016, Rayark Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • フィリスのアトリエ特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
逆転裁判6特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る