“あの頃”に戻った感覚が味わえる―過去と今が絶妙にブレンドされたRPG「いけにえと雪のセツナ」プレイレポート

“あの頃”に戻った感覚が味わえる―過去と今が絶妙にブレンドされたRPG「いけにえと雪のセツナ」プレイレポート

PS4 PS Vita

担当:

スクウェア・エニックスは、PS4/PS Vita用ソフト「いけにえと雪のセツナ」を2016年2月18日に発売した。古き良きRPGの雰囲気を持つ本作のプレイレポートをお届けする。

「いけにえと雪のセツナ」は、Tokyo RPG Factoryが開発を担当している「Project SETSUNA」第1弾タイトルだ。

コンセプトが「あの頃、みんなRPGに夢中だった。とりもどそう、ボクたちのRPG――」であることからも分かるように、80年代から90年代の古き良きRPGを彷彿とさせる雰囲気やゲームデザインが特徴となっており、往年のゲームユーザーを中心に大きな注目を集めていた。

そんな「いけにえと雪のセツナ」がいよいよ発売となったので、今回いちユーザーの目線で本作を遊んでみた。ここでは、そんな同作の魅力を語ってみたい。

※スクリーンショットは全てPS4版のものです

シンプルながらも、洗練されたバトルシステム

すでに情報としては発表済みのものも多いが、まずはシステムを簡単におさらいしよう。本作はオーソドックスなRPGのスタイルを踏襲しており、クォータービューの視点でキャラクターを動かしながら、街で情報収集をしたりモンスターと戦ったりしながらストーリーを進めていくという王道中の王道。

フィールド画面は、名作「クロノ・トリガー」を彷彿させるスタイルで、ミニキャラを動かしながら街やダンジョンへを移動する。RPGのキモとも言えるバトルは、アクティブタイムバトル(ATB)を採用。ゲージが溜まったキャラクターから順番にコマンド入力できるようになる。

バトルのカギを握るのが「法石」だ。法石には「コマンド」と「サポート」の2種類が存在し、コマンドの法石は魔法を使えるように、サポートの法石は自動で発生する効果を得られるようになる。

法石を装備するには封穴と呼ばれるスペースが必要で、最初は1つのみなのだが、レベルアップなどで増えていく。つまり封穴の数=法石を装備できる数というわけで、それだけプレイヤーの好みの幅広い育成が可能になっていくというわけだ。

「刹那システム」についても触れておきたい。バトル中、何らかの行動を行うか敵から攻撃を受ける、ATBゲージが溜まった状態で待機するなどで「SP」という丸いゲージが溜まっていき、ゲージが下から上までいっぱいになると丸い発光体が1つ出現する。

この発光体は3つまで溜められるのだが、その発光体が1つでも出現している状態で行動すると、キャラクターの頭に光が現れる。その瞬間を狙って■ボタンを押すと、「刹那システム」が発動する。刹那システムを使うことで、魔法や連携に追加効果が発生し、さらに法石自体を強化する昇華も稀に発生するというわけだ。

この他にも「シンギュラリティ」など味方が有利になるシステムもあるので、これらを上手く活用すればバトルをうまい具合に進められる。

また「クロノ・トリガー」のバトルのキモでもあった「連携技」も存在する。その代名詞の一つでもある「エックス斬り」の名前を見た時は、軽く踊ったほどだ。当然ながらエフェクトも派手になっており、技を発動させた時は「これが2016年のエックス斬りかっ!」と編集部でひとりごとを言ってしまった(ウソ)。

筆者が本作をプレイしたときに感じたのは、システム周りがスリムで、非常にとっつきやすいということ。昨今のゲームは物量が多いため、タイトルによってはシステムを覚えるだけでも一苦労だったりするが、本作に関してはすんなりとゲームに入り込めた。

このあたりの馴染みやすさは、昔のRPGに通じるものがある。公式サイトやPVからも、過去の名作RPGに対するリスペクトを強く感じたが、実際にプレイしてみて、その部分をより顕著に感じることができた次第だ。

戦闘は、敵シンボルに近づくと発生するタイプ。このあたりも「クロノ・トリガー」に近い。
情緒あふれる物語。主人公たちの行く末にはどんな結末が……?

物語は、ちょっとした驚きの展開から始まる。ネタバレになってしまうためストーリーに関してはあえてここでは書かないが、主人公とセツナの出会いに始まり、本作をプレイしていくに連れ、筆者は得も知れぬ切なさを感じた。タイトル通り、非常に切なくなるのだ。

筆者がプレイした序盤の時点では、フィールドや街が全て雪に包まれており、その雪景色がとても情緒的。いけにえとしての使命を全うするため、命を投げ打つことも厭わないセツナの思いと相まって、とにかく感情を揺さぶられる。

雪道を淡々と歩く主人公。ここから、あの名作RPGを連想したのは筆者だけじゃないはず。

また本作の主人公は、バトルシーンのボイスや選択肢でのセリフはあるものの、基本的にはしゃべらないキャラクターだ。「クロノ・トリガー」もそうだったが、RPGは、主人公=自分であることがゲームに没入する役割の一つとして機能している。特に選択肢のシーンなどは、まさに自分が選んでいるわけなので、ゲームといえど、ものによっては重圧だったりする。

主人公とヒロインが徐々に絆を深めていく道程や、物語の途中で加わる魅力的な仲間たちなど、「あっ、おれ今、RPGをやってんるんだな」とハッとさせられるシチュエーションが適所に挿入されていくのだからたまらない。

そのうえ、バトルシステムは「クロノ・トリガー」を下地にしつつ、本作ならではの要素も入っていたりと、非常にバランスが良い。イベントシーンではボイスがないなど、昨今のRPGでは当たり前に実装されている要素がないことを不満に思う人もいるかもしれないが、テキストのみだからこそ感じるものがあるのも事実。

そろそろまとめに入ろう。果たして、「いけにえと雪のセツナ」は買いなのか。筆者の個人的な見解を言うと、90年代のRPGが好きな人には、文句なしにオススメできると思う。

本作から醸しだされる雰囲気は、まさに「あの頃のRPG」。子供のころ、親の目を盗んで「ドラクエ」や「FF」「クロノ・トリガー」を遊びまくっていたかつての少年たちならば、キラキラとした淡い思い出が蘇ってくるはずだ。加えて、システムも良い感じにまとまっており、とても遊びやすい。ストーリーも、先が気になるものだ。

10代や20代前半の若いユーザーにとっては、本作が逆に新鮮に映るかもしれない。特別美麗なグラフィックではないが、良い意味で「ゲーム」っぽいと感じられるものだし、受け手側が想像する余地を残しているというのも、個人的には好きだ。

今はゲームアーカイブスで過去の名作が簡単に遊べる環境が整っているが、2016年に完全新作で「いけにえと雪のセツナ」のような作品をリリースしたスタッフ陣に、まずは賛辞を送りたいと思う。

いけにえと雪のセツナ

スクウェア・エニックスPS4パッケージ

  • 発売日:2016年2月18日
  • 価格:4,800円(税抜)
  • 12歳以上対象
いけにえと雪のセツナ

いけにえと雪のセツナ

スクウェア・エニックスPS4ダウンロード

  • 発売日:2016年2月18日
  • 価格:4,800円(税抜)
  • 12歳以上対象
  • PS Store ダウンロード版
いけにえと雪のセツナ

いけにえと雪のセツナ

スクウェア・エニックスPSVitaパッケージ

  • 発売日:2016年2月18日
  • 価格:4,800円(税抜)
  • 12歳以上対象
いけにえと雪のセツナ

いけにえと雪のセツナ

スクウェア・エニックスPSVitaダウンロード

  • 発売日:2016年2月18日
  • 価格:4,800円(税抜)
  • 12歳以上対象
  • PS Store ダウンロード版
いけにえと雪のセツナ
(C)2016 Square Enix Ltd. All rights reserved. Developed by Tokyo RPG Factory

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • フィリスのアトリエ特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
Figgy

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る