バイオハザード RE:4」は、2005年に発売された「バイオハザード4」を原作としたリメイク作品。原作はアクション、シューティング、リソースマネジメントの要素を融合させた新たなプレイスタイルで、それまでの「バイオハザード」シリーズを変革した一作だ。

リメイクにあたっては、オリジナルの方向性を活かしつつも再構成されたストーリー、新たなビジュアル表現で掘り下げられたグラフィックが採用されている。また、現代的にリファインされた操作感など、未プレイの人はもちろん、シリーズファンにとっては馴染みやすくも新鮮な感覚で楽しめるように開発されている。