ボウと月夜の碧い花」は、小さな妖怪・ボウが妖怪たちの暮らす世界の危機に立ち向かう探索型の2D和風アクションゲームだ。爽快な空中アクションと美麗なアートワーク、歯ごたえのある難易度が魅力の作品になっている。

開発はタイのインディーゲームスタジオ「Squid Shock Studios」と北米を拠点とするゲームパブリッシャー「HUMBLE GAMES」が手掛けており、日本語ローカライズは「ハチノヨン」が担当している。