スクウェア・エニックスは10月14日、東京ディズニーリゾートで開催された「D23 Expo Japan」にて、「キングダムハーツ リミテッド ステージ」を実施、声優陣を招いてのトークショーや最新作情報、「KINGDOM HEARTS II -HD 2.5 ReMIX-」の発売も発表された。

ウォルト・ディズニー・ジャパンの主催により、2013年10月12日~14日より東京ディズニーリゾート内において、ウォルト・ディズニー・カンパニー90周年、東京ディズニーリゾート30周年を記念したさまざまなスペシャル・イベントが体験できる「D23 Expo Japan」が開催されている。

10月14日に舞浜アンフィシアターで開催された「キングダムハーツ リミテッド ステージ」は、ディズニーとスクウェア・エニックスから生まれ全世界で累計1,900万本以上を出荷した人気ゲームシリーズ「キングダム ハーツ」のファンイベント。

ディレクターの野村哲也氏、エグゼクティブプロデューサーの橋本真司氏をはじめ、KHシリーズでおなじみの声優の入野自由さん(ソラ役)、宮野真守(リク役)さん、内山昂輝(ロクサス・ヴェントゥス役)さんが登壇。KHの制作秘話などを含むトークショーやお楽しみイベントなど、この会場でしか得られない貴重な体験をレポートしていこう。

たくさんのファンが訪れた「キングダムハーツ リミテッド ステージ」

会場を埋め尽くすファンが来場した本イベントでは、ステージ開始前に上空から「キングダムハーツ」シリーズでおなじみのキーブレードが降りてくる演出で、会場は大盛り上がり。そして、ステージの中央からドナルドとグーフィーとともに登場したのは、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー ディズニー・インタラクティブ 共同プレジデント「ジョン・プレザンツ」氏。

彼は来場者にお礼を述べるとともに、ディズニー・インタラクティブの事業内容を簡単に説明。現在発売中のニンテンドー3DS「ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ」について、8月に販売開始するとまたたく間に国内でトップの売上となり、ファンやメディアから高く評価されたと話す。来年は北米とヨーロッパで発売を予定しているとのこと。

また、2013年8月には欧米で販売を開始した「ディズニーインフィニティ」について、特にディズニー・インタラクティブがゲームでやりたかったこと、現実にとらわれることなく創造し、子供が実際のおもちゃで遊ぶ時に感じる自由で楽しさにあふれる純粋な気持ちを呼び起こすことが目的だと明かした。日本では11月28日に発売を予定している。

ディズニーに仲間入りした「スター・ウォーズ」や「MARVEL」に関しても有名なキャラクターの多くを生かしたゲームを全ての機器で遊べるように現在開発している。

これまでの「キングダムハーツ」について

続いて登壇したスクウェア・エニックス キングダムハーツシリーズ エグゼクティブ プロデューサー「橋本真司」氏とキングダムハーツシリーズ ディレクター「野村哲也」氏より、これまでの「キングダムハーツ」の歴史を振り返ったトークショーが実施された。

2002年3月28日にPS2で発売された、第1作目「キングダムハーツ」から約10年、構想・開発段階でスケッチされた初期設定画や、絵コンテも公開。野村氏によると、当時のスクウェアはアクションゲームというジャンルのゲームはあまり手がけておらず、企画が固まってきてから制作チームが決定したとのこと。2001年に公開されたトレーラーも披露された。

さらに現在PCブラウザでプレイ可能な「キングダムハーツ χ[chi]」についても随時新しい要素や、シナリオに関しても現在制作中で、今までのシリーズを遊んできたファンにも手軽に楽しめる作品となっていることも野村氏から明かされた。

会場が湧いた「KINGDOM HEARTS II -HD 2.5 ReMIX-」発表

そして、シリーズを語る上で欠かせない「KINGDOM HEARTS II」やその後を描いた「KINGDOM HEARTS Re:coded」、シリーズの起源が描かれた「KINGDOM HEARTS Birth by Sleep」の3作品を一挙に楽しむことができる「KH -HD 2.5 ReMIX-」の発売が発表となった。

「KINGDOM HEARTS -HD 2.5 ReMIX-」には、「KINGDOM HEARTS II FINAL MIX」(HDゲーム)、「KINGDOM HEARTS Birth by Sleep FINAL MIX」(HDゲーム)、「KINGDOM HEARTS Re:coded」(HD映像)の3つの作品が収録される。発売時期は2014年を予定、価格・CEROなどは未定。10月14日掲載のニュースリリース記事はこちらから。

ゲストは入野自由さん、宮野真守さん、内山昂輝さん!

本イベントでは、スペシャルゲストとして主人公のソラを演じる入野自由さん、リクを演じる宮野真守さん、そしてロクサス・ヴェントゥスを演じる内山昂輝さんを招いてトークショーが実施。ディレクターの野村氏も参加して、まずはそれぞれの印象深いシーンから「キングダムハーツ」の魅力を語るコーナーへ。

入野さんが選んだのは、「キングダムハーツ」終盤でアンセムが扉に向かって叫び、ソラが「キングダムハーツはどんな闇も消し去ることができる、光なんだ!」と語るシーン。宮野さんが「やばい、声がカワイイ」と茶化すソラの声は、当時入野さんが声変わりしたばかりの時期に収録したものだそう。

宮野さんは、こちらも「キングダムハーツ」の終盤で王様とリクが扉の向こう側に残る決意をしたシーンをチョイス。当時プレイした入野さんはリクの「カイリをたのむぜ」という台詞がお気に入りだったとのこと。

内山さんが選んだのは、「キングダムハーツ II」にて、眠るソラを前に「オレの夏休み、終わっちゃった」と語る、感動的なシーン。当時の内山さんは中学2年生で、反響も大きかったシーンの1つらしい。

ファンから届いた質問にキャスト陣がお答え!

――それぞれの役を演じていて好きなところは?

入野さん:ソラはとにかく突き抜けた明るさとポジティブさを持っており、どんなことがあっても皆を楽しませてくれるし、真っ直ぐさや素直さを意識していましたね。当時は中学生だったのでそんな深くは考えていなかったかもしれません(笑)。

宮野さん:僕は声優をはじめて間もない頃で、右も左も分からないままアフレコに臨んではいたんですが、当時はソラ・リク・カイリで一緒に収録できたので、とても楽しい時間を過ごしました。リクの見た目はかっこ良すぎだ!とも思っていました(笑)。大人っぽさや憂いた表情などとにかく仕草がカッコ良かったですね。

内山さん:僕は当時、とても暗い中学生だったのでそのうっぷんを収録にぶつけていました(笑)。ロクサスが体験することを自分だったらどう考えるだろう、と思いながら演じていたのを覚えています。

――第1作目から10年近く経ちましたが、ソラを演じるにあたって変わったこと、変わらないことは?

入野さん:まず自分が必然的に役者として、人としていろいろ経験していく中で、話し方や声のトーンなど、ソラが成長していくように、共に自分も変わっていったと思います。変わらないのはソラのポジティブさや明るさです。「キングダムハーツ II」で久々にソラを演じるときは最初はソラに入るのに時間がかかるんです。

宮野さん:10年ですからね。だいぶ時間が開いたときに、当時の時間軸のキャラクターを演じなければならないときは、最初に演じた際の過去のボイスを聞かされるんです。違う現場で他のキャストに会った時には「そっちはどうだった?」みたいに意見交換もしていましたね。

――タイトルごとに変化していくリクの成長をどのように意識して演じている?

宮野さん:リクは好奇心旺盛で、外の世界に憧れ、誰しもが持っているような「羨ましい、妬ましい」などの「キングダムハーツ」での闇の心の部分につけ込まれてしまうシーンも多かったです。ただ辛い思いや暗い気持ちにまっすぐに向かっていき、どんどん闇に落ちていってしまいました。ソラに助けられたあとは「贖罪」のような気持ちがあったのかも知れません。「ごめんなさい」がずっとつきまとっていたイメージですね。

――ロクサス、ヴェントゥスの2つの役を演じる際に心がけたことは?

内山さん:ロクサスはソラの真似なんです。演出からもそのような指示を受けており、元気で明るいソラみたいな子を演じました。オマージュですかね(笑)。それよりも「キングダム ハーツ 3D[ドリーム ドロップ ディスタンス]」に登場したネクが大変でした(笑)。

――「キングダムハーツ II」のアトランティカで歌うシーンでソラとして歌う際の工夫は?

入野さん:ソラというキャラクターで歌うこと、歌のキーを合わすのも結構大変でした。ただ「アンダー・ザ・シー」を歌えたことが本当に嬉しかったです。このシーンも何回プレイしたかわかりません!

来場者にサプライズとして最新作「キングダムハーツIII」のプレイ映像が披露!

ディレクターの野村氏からは、来場したファンに向けて開発チームが特別に制作した最新作「キングダムハーツIII」のプレイ映像を公開!もちろんここでは紹介することはできないが、ソラの新しい技を見ることができた。両手に銃を持っていたり、ディズニーランドのアトラクションをモチーフとしたような技も公開されていた。野村氏によると、ソラとリクは物語に登場が決定していると明かされた。衣装も「キングダムハーツIII」で新しいものが用意されるとのこと。続報を期待しよう。

イベントの最後には野村氏と声優陣のサイン入りプレゼントが用意

たくさんの新情報や、声優陣の制作秘話が明かされたトークショーの後は、野村氏と声優陣のサイン入りのウォールスクリーンが会場の3名にプレゼントされた。

さらに、エンディングでは「キングダムハーツ」シリーズの衣装をまとったドナルドとグーフィーが登場!会場のキッズたちからは「ドナルド!こっち向いて!」「グーフィーかわいい!」とやはり大人気。

そして、すべてのキャストから最後の挨拶がなされた後は、さらにサプライズとしてこれまでのシリーズの名シーンを特別編集したムービーが宇多田ヒカルさんが歌う主題歌「光」とともに上映され、幕を閉じた。

「KINGDOM HEARTS II -HD 2.5 ReMIX-」公式サイト
http://www.square-enix.co.jp/kingdom/khhd2/

「D23 Expo Japan」公式サイト
http://www.disney.co.jp/d23/index.html

キングダム ハーツIII

スクウェア・エニックス

PS4パッケージ

  • 発売日:2019年1月25日
  • 価格:8,800円(税抜)
  • 全年齢対象
キングダム ハーツIII

キングダム ハーツIII

スクウェア・エニックス

XboxOneダウンロード

  • 発売日:2019年1月25日
  • 価格:8,800円(税抜)
  • 全年齢対象
キングダム ハーツIII

(C)Disney Developed by SQUARE ENIX

※画面は開発中のものです。

  • セガゲームス特集ページ
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • 夢現Re:Master特設サイト
  • Figgy

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
1月17日(金)
The Alliance Alive HD Remastered
The Alliance Alive HD Remastered デジタルリミテッドエディション
VGAME
バレットガールズ ファンタジア
フローラル・フローラブ
幻影異聞録♯FE Encore
防衛三国志:~ぷちかわ武将と戦略バトル~
1月20日(月)
CocoPPa Dolls
1月21日(火)
ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator アーリーアクセス版
1月22日(水)
De:Lithe ~忘却の真王と盟約の天使~
Idol Company
1月23日(木)
198X
MISTOVER 特装パッケージ版
Mosaic
Stories Untold
Valfaris
void tRrLM(); //ボイド・テラリウム
うたわれるもの 二人の白皇
うたわれるもの 偽りの仮面
ファ−: ローン・セイルズ
メダロットS
ルーシッド・アドベンチャー
大乱盗!ジュエルウォーズ
村雨のソードブレイカー
1月24日(金)
Dezatopia
1月30日(木)
Bookbound Brigade
HUNTER×HUNTER アリーナバトル
IxSHE Tell
IxSHE Tell 完全生産限定版
Ministry of Broadcast
ウォーハンマー:Chaosbane
ウオリス デラックス
ケムコRPGセレクション Vol.1
ケムコRPGセレクション Vol.3
コードシフター
コーヒートーク
シスターズロワイヤル 5姉妹に嫌がらせを受けて困っています
プリズンプリンセス
ボクと彼女(女医)の診察日誌
ボクと彼女(女医)の診察日誌 ナースエンジョイパック
ボクと彼女(女医)の診察日誌 プレミアムエディション
レベンチャー 100のエンディングの伝説
ロードランナー・レガシー
ヴァルシリアアーク ヒーロースクールストーリー
幻想マネージュ
幻想マネージュ 限定版
東方幻想麻雀
2月5日(水)
対戦!こおり鬼
2月6日(木)
KUNAI
RUGBY20
WRC8
グランブルーファンタジー ヴァーサス
グランブルーファンタジー ヴァーサス キャラクターパスセット
グランブルーファンタジー ヴァーサス デジタルデラックス
グランブルーファンタジー ヴァーサス プレミアムBOX
東方スペルバブル