アメリカ・ロサンゼルスにて6月10日(現地時間)より開催される「Electronic Entertainment Expo(E3) 2014」。ここでは、開催前日である6月9日(現地時間)に実施されたソニー・コンピュータエンタテインメントのプレスカンファレンスの内容をまとめて紹介する。

今回のカンファレンスでは20本以上もの作品のプレゼンテーションが行われたほか、ハード面でのさまざまな発表も行われた。まずは会場をわかせた注目のタイトルについて紹介していこう。

Destiny

オープニングでは「Destiny」の最新トレーラーが公開。本作は「Halo」シリーズなどを手がけたことで知られるBungieが開発を担当するオンライン専用のFPSで、ハリウッドの大作映画を彷彿とさせる映像に会場はいきなりの大盛り上がりとなった。6月12日よりαテストが、βテストが7月17日から開始。さらに、本作がバンドルされたホワイトカラーのPS4が、北米にて2014年9月9日に発売されることもあわせて発表された。

リトルビッグプラネット3

かわいらしいキャラクターやユニークなステージ構成が人気を博した「リトルビッグプラネット」シリーズの最新作となる「リトルビッグプラネット3」がPS4でリリースされることも明らかにされた。今回のステージでは4人のプレイヤーがそれぞれ異なるキャラクターを操作し、互いに助け合いながらゴールを目指す協力プレイの模様が実機で披露。新たなギミックも多数用意されているとのことで、これまで以上に楽しませてくれそうだ。発売日は2014年11月の予定。

Bloodborne(ブラッドボーン)

こちらは「デモンズソウル」や「ダークソウル}を手がけた宮崎英高氏の完全新作となるPS4専用タイトル。アクションRPGであること以外、内容はまったくの不明だが、公開された動画を見る限りでは、ダンジョンを探索していくタイプではないかと思われる。「ソウル」シリーズを彷彿とさせるダークな雰囲気の作品となっているようなので大いに期待したいところだ。

モータルコンバット X

海外で絶大な人気を誇る格闘ゲーム「モータルコンバット」シリーズの最新作の発売が発表された。シリーズの最大の魅力といえる、敵にとどめを刺すシーンはさらなるパワーアップを遂げており、圧巻の映像の数々に会場は大いに盛り上がっていた。

Batman: Arkham Knight

おなじみのヒーロー・バットマンが活躍する「Batman: Arkham Knight」のムービーが公開。空を飛び、地を駆け。バットモービルを操るなど、軽快かつ多彩なアクションの数々を見ることができる。

アンチャーテッド4 A Thief’s End

そして、もっとも会場をわかせたのが、最後に紹介された「アンチャーテッド4 A Thief’s End」。かねてから噂になってはいたが、今回ついに正式に発売が発表となった。

そのほかのタイトルも簡単に紹介しておこう。個人的に注目したいのは現役の大学生たちが開発を手がけたという「ENTWINED(エントワインド)」と少人数のインディーズスタジオが制作した「NOMAN’S SKY(ノーマンズスカイ)」。どちらも非常に独創的で、若いクリエイターたちの発想力を活かした斬新な作品もぜひプレイしてみたいところだ。

THE ORDER:1886

ビクトリア時代のロンドンを舞台にしたPS4向けのアクションアドベンチャー「THE ORDER:1886」の最新トレイラーが公開。死肉をむさぼる男が不気味なモンスターに変身し、主人公に襲いかかってくるという内容になっており、ホラー要素たっぷりの迫力ある戦闘シーンを楽しむことができる。

ENTWINED(エントワインド)

ふたつの物体を左右のアナログスティックで操作して、さまざまな障害物をクリアしていき、成功するとドラゴンの姿に変身できるというシンプルかつファンタジックな作品。プレイステーション4専用タイトルで、現地では本日よりプレイステーションストアにて9ドル99セントでリリースされる。

inFAMOUS FIRST LIGHT

「インファマス セカンドサン」に登場した女性キャラクター・フィッチが主人公となる外伝的作品。「インファマス セカンドサン」のDLCとして発売されるが、本作のみ単独でプレイすることも可能になっているとのことだ。

Far Cry 4

架空の島を舞台にした、人気サバイバルFPSの最新作「Far Cry 4」のプレイ動画が公開。パラシュートでの滑空や飛行機を使った上空からの狙撃、ほかのプレイヤーと協力するマルチプレイの要素などが紹介された。また、マルチプレイではソフトを持っていないフレンドとプレイすることも可能になっているそうだ。

DEAD ISLAND2

キックやパンチでゾンビをぶち倒していく異色のゾンビアクション「DEAD ISLAND(デッドアイランド)」の続編が発表。公開された動画は南国のビーチをさわやかに駆け抜ける陽気な男の背後で人々がゾンビに襲われていて、やがてその男もゾンビと化していくというこのシリーズならではの笑える内容になっている。

バトルフィールドハードライン

警官と強盗のどちらかを選んで互いに激闘が繰り広げる「バトルフィールドハードライン」が迫力のトレーラーで紹介。詳細はすでに公開しているエレクトロニックアーツのカンファレンスレポートを参照してほしい。

Magicka2

かわいい魔法使いたちを操ってモンスターたちと戦うという一見ほのぼのした内容ながら、中身は超ハードかつ殺伐というアンバランスさが受け、絶大な人気を集めたインディーズゲームの続編。日本ではあまりなじみのないタイトルだが、アメリカではかなり知名度が高いようで観客たちは大歓声を送っていた。

GRIM FANDANGO(グリムファンダンゴ)

アメリカでカルト的な人気を誇るアドベンチャーゲームのリメイク。PS4とPS VITAの両方で発売される予定だ。こちらも日本ではあまり知られていない作品だが、アメリカでの知名度は抜群で、発表の瞬間会場からは拍手が巻き起こっていた。

LET IT DIE

グラスホッパー・マニファクチュアとガンホー・オンラインエンタテイメントとのロゴが映ったことから、この両者によるコラボタイトルと思われる。バットで殴りつけたり、銃で頭部を吹っ飛ばしたりと迫力満点の暴力シーンの連続となっていたが、どのような内容か今のところまったくの不明だ。

ABZU(アブズ)

プレイステーション4での発売が予定されているタイトル。詳細はまだ分かっていないが、海中を泳ぐ魚やクジラたちをはじめとする映像の数々はいずれも非常に美しく、幻想的な作品となっている。

NOMAN’S SKY(ノーマンズスカイ)

恐竜がいる世界から宇宙を舞台にした近未来まで、プレイヤーたちがそれぞれ異なる無限の世界を持つことができるという新感覚のゲーム。開発したのはわずか4人のインディーズスタジオとのことだ。

ラチェット&クランク

人気アクションゲーム「ラチェット&クランク」のフルCG映画のトレイラーが公開。さらに、PS4向けの新たなタイトルが開発中であることが発表された。

ハード面での発表もいくつか行われた。まず、3月に発表されて話題を呼んだヘッドマウントディスプレイ「プロジェクトモーフィアス」。発売日や価格はまだ不明だが、今回のE3ではふたつの新たなデモを体験できるそうだ。さらに、以前から発表されていた動画共有サイト「YOUTUBE」の連携がついに可能になるという。

さらに、クラウドゲーミングサービス「PS Now」のPS4版のオープンベータが7月31日から米国・カナダで利用可能になることが発表。ソニーのテレビでも利用できるようにするとのことで、各メーカーにライブラリーへの多くのタイトルの提供を呼びかけていた。そのほか、無料で体験できるさまざまなソフトの提供やPSVITA TVの北米での発売なども発表された。

最後にPS3からPS4に移植される人気タイトルを紹介しておこう。今回発表されたのは「THE LAST OF US」、「メタルギアソリッド5:ファントムペイン」、「グランド・セフト・オート5」の3作。いずれも絶大な人気を誇る大作だけに、映像が上映されるたびに会場から大きな歓声が起こっていた。

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(44枚)

(C) 2014 Sony Computer Entertainment America LLC

※画面は開発中のものです。

関連ワード

あわせて読みたい

  • セガ特集ページ
  • 「黎の軌跡(くろのきせき)」特設サイト
  • Figgy
  • プリコネR特集

人気記事ランキング

RANKING

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー