本日9月17日開催の「東京ゲームショウ2016」にて行われた「ゴッドイーター オンライン 制作発表会」のレポートを掲載。ここではiOS/Android用アプリ「ゴッドイーター オンライン」のほか、シリーズ完全新作に関する制作発表が行われた。

「GOD EATER ONLINE 制作発表会」と題して行われた本ステージでは、TGS 2016会期初日に発表されたシリーズ最新作「ゴッドイーター オンライン」についての紹介が進められた。

檀上には、バンダイナムコエンターテインメント「ゴッドイーター」シリーズ総合プロデューサー・富澤祐介氏、バンダイナムコスタジオ「ゴッドイーター」シリーズ総合ディレクター・吉村広氏、バンダイナムコエンターテインメント「ゴッドイーター オンライン」プロデューサー・門田研照氏、そして開発を手掛けるアソビモより「ゴッドイーター オンライン」ディレクター・長谷川広大氏が登壇。

門田氏はこれまで、古くからのシリーズファンにはお馴染みの「コクーンモンデン(※コクーンメイデンをもじったネーミング)」として、シリーズ立ち上げ当初から宣伝担当として従事していたが(※シリーズから離れていた時期もありつつ)、今回は本名の「門田研照」の名で、堂々プロデューサーを勤めていくこととなった。

さらにゲストとして、本作で「ゴドー」を演じる小西克幸さん、「レイラ」を演じる喜多村英梨さんが登場。小西さんはこれまでシリーズ作品をプレイしつづけてきた生粋のファンで、喜多村さんにしても小西さんから何度も「ゴッドイーターに出たい!」という声を聞いていたのだとか。それが念願叶っての出演となったのだから、内心もご満悦なことだろう。

左から富澤祐介氏、門田研照氏、喜多村英梨さん、小西克幸さん、長谷川広大氏、吉村広氏

シリーズ初のスマートフォンゲームとして発表された「ゴッドイーター オンライン」は、最大100人のプレイヤーとの同時接続を可能にする、リアルタイム仕様のMMO(大規模多人数同時参加型)討伐アクション。「ゴッドイーター2 レイジバースト」の数年後の世界を舞台に、主人公(プレイヤー)はクレイドル部隊より派遣されたゴッドイーターとなり、ヒマヤラ支部で敵(アラガミ)を討伐していく。

今回は新たにレベル制が取り入れられていることで、「神機(※ゴッドイーターの武器)」の強化のほかに、MMOらしくレベルアップポイントを割り振り、好みのプレイスタイルを確立していく、キャラクター自身の成長システムも取り入れられているようだ。

もちろんシリーズならではのハイスピードアクションは健在で、それでいてスマートフォン端末に最適化した「ゴッドイーター」アクションが体感できるという。これについては後述の実機プレイの様子を見ての感想として紹介していこう。

檀上ではここで、本作のPVが初披露。映像内では上述したゲームの世界観に加え、登場キャラクターの内、主人公の幼馴染でいて頼れるお姉さん「マリア(CV.高橋未奈美)」、主人公の所属するヒマヤラ支部 第1部隊隊長 兼 機械オタク「ゴドー(CV.小西克幸)」、王家の血を引く誇り高き突撃娘「レイラ(CV.喜多村英梨)」、ワケあり好青年で企業の跡取り息子「リュウ(CV.内田遊馬)」の4人のビジュアルが明らかにされた。

また、映像の最後に映し出される恐ろしく大きなアラガミの姿も印象的だ。


PV視聴後は、この日のために用意された開発バージョンを用いて、壇上の6人で実機プレイに挑戦。本作はノンターゲティングアクションとでも言えばいいか、ようするにこれまでのシリーズ作品と操作体系こそ異なるものの、スマートフォンゲームにありがちな過剰な簡素化が図られていない、本格的なアクション操作が楽しめるゲームとして開発されている模様。

富澤氏が操作する画面には、ゴッドイーターたちの拠点である支部の中に、MMOのロビーやポータルを想起させる多数のプレイヤーキャラクターたちの姿が映されていた。また、従来は支部の中にいるとき、キャラクターたちは神機を身に着けていなかったが、今回は“誰がどの武器を持っているのかを一目で判別”できるよう、神機を背中に背負うようにしたという。

キャラクターの移動は画面左下のバーチャルスティックを用いて行い、攻撃やガードやジャンプなどは画面右下のアイコンをタッチすることで使用できる。ダッシュに関してはPS4/PS Vitaのようなボタンが備わっていないことから、“一定時間移動していると自動的にダッシュ動作に移行”という仕様変更が図られていた。

本作的なアクション操作を必要とするスマートフォンゲームのように、タッチ操作に関しては慣れが必要かもしれないが、操作に習熟していけば従来の立ち回りというのも問題なく再現できそう。また、ゲーム内ではいつでもチャットが行えるので、周囲の人と即席でコミュニケーションをとったり、友達と戦術を話しあったりするのも楽しみの一つだ。

ハッキリと変化していたのは「リンクエイド(※戦闘不能になった仲間への救命行為)」の仕様。これまでは自身の体力を分け与えることで味方を復活させていたが、本作では最大100人にものぼる大人数で共闘することから、リンクエイド時は“ボタン長押しで仲間の体力を徐々に回復する”というアクションに切り替えられている。

実際のプレイの様子を見ていたところ、ゲーム内容はほぼ同等だが、端末や仕様を考えてのことか、随所でスピード感が抑えられている印象を受けた。もちろん、あくまで開発段階であることは言うまでもないだろうが。

しかし、スピード感に反してキャラクターのモーションが実にスムーズに見えた。キャラクターモデルやアクションに大きな違いはないようだが、例で言うと“60フレームの流れるような動き”的な滑らかさに見えたのだ。「最近のスマートフォンってすごい」ということかもしれない。

ゲーム内では先生として親しまれる初心者の壁「シユウ」と会敵。ここでメインメニューから「パーティー募集」が選択され、アラガミとの戦闘中にも仲間がリアルタイムで途中参戦できることが明らかにされた。従来のクローズドなMOゲームでは中々お目にかかれない仕様なので、「戦闘しながら友達を待とう」などのプレイが気軽にできそう。

シユウについては、攻撃モーションこそ従来のシリーズ作品と同じだが、MMO的なバランスや戦闘時の人数比を考えてのことか、コンシューマ版と比べると結合破壊やダウンの耐久値が高く設定されているように思えた。レベルや装備も関係しているのだろうが、これに関しては“よりMMOらしいバランス”を探っているということなのかもしれない。

そのほか、これまでは支部の中でのみ、神機の刀身や銃身が変更できたが、本作はフィールド内でも装備変更が可能となった。気軽に使い分けられるのは本当にいい。

なお、気になるのは特殊なアクションについてだ。というのも、ほとんどのシリーズプレイヤーにとっては「ゴッドイーター2 レイジバースト」で搭載された数々のブラッドアーツ&捕喰技が体に染みこんでいるとはずなので、初代「ゴッドイーター(あるいはゴッドイーター バースト)」の仕様に戻ってしまうと、スタイリッシュな爽快感が削れてしまうことが否めない。まあ、これに対しての答えは次の段落で紹介されるので安心してほしい。

無事シユウを倒した後、続いては「1人でも楽しめるのか?」という疑問に対して言及していく門田氏。これについては、本作ではMMOフィールドでのオンラインマルチプレイのほかに、従来のストーリー型のプレイで進めていく「ストーリーミッション」が搭載されるとのことで、メインコンテンツを2本立てで楽しめるようだ。

なお、本作の主人公は前作でいう「ブラッド(※特殊な力に目覚めた新世代のゴッドイーター)」ではないが、なぜか主人公の神機のコアだけが“クリムゾンレッド”に彩られているのだとか。さらに、ブラットアーツに代わる新たな能力として、「アビスファクター」なる要素も登場するという。詳しくは説明されなかったが、色々と期待はしておいて良さそう。

ストーリーミッションでは登場キャラクターとのアドベンチャー形式の物語が展開されていくほか、仲間と一緒にミッションに赴くことも可能。加えて、初めて本シリーズを遊ぶというユーザーのために、ゲームにすんなりと入れるよう、チュートリアル部分も作りこんでいるという。初心者も安心してゲームに参入できることだろう。

そして、ここで実際のストーリーパートが動画で披露されることに。

しかし、フルボイスが見所の一つであるのに、残念なことに今回は音を収録することができなかったらしい……というわけで、壇上の小西さん&喜多村さんが急きょ生アテレコにチャレンジ。ついでに、ボイスがない主人公(※戦闘中は従来通りアクションボイスがあり)に代わり、ここで富澤氏が主人公ボイスにアテレコすることになった。

ストーリーパートでは、いわゆる立ち絵と呼ばれる2Dイラストのキャラクター表示に加え、一枚絵で描かれたイベントスチルも挿入される。喜多村さんの演じる発表されたばかりのレイラに至っては、髪型も異なってしまっている入浴シーンでの披露となっていたが、まあ、不満を漏らす人はまずいないだろう。

さらに、本作ではオリジナルなアラガミもさまざま用意しているとのこと。発表された中には、先のPVの最後に出現した超弩級アラガミ「クベーラ」の姿も。クベーラはどうやら、これまで最大級の体積を誇っていたウロボロスよりもさらに巨大らしく、戦闘時は6人パーティで挑むと厳しいことになるほど強いのだとか。

また、本作ではスマートフォンゲームらしく、新章や新エリアといった追加コンテンツの拡張、お察しではあるが“もしかしたらお馴染みのキャラクターたちも出てくるかも?”というファンサービスも予定しているという。

そしてステージでの新規発表として、オープニングアニメーションをufotabelが手掛けること、10月開催のマチ★アソビ vol.17に出展すること、Android版のオープンβテストが実施されること(※データの引き継ぎはなし)、オンラインの公式ツイッターが新設されたことも明かされた。

シリーズ新作 開発始動

これまで「ゴッドイーター」シリーズを支えてきた富澤氏と吉村氏から、新たなクリエイター陣に「ゴッドイーター」シリーズが引き継がれたのだと思っていた矢先、本ステージにおける重大発表として、「ゴッドイーター」シリーズ新作の開発が始動していることが明らかにされた。同時に、今作をイメージしたティザートレーラーもお披露目。

映像内では、フェンリル本部の後の姿が描かれているようだが、語りの上ではどうやら……な展開が予想される。また、グラフィックのクオリティーも段違いに向上しているようで、映像の最後に映し出されたシルエットだけのアラガミなんかは「強そう……」以外の感想が出ない動きを見せてくれている。これは昂ぶるほかない。

なお、本作については今後、「ゴッドイーター オンライン」のサービスを前提として、シリーズの新たな形を模索していくという。物語も「もしかしたら『ゴッドイーター オンライン』の後の世界観になるかも?」ということなので、「ゴッドイーター オンライン」に関してはますます見逃せないタイトルとなってきた。

今後の続報が待ち遠しいところだが、当面はオープンβの様子やイベント出展を伺いつつ、「ゴッドイーター」シリーズが新たに進んでいく道先を見ていきたい。

ゴッドイーター オンライン

バンダイナムコエンターテインメント

MobileアプリiOS

  • 配信日:2017年2月17日
  • 価格:基本無料

    ゴッドイーター オンライン

    バンダイナムコエンターテインメント

    MobileアプリAndroid

    • 配信日:2017年2月15日
    • 価格:基本無料

      コメントを投稿する

      画像一覧

      全ての画像を表示(31枚)

      (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

      ※画面は開発中のものです。

      関連ニュース

      関連ニュースをもっと見る

      あわせて読みたい

      この記事のゲーム情報

      • セガ特集ページ
      • 軌跡シリーズ特設サイト
      • Figgy
      • セール情報

      人気記事ランキング

      RANKING

      定期配信

      REGULAR
      • ゲーム発売日・配信日カレンダー
      6月11日(金)
      GUILTY GEAR -STRIVE-
      GUILTY GEAR -STRIVE- スタンダードエディション
      Open Country
      Open Country 初回限定版
      シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI コンプリート・エディション
      ナゾときパズル ニョッキン村
      ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング
      ラチェット&クランク パラレル・トラブル
      ラチェット&クランク パラレル・トラブル デジタルデラックスエディション
      大局観で勝つ囲碁の法則
      6月14日(月)
      スカージブリンガー
      6月15日(火)
      GODZILLA BATTLE LINE
      SAMURAI SPIRITS
      6月16日(水)
      虫姫さま
      西京24区
      6月17日(木)
      ARK: Ultimate Survivor Edition
      Metal Unit
      くまのレストラン
      スペースインベーダー フォーエバー
      ツクールシリーズ 異世界かるてっと 冒険!あくしょんげーむ
      デーモンクリスタル4
      幕末恋華新選組 尽忠報国の士
      愛怒流でいず
      白夜極光
      6月18日(金)
      Red Solstice 2: Survivors
      6月21日(月)
      Breath of Spirits
      6月22日(火)
      ENDER LILIES: Quietus of the Knights
      迷路探偵ピエール
      6月24日(木)
      1971 プロジェクト・ヘリオス
      Caligula2
      Caligula2 デジタルデラックス版
      Caligula2 初回生産限定版
      Chivalry 2
      Hades
      IDOLY PRIDE
      Lovekami -Useless Goddess-
      Real Farm - Gold Edition
      Rust Deluxe Edition
      Rust Standard Edition
      Rust Ultimate Edition
      SCARLET NEXUS
      SCARLET NEXUS DELUXE EDITION
      Sugar*Style
      Sugar*Style 完全生産限定版
      SuperMash
      SuperMash 特装版
      The Pegasus Dream Tour
      VRカレシ
      WORTH LIFE
      わるい王様とりっぱな勇者
      わるい王様とりっぱな勇者 初回限定版
      シドニー・ハンターとマヤの呪い
      ストレンジミュージアムからの脱出
      スーパー・ケーブル・ボーイ
      テニス ワールドツアー 2 COMPLETE EDITION
      ハミダシクリエイティブ
      ハミダシクリエイティブ 初回限定特装版
      フィギュアストーリー
      メイドさんを右にミ☆
      レイジングブラスターズ
      剣が君 for S
      剣が君 for S 限定版
      戦国無双5
      戦国無双5 Deluxe Edition
      戦国無双5 TREASURE BOX
      戦国無双5 一騎当千BOX
      現代大戦略2020~揺れる世界秩序!大国の野望と世界大戦~
      白と黒のアリス for Nintendo Switch
      白と黒のアリス for Nintendo Switch 限定版
      聖剣伝説 Legend of Mana
      那由多の軌跡:改
      6月25日(金)
      フォーセイクンワールド:神魔転生
      マリオゴルフ スーパーラッシュ
      6月26日(土)
      トニー・ホーク プロ・スケーター 1+2
      トニー・ホーク プロ・スケーター 1+2 デジタルデラックスエディション