「ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ」のやりこみ要素「モブハント」や必殺技「ミストナック」、頼もしいしもべとなる召喚獣を紹介!

「ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ」のやりこみ要素「モブハント」や必殺技「ミストナック」、頼もしいしもべとなる召喚獣を紹介!

担当:Gamer編集部

PS4

スクウェア・エニックスは、2017年7月13日に発売を予定しているPS4用ソフト「ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ」について、やりこみ要素「モブハント」や必殺技「ミストナック」、シリーズおなじみの召喚獣に関する情報を公開した。

モブハント

イヴァリースにおいてモンスターとは一般に民間人の生活を脅かす生物を指すが、その中で、討伐の要請が出されているものをモブと呼ぶ。討伐の依頼は一般市民や自治体からがほとんどだが、まれに凶悪なモンスターが特定国家によりモブ指定されることもある。

モブは、モンスター退治を生業とする団体「クラン」や個人のハンター、冒険者の討伐対象となる。討伐は富と名声を得るにはうってつけと言えるが、常に命の危険をともなう任務でもある。

モブハントを通して、メインの進行だけでは語られないイヴァリースに住む人々の暮らし振りや、イヴァリースの伝説を垣間見ることができ、世界の秘密を探求する楽しさを味わえる。

モブハントの流れ
1. 討伐依頼の受注

モブの討伐依頼は、主に酒場の掲示板から入手することができる。モブの情報を確認したら依頼人に会いに行き、そこで詳細な情報を聞いて討伐を引き受ける。

2. 依頼人からの情報収集

討伐対象となるモブのほとんどは人々の生活を脅かす存在なのだが、依頼の中には「モンスター図鑑作成のデータを収集しているので、珍しいモンスターを討伐して欲しい」といったものや「強いモンスターを倒してモテモテになりたいので、一緒に戦って欲しい」といった変わり種もある。

また討伐にあたり、特殊な出現条件があるモブも存在する。依頼人の話をよく聞こう。

3. モブの出現場所へ

モブの出現場所に向かう。今作ではモブの位置がマップに表示されるようになっている。下のマップでは、左上の「!」の位置にモブがいることが分かる。ただし、例外的に居場所がわからないモブも存在する。

4. モブとのバトル

モブと遭遇し、倒すことができれば討伐完了となり、報酬として賞金や有用なアイテムを得ることができる。

元は依頼人のペットであり失踪して凶暴化してしまった、サリカ樹林で遭遇できるモブ「キャロット」。
討伐が完了したら、依頼人のところへ報告しに行こう。報酬として賞金や装備品などがもらえる。
モブのランク

各モブには、強さに応じたランクが設定されている。ランクが高いほど強いモブとなり、特徴を見据えた作戦を練ることが重要になる。

パーティーメンバーのレベルが低くても、高ランクのモブに挑むことができる。
作戦次第ではうまく討伐できるかもしれない。
とてつもなく強く、しかも生息地がわからないとされるモブ「パイルラスタ」。
幻妖の森に生息するモブ「キングベヒーモス」。HPが少なくなると戦法を変えてくるので、
どの時点で一気に攻め込むか、または持久戦で挑むかといった、状況に応じた戦術を練る楽しみがある。
FFシリーズでお馴染みのキャラクター「ギルガメッシュ」もモブとして登場する。
クラン「セントリオ」

モンスター退治を生業とする団体をクランと呼び、王都ラバナスタにはモーグリ族のモンブランが長を務めるクラン「セントリオ」がある。

セントリオに所属することで、掲示板には載らない特別な討伐依頼を受けられるようになり、さらにクランメンバーのみが利用できる「クランショップ」で買い物をすることができるようになるなど、さまざまなメリットが得られる。

セントリオ創設者「モンブラン」

ちょっと厳めしい雰囲気を持つ、モーグリ六兄弟の長男。とある壮大な目的のためにクラン「セントリオ」を創設したが、その事情は相当熟練した戦士にしか 語らないといわれている。

モブによっては、クラン「セントリオ」のメンバーとともに戦うことも。
クランで名声を上げよう

クランにはランクがあり、モブを討伐して行くことで上っていく。ランクを上げることで昇格報酬がもらえ、新しいモブの情報を得られる。またクランショップの品ぞろえも増え、他のショップでは手に入らないレアなアイテムや魔法などを購入できるようになり、冒険を有利に進められる。

クランショップの品ぞろえは、クランのランクを上げることにより充実していく。
ここでしか買えない、冒険にとても役立つ魔法や装備が購入できる。
ミストナック

ミストナックとは、キャラクターごとに持っている必殺技のこと。ミストナックはライセンスで習得することで使えるようになる。ミストナックは1キャラクターにつき最大3つ習得することができる。

各キャラクターにはミストナックのライセンスが3つ存在し、習得することで発動できるようになる。
習得したミストナックは、バトル中に発動することができる。
ミストナックによる攻撃

ミストナックを使用するとミストナックモードに突入。ミストナックは他のキャラクターも習得していれば連携をすることができ、制限時間以内に次のミストナックを選択することで続けてミストナックを使うことができる。

加えて、連携したミストナックの技と数に応じて、融合技を発動させることもできる。融合技が発動すると、ミストナックの連携に追加でさらに強大なダメージを与えることができる。

ミストナック:天鼓雷音稲妻斬

激しい稲妻によってダメージを与える。

ミストナック:咬撃氷狼波

冷気の波動によってダメージを与える。

融合技:ルミネッサンス

空に水色の魔方陣が出現し、炸裂して周囲に輝く光の帯を撒き散らす。

召喚獣

召喚獣とは古の昔に神が創りあげたという異形の者たち。彼らは人間を超える強大な知恵と力を与えられたが、自らを過信した末、神に戦いを挑んだ。

彼らは神によって打ち倒され、魂と肉体を獣印へと封じられたとされている。敵として戦う時は強敵だが、倒すと召喚できるしもべとして主人公たちの力になってくれる。

召喚獣との戦い

召喚獣にはメインの進行でしもべにできるものと、イヴァリースの各地を冒険する中で登場ししもべになるものがいる。

各地で待ち受ける召喚獣はどれも強敵で、召喚獣によっては特殊な空間を展開し、プレイヤーを翻弄する。

カオス戦では「たたかう」のコマンドが使えなくなるため、物理攻撃が主体のキャラクターは
極めて苦戦を強いられる。敵次第でパーティーメンバーや作戦を変えながら攻略の糸口を探すことが大事だ。
召喚獣ライセンスの習得

召喚獣を倒すと各キャラクターのライセンスボードに召喚獣のライセンスが出現。召喚獣のライセンスは好きなキャラクターに習得させることができるが、いずれかのキャラクターが習得すると他のキャラクターのライセンスボードからは消えてしまうので、よく考えてから選ぼう。

分断されたライセンス

ライセンスボードには、本来のボードから分断されている強力なライセンスがある。召喚獣を倒すと、分断されたライセンスの隙間に埋まるように、倒した召喚獣のライセンスが出現することがある。これにより召喚獣のライセンスを取ることで、分断されたライセンスが習得可能になる。

最初は離れ小島になっていて、習得できないライセンスが存在する。
召喚獣のライセンスを習得することで、分断されていたライセンスが取れるようになる。
召喚獣との共闘

バトル中に召喚を行うと、召喚者以外のメンバーは一時的にいなくなる代わりに、一定時間のあいだ召喚獣が共闘してくれる。今作では召喚獣に指示を出したり、リーダーに設定して操作をすることも可能なので、より強力な味方となってくれる。

また召喚獣は各種強力な技や魔法のほかに、独自の大技「召喚技」を持っており、これを使用するか、倒されるなどをすると召喚獣は退場する。

今作では召喚獣のHPが上昇している。「召喚技」も任意で使用できるので、強力な敵と戦う時に頼もしい存在だ。
各種召喚獣について
魔神べリアス

神に作られた闇の異形者にして聖域の番人。人とモンスターとが融合しているような見た目から魔人と呼ばれるようになりました。

数ある異形者の中でも失敗作と位置付けられたために、本来の役割を与えられることはありませんでした。

魔人は怒り神々に戦いを挑んだものの敗れ、その後、覇王と契約を結び、王墓の守護者となりました。

火属性の攻撃を得意とし「ペインフレア」「地獄の火炎」などを使うことができます。

背徳の皇帝 マティウス

下界に暮らす人を守り統治する闇の異形者です。

統治の中、欲に溺れ闇に心を奪われた彼は悪神へと姿を変え、氷の世界を司る女神を拘束し、生きる盾とする背徳的な行為をもって神に戦いを挑みました。

しかし神の絶大なる力の前に敗れた彼は、断末魔とともに地獄の海深くへ封じられました。

氷の塊を生成し、天から降らせる氷の属性を持つ「凍天撃」や召喚技「凍てつく波動」での攻撃が主体なので、氷属性が弱点の敵であれば大ダメージを与えることができます。

統制者 ハシュマリム

現世の法則を自在に操り、聖なる力により人々を導くため統制者として神々に仕えた異形者です。

万物を支配する絶対的な力を求めるがゆえ、聖天使アルテマとともに反旗を翻しました。その後、主と仰ぐ聖天使のため、自らの肉体を捧げ、力尽きると灼熱の獄炎の中へと堕とされました。

魔法としては希少な属性である土属性の「ロックユー」「大地の怒り」を扱えます。

また風属性以外は無効または吸収し、回復魔法「ケアルガ」も持っているので、囮役としても活躍できます。

憤怒の霊帝 アドラメレク

憤怒の一撃をもって、すべてを無に還す異形の帝王です。

神々により異界で暴れる魔物を統治するために創られましたが、その強大な力と邪悪な風貌が仇となり、魔物たちの心を惹きつける存在となりました。

その後、神に背き異界の頂点に君臨したアドラメレクは憤怒の霊帝と呼ばれ、魔物たちとともに神々に戦いを挑み打ち滅ぼされました。

雷属性の「閃光砲」「裁きの雷」などを使用できます。

また自身の魔力を高める魔法「フェイス」が常にかかっており、魔法が反射されない特殊効果も付いているため、攻撃面で頼もしい戦力となります。

不浄王 キュクレイン

この世を浄化するために作られた異形者で、はびこる穢れを飲み込む不浄なるものです。

しかし、世界は神々の想像を遥かに超える不浄物で満たされていたため、それらを飲み込んだ彼は醜悪極まりない不浄王となりさがり神々に背きました。

彼が足を下ろせば、いかなる地も不浄な地へと変わり果てます。

物理と魔法に対する防御力アップの魔法と、魔法を反射する「リフレク」が常にかかっているだけでなく、全属性のダメージを半減するので、囮役に最適です。

また召喚獣で唯一カウンターが使え、「蠱毒障」でHPを吸収することもできます。

断罪の暴君 ゼロムス

誰よりも法を遵守し、罪人を断罪してきた聖なる法の番人たる異形者です。

法を破るものに対する深い憎しみを暗黒物質へと変化させ罪人を闇の奥底へと堕とし断罪していました。その思いは、いつしか法の遵守よりも断罪そのものを重視するようになり、憎しみに染まった彼は神々に反旗を翻しました。厳粛であるべき法の番人が憎しみの闇へと堕ちたことが断罪の暴君と呼ばれる由来となりました。

固有技の「黒滅丸」「ビッグバン」はどちらもゼロムスのHPが減っているほどダメージが増加します。ある程度戦わせてダメージを受けてから召喚技を放つと効果的です。

聖天使 アルテマ

神が創り上げた異形の最高傑作にして、神への反逆を企てた首謀者です。反旗を翻すまで、天へ魂を運び転生の手助けをする役割を担っていました。黄金に輝く神聖な翼を持つ姿は聖天使と称えられました。しかし黒き翼を持つ堕天使アルテマと接触したことが後に反逆に繋がります。墜ちてから以後、表情を失った彼女の心の内は窺い知れません。

聖属性の「破壊」「完全アルテマ」は純粋な威力がとても高く、さらに魔法の詠唱にかかる時間が0になる特殊効果を持っているので、高威力の攻撃を高回転で繰り出せます。防御面に関しても闇属性以外は無効化または吸収と、申し分ない耐性を持っています。

ただし、その分敵として倒すのは非常に苦心することでしょう。

(C)2006,2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

ピックアップニュース

編集部のオススメ記事

最新注目ニュース

  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • 不思議シリーズ特設サイト
モンスターハンターダブルクロス特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る