Nintendo Switch版が11月22日に発売決定!「LEGOワールド 目指せマスタービルダー」チーム対抗選手権大会をレポート

Nintendo Switch版が11月22日に発売決定!「LEGOワールド 目指せマスタービルダー」チーム対抗選手権大会をレポート

担当:

PS4

ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントは、本日8月23日に秋葉原・UDXシアターにおいて、「チーム対抗 LEGOワールド選手権大会 決勝戦」を開催。この場で、Nintendo Switch版「LEGOワールド 目指せマスタービルダー」を11月22日に発売すると発表した。

「LEGOワールド 目指せマスタービルダー」は、LEGOブロックで作って、壊して、また作って、想像力の向くままに好きなものが作れるLEGOのサンドボックス型ゲームだ。

実際にLEGOブロックのように一つ一つブロックを組み上げたり、またアンロックしたオブジェクトで一気に作り上げたりすることが可能。自分の発想力を使って楽しい世界を創造することができる。逆に壊したりするのはもちろん、地面に穴をあけたり、はたまた山を平たくするのも思いのままだ。

本作のNintendo Switch版が、日本国内で11月22日に発売されることが決定した(価格:3,700円/税抜)。本日公開された海外版アナウンストレーラーでは、ゲーム内でNintendo Switch本体が作成されている。なお、予約は8月25日からだ。

決勝戦の参加作品を紹介!

「チーム対抗 LEGOワールド選手権大会」は、PS4用ソフト「LEGOワールド 目指せマスタービルダー」の日本一ビルダーを決定する大会だ。

この日、行われた決勝戦を見守るべく、今や子どもたちに大人気の小島よしおさんがゲストに登場。また解説・審査委員長として、世界に14人しかいないLEGO公式ビルダー・三井淳平氏も登壇した。

小島よしおさん 三井淳平氏

優勝者には、三井氏がこの日のために作成した、世界にひとつだけのレゴブロック製オリジナルトロフィーと副賞が贈られる。制作時間は実に20~30時間。ちなみに三井氏は、LEGOで何かを作る際、スケッチを描いたらあとは頭の中の設計図だけで作り上げるのだという。

栄えある決勝の舞台に進んだのは「チームおやどり」「チーム スノーワールド」「チームぬに」「チーム Game*Spark」の4チームだ。

※本大会は一人でもチームとして出場可能

決勝戦に進出した面々。少々緊張ぎみの笑顔。
小島さんはみんなの緊張をほぐそうと、得意技「そんなの関係ねぇ!」からの「おっぱっぴー」を披露。手にしているのは、世界初の女性レゴビルダー・中山かんな氏の“LEGOおっぱっぴー”だ。

予選のテーマは「おとぎ話」だったが、決勝戦では各チームとも新たな作品を披露する。そのテーマは「私のLEGOワールド」。各チームは作品を動画でプレゼンテーションし、三井氏を始めとした審査員3名が、創造性、プレゼンテーション、ユーモア、テクニカルスキルの4つの観点から審査する。

チームぬにの作品

決勝に進出した唯一の女性ビルダーである「チームぬに」は、LEGOワールドの楽しさを伝えるべく、夏の楽しいこと=お祭りを表現。屋台やちょうちんの明かりなど、雰囲気を重視した作品で、優勝トロフィーもゲーム内で再現していた。

チーム スノーワールドの作品

ゲーム好きな職場の同僚2人で結成された「チーム スノーワールド」は、四季が楽しめるLEGOワールドの中で、雪の演出に注目。蛍光のピースを空中に散りばめ、見ているだけでも涼しくなれるような世界を表現した。二人三脚のオンラインプレイで作り上げた力作には、2人がゲーム内でコミュニケーションを取る場面も。

チーム Game*Sparkの作品

ゲームメディアからの参加となった「チーム Game*Spark」は、編集部のオフィスをLEGOで再現。「アットホームな職場を忠実に再現し、子どもが夢をもてるような動画に仕上げた」とのことだが……? マスコットキャラクター「スパくん」にも注目だ。

チームおやどりの作品

チーム名の由来は、出場を決めた際に飲み屋で鶏肉を食べていたからというチームおやどり。チームメイトと一緒に「世界」を作り上げていく過程を動画に収めた。ゲーム内で使えるツールは全部使ったという意欲作だ。

ビルダー日本一に輝いたのは……!?

各チームの力作を目にした三井氏は、それぞれが自分の世界観をうまくブロックで表現していると驚いた様子。また小島さんも、同じテーマから幅広い作品が生まれたことに目を丸くしていた。

審査員3名による審査の結果、なんと4チームが7点差の中にひしめきあうことに。僅差の戦いを制し、準優勝にチームおやどりが、そして優勝にはチームぬにが輝いた。

チームおやどり(左の写真)にはLEGO 1kgとLEGOLAND Japanのペア1DAYパスが、チームぬに(右の写真)には優勝トロフィーとLEGO 1.5kg、LEGOLAND Japanのペア1DAYパスが、その他の2チームにはPS4のLEGOゲーム5タイトルセットが贈られた。

三井氏は、方向性の異なる作品が揃って審査員も迷ったが、制作するにあたっての労力や遊び心を評価したとコメント。お祭りの中で射的ができたり、金魚すくいの水槽に飛び込めたり、小物が作り込んであったりといったところが高得点につながったようだ。

決勝進出した4チームの動画は、明日8月24日より大会公式サイトで公開される。動画を見て自分も作ってみたいと思った人は、現在発売中のPS4版、そして11月22日に発売予定のNintendo Switch版をプレイして、自分だけの世界を創造してみよう。

大会公式サイト
https://warner-cp.com/legoworlds/

LEGOワールド 目指せマスタービルダー

ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントPS4ダウンロード

  • 発売日:2017年4月6日
  • 価格:2,980円(税抜)
  • 12歳以上対象
LEGOワールド 目指せマスタービルダー
(C) 2017 The LEGO Group. & (C) WBEI. (s17)

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • ガスト美少女祭り特集サイト
モンスターハンターダブルクロス特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る