gumiからリリースされたぶっとばし乱闘アクション「ブレイドスマッシュ」は、名作「サムライスピリッツ」を開発した元SNKスタッフが手掛けた一作。その内容は期待に応えてくれるのか? 本記事でお伝えしたい。

「ブレイドスマッシュ(ブレスマ)」は、 gumiから9月にリリースされたスマホ向けぶっとばし乱闘系アクション。古参の対戦格闘ゲーマーであれば知らない者がいない名作「サムライスピリッツ」を開発したSNKの元スタッフが手掛けたという作品だ。

高い期待とともにリリースを待っていたという人も少なくないだろう。はたして本作の内容はその期待に応えるものか? 対戦ゲームに目のない筆者も、楽しみにしつつプレイしてみた。

ダメージを蓄積してぶっとばす!爽快なぶっとばしアクション

「ぶっとばし乱闘系アクション」と名付けられた本作のゲームシステムはどんなものか?基本的には対戦格闘アクションの一種と考えて差し支えない。サイドビューでキャラクターを操作し、敵プレイヤーの操作するキャラクターを倒すことが目的だ。

ただし「乱闘」とついている通り、敵プレイヤーの数は1人とは限らない。最大4人までのキャラクターが入り乱れて戦う。また、1人プレイヤーが担当するキャラクターの数も1人ではなく3人。…といっても3人同時に操作するわけではなく、交代制。元SNKの開発スタッフという触れ込みから思わず「キング・オブ・ファイターズ(KOF)」シリーズを連想してしまったが、先鋒・中堅・大将と順番に戦う「KOF」とは違い、任意のタイミングでキャラクターを交代することが可能だ。

また、「ぶっとばし」も本作の特徴だ。通常の対戦格闘アクションでは、お互いの攻撃によってダメージを与え合い、体力ゲージがゼロになった方が敗北する。しかし本作では、体力ゲージではなくステージの外にふっとばされたことが敗北条件だ。ダメージを受ければ受けるほどふっとばされる距離がアップするという形になっている。

瞬時のアクションをスマホでストレスなく繰り出せる優れた操作システム

対戦格闘アクションといえば、アクションゲームの中でもとりわけ瞬間的な操作が求められるジャンルだ。なので、ゲームルールがどんなに良くとも、操作システムひとつで台無しになってしまう。だからこそ、スマホで格闘アクションと言われると、それだけで「微妙…」と思ってしまうことが多い。この点、本作の操作システムは非常に優れいていると感じた。

具体的な操作は、画面タップで攻撃、「忍法」(=必殺技)の使用は専用のボタンをタップ。画面スワイプによって移動とジャンプ、画面フリックによってぶっとばし攻撃というもの。さらに、指2本で画面タップするとガード、指2による本フリックで「瞬歩」という高速移動が可能だ。ガードと瞬歩以外の行動は指1本で即座に繰り出せるため、状況に応じた咄嗟の反応ストレスなく行える。さすが「サムライスピリッツ」を手がけたスタッフだ。

「スマブラ」とは違う?「育成」と「属性」がもたらす本作ならではのプレイ感

ここまでの記事を読んで、本作の内容からコンシューマーゲームの「スマッシュブラザーズ(スマブラ)」を連想した人もいるかもしれない。確かに、多数のプレイヤーによる乱戦、ダメージを蓄積させてふっとばすといった要素は、「スマブラ」同様のものだ。ただ、本作をプレイすると、プレイ感は「スマブラ」とかなり異なっている。

プレイ感の違いを生んでいるのは、ひとつには本作に「育成」要素が用意されていることだ。本作にはキャラごとにレベルが用意されており、レベルとともにパラメーターが上昇していく。また、キャラが使う必殺技である「忍法」や、キャラ毎に装備できる武器「シノブキ」にもレベルがある。このため、「スマブラ」はもちろん、一般的な対戦格闘ゲームのように「駆け引き」と「操作スキル」だけで勝てるわけじゃない。キャラや武器のレベルに差がある場合、「駆け引き」や「操作スキル」だけではレベル差を覆せない…と言う場合もあり得るのだ。

また、「属性」の要素も勝敗に影響を与えている。これはスマホ向けRPGでよく見られる「属性」システムと同様のものだ。つまり、火属性は風属性に強く、風属性は水属性に強く、水属性は火属性に強い…という形で相性を作り出すシステム。属性が不利な場合、敵にダメージを与えにくい上、敵からダメージを受けやすくなってしまう。現在相手にしている敵の属性に応じて戦略的にキャラを切り替えていく必要があるわけだ。

「育成」と「属性」の要素によって本作は、「駆け引き」「操作スキル」といった戦術面以上に、「そもそもどのキャラで戦うべきか?」という戦略の比重が高められている。対戦格闘アクションが好きという人からすると、純粋に「駆け引き」と「操作スキル」だけで楽しみたいという気持ちもあるだろう。

ちなみに筆者も、「サムライスピリッツ」はもちろん「KOF」「ストリートファイター」といった対戦格闘アクションファンだ。そんな筆者としては、本作に肯定的な感情を抱いている。

というのは、本作はスマホ向けのゲームだから。スマホにはスマホゲームの楽しみ方がある。そこからすると、息が詰まるようなヒリヒリした対戦をガッツリ楽しむ…と言う前に、スキマの時間にちょっと育成を楽しみたいという思いがある。そして、育成したキャラクターを使ってワイワイ対戦したい。こうした思いと、「乱闘」「ぶっとばし」というルールはよく噛み合っているように思うのだ。

なぜなら、「乱闘」では複数の敵が相手となるため、そもそも純粋に「駆け引き」「操作スキル」だけでは決着がつきにくい。また、体力ゼロと敗北が直結しない「ぶっとばし」は、勝敗にある意味「ゆるさ」をもたらすものだ。だからこそ、「育成」や「属性」といった要素とミスマッチは引き起こしていない…どころかむしろ、本作ならではの楽しさを作り出しているように思う。

なお、本作には「クエスト」というソロモードが用意されているため、対人対戦が苦手…というプレイヤーでも楽しむことができる。「クエスト」はステージ毎にクリア条件に差はあるものの、たいていの場合、敵を倒しながらステージを進んで、ボスを倒す…というスタンダードな横スクロールアクション。ステージをクリアすることでストーリーも進んでいくので、これだけをプレイする場合でも十分楽しむことができるだろう。

最後に本作のストーリーにも触れておこう。本作の世界観は、現代を舞台にした異能バトルものだ。人類を駆逐しようとする邪悪な存在「ガイスト」と、意志を持つ武器「シノブキ」によって異能を得た人類「ブレイド」との戦いを描いている。もちろん、プレイヤー側が「ブレイド」。「ブレイド」達はそれぞれ単独に行動しているわけではなく、「ブレイド評議会」によって組織されている。対戦では「ブレイド」同士が戦うことになるわけだが、それも「ブレイド評議会」が「ブレイド」達を切磋琢磨させるために仕掛けているという格好だ。

スマホでカジュアルな対戦を楽しむならオススメ!

本作を楽しめるかどうかは、スマホの対戦アクションにどこまで「ガチ」を求めるかによって変わってくるだろう。1フレームを読み合い、ヒリつくような対戦を楽しみたい…というのであれば、基本的にはこれまで通りコンシューマーの格闘ゲームをオススメする。一方で、いつでもどこでもカジュアルな対戦を楽しみたいというのであれば、確実にオススメできる作品だ。

本作の優れた操作システムは、「一瞬を争う対戦アクションをプレイているんだ!」という満足感を十二分に味わわせてくれる。通勤中などの落ち着いてプレイできない状況ではソロで育成を楽しみつつ、家に帰ってから育てたキャラで対戦!…なんてプレイスタイルがお望みなら、本作はうってつけの一作だろう。

ブレイドスマッシュ

gumi

iOSアプリiOS

  • 配信日:2018年9月27日
  • 価格:基本無料

    ブレイドスマッシュ

    gumi

    AndroidアプリAndroid

    • 配信日:2018年9月27日
    • 価格:基本無料

      コメントを投稿する

      画像一覧

      全ての画像を表示(14枚)

      (C) 2018 gumi Inc. All Rights Reserved. Powered by ENGINES Inc./Mugen Combo Inc.

      ※画面は開発中のものです。

      関連ワード

      関連ニュース

      関連ニュースをもっと見る

      あわせて読みたい

      この記事のゲーム情報

      ブレイドスマッシュ

      ぶっとばし乱闘系アクション
      機種
      iOSAndroid
      プラットフォーム
      アプリ
      OS
      会社
      gumi
      ジャンル
      アクション
      公式サイト
      公式サイト
      • 「黎の軌跡(くろのきせき)」特設サイト
      • セール情報
      • プリコネR特集

      人気記事ランキング

      定期配信

      • ゲーム発売日・配信日カレンダー
      2024-04-15
      PERISH
      2024-04-16
      Grounded
      2024-04-16
      Harold Halibut
      2024-04-16
      デイヴ・ザ・ダイバー
      2024-04-16
      晴空物語 もふもふランド
      2024-04-17
      HIT : The World
      2024-04-17
      Sagres
      2024-04-18
      ARK: Survival Ascended
      2024-04-18
      BIG SHOTS -ビッグショット-
      2024-04-18
      EGGコンソール ハイドライドII PC-8801
      2024-04-18
      Picross -LogiartGrimoire-
      2024-04-18
      SUNSOFT is Back! レトロゲームセレクション
      2024-04-18
      UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも
      2024-04-18
      いっき団結
      2024-04-18
      みんなと街コロ
      2024-04-18
      ココロシャッフル - Spirit Swap -
      2024-04-18
      バニーガーデン
      2024-04-18
      フェイファーム ようこそ精霊の島アゾリアへ
      2024-04-18
      同級生リメイクCSver
      2024-04-18
      急げ!運べ!積み込め!
      2024-04-18
      異世界派遣の係長
      2024-04-18
      食魂徒 ~百花妖乱~
      2024-04-19
      SOUL COVENANT
      2024-04-19
      ウムランギジェネレーション
      2024-04-19
      ビックリマン・ワンダーコレクション
      2024-04-19
      ロロパズミクス
      2024-04-23
      百英雄伝
      2024-04-24
      ザァオ:ケンゼラの物語
      2024-04-24
      ニャンダーランド~封印されし女神~
      2024-04-25
      BEHOLGAR
      2024-04-25
      Library of Ruina
      2024-04-25
      SAND LAND
      2024-04-25
      けもの道☆ガーリッシュスクエア
      2024-04-25
      わんことあそぼ! めざせドッグトレーナー!
      2024-04-25
      サガ エメラルド ビヨンド
      2024-04-25
      ボクらの修学旅行大作戦
      2024-04-25
      ママにゲーム隠された コレクション
      2024-04-25
      メガトン級ムサシW
      2024-04-25
      ヴァガンテ
      2024-04-25
      重装機兵レイノス2 サターントリビュート
      2024-04-25
      鬼滅の刃 目指せ!最強隊士!
      2024-04-26
      Manor Lords
      2024-04-26
      Miko in Maguma
      2024-04-26
      Stellar Blade
      2024-04-26
      トリガーハート エグゼリカ
      2024-04-26
      剣と魔法と学園モノ。2G Remaster Edition
      2024-04-26
      剣と魔法と学園モノ。Anniversary Edition
      2024-04-26
      妄想凶ザナトリウム
      2024-04-26
      最恐 -青鬼-
      2024-04-28
      エルシャダイ・アセンション オブ ザ メタトロン