イチオシのギャルゲーを大ボリュームで紹介する連載企画「ギャルゲー一本釣り!!」。第44回はdramatic createより2月28日に発売された「シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~」の魅力をお届け!

三度の飯よりギャルゲーが大好きな私が己の煩悩の赴くまま旬のイチオシゲームを紹介する連載企画「ギャルゲー一本釣り!!」。今回はdramatic createさんより発売中の「シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~」を紹介しますよ!

「シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~」は、シナリオをライアーソフト、グラフィックをシルキーズプラスと、ともに知る人ぞ知るPCゲームメーカーによるコラボレーション作品としてリリースされた、青春推理サスペンスADVです。学園を舞台とした青春ストーリーはさることながら、そこに本格的な推理&ミステリー要素が加わることで、読み応えのある作品に仕上がっています。

今回は全くの予備知識無しでプレイしたため、その展開に一喜一憂しながら読み進めていましたが、落ち着いた読ませるテキストもさることながら、そのグラフィックのレベルにも驚かされました。まずは本作のあらすじやキャラクターを紹介しつつ、「シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~」の魅力に触れていこうと思います!

あらすじ

大都会近郊のベッドタウンである静乃宮(しずのみや)。都市側はそれなりに拓けており都会的なランドマークが多く、海側には豊かな自然が残っている。この町の中央にある「静乃宮学園」では、スポーツ系の部員たちは近隣の大公園をランニングに使い、帰宅部の面々は都会方面に繰り出して年齢相応の遊びを楽しむ、そんな放課後を送っている。

今年の春「静乃宮学園」に入学した橘一真(たちばな かずま)は、他人の心象を受信する能力を持っていた。他人の心が分かるといえば便利そうだが、「実際はどの意識が誰のものかわからない」「対象が複数いると入り混じって受信する」という中途半端なもの。生まれながらの能力ではあるが、完全に制御できるものではなく、否応なしになだれこんでくる人々の意志に振り回されることもしばしば。それでも日々制御する訓練を重ねつつ、なんとか人並みの学園生活を送っている。

「静乃宮学園」では、1年を通じて様々な行事を共にこなしていくグループ「行動班」を組む教育方針をとっている。「気持ちのいいメンバーと楽しい1年を過ごしたい」という生徒たちの思いをよそに、メンバーは無慈悲にもくじ引きで決まる。

人付き合いの苦手な一真の元に集まったのは個性の塊の様なメンバーだった。

無口でクールな雪本さくら
天然でポケポケしている桃園萌花
快活で運動神経抜群の風間夏希
自称霊感少女の黒月沙彩
演劇部に所属する美女大鳥百合子
運動はできるが頭が弱い北上陽一
モテる事しか考えていない高永瞬太

8人はまとまることもなく、ただ同じ「行動班」であるという事で最小限の付き合いをしつつも行動を共にする。そんな中、女子更衣室からの盗難事件が発生する。これは、後に「受信探偵」と称される様になる、橘一真のはじまりの事件であった…。

キャラクター
主人公
橘 一真 (たちばな かずま) CV:無し
他人の心象を受信する能力者

他人の心象をやたらに受信してしまう能力者。大抵は平坦で無機質な「声」として聞こえる。最近こそ能力とうまくつきあっていけるようになったが、幼い頃は制御ができず、気味悪がられていた。

現在も、人の心の裏側を覗きすぎたせいで人間不信気味。表情や空気を読むことが苦手で、本音と建前が存在する一般的なコミュニケーションには未だに慣れていない。

ヒロイン
雪本 さくら (ゆきもと さくら) CV:くすはらゆい
「自分の落下死体」を空想する少女

橘のクラスメイト。おとなびた雰囲気を持つ学級委員長。口数が少なく、何事も淡々とそつなくこなす。他人との干渉を好まないが、唯一、桃園萌花とは親交がある様子。

パーソナリティの情報が少なすぎるため、色々とおかしな噂をたてられている。昼休みには決まって、屋上から下を見下ろし、自らの無残な落下死体を思い描いている。

桃園 萌花 (ももぞの もか) CV:萌花ちょこ
裏表のないゆるふわ系女子

橘のクラスメイト。素直で優しい、無垢な心の持ち主。人の心理の裏を読むことや、理屈だてて物事を処理することが苦手で、要領が悪い。その反面、感覚記憶や短期記憶に秀でている。

クラスメイトにとっては「みんなの妹」的存在で、可愛がられてはいるが、弱めの頭を馬鹿にする者もいる。裏表のない性格のせいか、肉声と変わらない「心の声」を持つ。そのため、彼女の思考だけは識別することが可能。図書委員。

風間 夏希 (かざま なつき) CV:橘まお
サバサバ系な女子のリーダー

橘のクラスメイト。明るく活動的で気が強い。思ったことをずけずけ口にする。意地っぱり、負けず嫌い、強がり。女らしくふるまうことに照れがあり、胸が大きいことを気にしている。

無意識下でヒエラルキーを気にかけており、人によって態度が変わるが、一度好感を覚えると、相手がどんな立場だろうと、勝手にどんどんポイントが貯まっていくタイプでもある。水泳部所属。

黒月 沙彩(くろつき さあや) CV:秋野花
自称霊感少女

橘のクラスメイト。人懐っこい不思議ちゃん。常に大きなクマのぬいぐるみを抱きしめている。何もないところを凝視したり、妙なおまじないをしたり、言動が胡乱で不安定。が、成績は学年トップレベル。

絶妙なバランスの立ち回りにより、彼女への評価は「鬱陶しい」ではなく「興味深い」のほうに、紙一重で傾いている。
彼女曰く、静乃宮学園は霊の住処だとか。霊や超能力の存在を否定する風間夏希とは、あまり仲が良くない。

大鳥 百合子 (おおとり ゆりこ) CV:かわしまりの
超然としたカリスマ美少女

橘のクラスメイト。知的で冷静なお嬢様。地元の有力者大鳥家の一人娘で、生まれ持った才能と英才教育とたゆまぬ努力が重なりあって、万事に秀でている。周囲からは憧れ尊敬されている一方で、萎縮し敬遠されてもいる。

好奇心と知識欲が強く、低俗なものから高尚なものまで何でも手を出す。一度ハマるとなかなか抜け出せない。演劇部所属。

サブキャラクター
北上 陽一 (きたがみ よういち) CV:佐和真中
精悍で残念なスポーツ少年

橘のクラスメイト。単純で素朴な性格。マイペースで細かいことは気にしない。思ったことはわりとそのまま口に出してしまう。細かいことを考えるのは苦手だが、地頭は悪くなく勘もいい。ただし語彙力はない。

パッと見シャープで精悍なのに、言動は朴訥。そのギャップが母性本能をくすぐるらしく、よくモテる。野球部所属。

高永 瞬太 (たかなが しゅんた) CV:小池竹蔵
モテたくてモテたくて震える非リア

橘のクラスメイト。気さくで面倒見のいい性格。そこそこのイケメンだが、中身も相まって立ち位置は二枚目半くらい。とてもビビりやすい。とにかく女の子大好き!モテたい!という思いが強く、たゆまぬ努力を重ねている。

好みのタイプは「巨乳」もしくは「美人」で、やや顔より乳優先。進学前までやっていたサッカー部に入るか、興味のある美術部に入るか、未だに迷っている。

プレイインプレッションをお届け!

ゲームは、主人公の一真の目線を中心としたオーソドックスなテキストアドベンチャーとなっていますが、一真が持つ他人の心象を受信してしまう能力が、状況を認識する上での助けとなる点において、本作ならではの独特のテイストが生まれています。

ここで面白いのが、一真が受信することのできる他人の心象は“声”として表現されることです。普段は平坦で無機質な声であるため誰かを特定することはできないのですが、無垢な心を持つ萌花に関しては、彼女の思考をそのまま心の声として識別することができます。つまり、他人の心象が分かるとはいえ、複数人が同じ場にいた時、それが誰であるか特定することは声を聞いた時点では出来ないということです。これが本作の推理&ミステリー要素の一端を担っています。

同時に、物語におけるパートナー的な存在となる萌花についても、要領は悪いものの、感覚記憶や短期記憶に秀でているといった特徴があります。そんな彼女の記憶から発せられる心の声は、事件の解決におけるもう1つのトリガーとなり得るのです。

一真は、自身をも巻き込んだとある事件を経て、その事件の犯人が「行動班」の中にいることを声から知ることになります。そんな彼がその後もさまざまな出来事に巻き込まれつつ、自身の目的であるその犯人を探し出す、というのが本作の大きな流れになってきます。

そのテキストだけでも十分に楽しめるゲームではあるのですが、今作ではさらにプレイヤーが一真の立場で推理に挑戦する推理パートが用意されています。ここでは、事件の見取り図やそれまでに聞いた会話や心の声などを手がかりとして、正しい推理を導き出すというもの。ひとつの事件につきいくつかの項目を解き明かす必要がありますが、その全てが明らかになった時の喜びはまさに推理ゲームならではのもの。推理パートで見ることができる心の声のほかにも、気になる会話があった場合にはストックしておくこともできるので、併せて活用していきましょう。

冒頭でも紹介した通り、今作は推理だけではなく、学園を舞台とした青春ストーリーも描かれています。その能力から他人との関わり方に不器用な一真が同じ行動班のメンバーと交流していく中で得ていく人間らしさ、そして一真のフィルターからでは最初は見えない女の子たちの意外な一面が見える恋愛アドベンチャーテイストの楽しみ方などもあると思います。

そして最後に改めて触れておきたいのがグラフィックのクオリティです。基本となる立ち絵はもちろん、背景やイベントCGのバリエーションもかなり豊富で、これを堪能できるだけでもかなりの満足感です。これはテレビの大きな画面で確かめてみてこそですし、これまで紹介してきたことと併せて、現在配信中の体験版でその一端を感じてみてください!

というわけで第44回、いかがだったでしょうか。昨今はギャルゲーと呼ばれるようなジャンルのタイトル自体が数多くはリリースされない中ではありますが、こうした遊び応えのあるタイトルがしっかりとあることはプレイする上での喜びだったりします。ただ、ここまで間を空けてしまったのは反省の一言ですので、早く次回のタイトルも考えたいと思います。

ということで、今回はここまで。次回は春の内になんとか頑張りたいと思います!

シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~

dramatic create

PS4パッケージ

  • 発売日:2019年2月28日
  • 価格:7,400円(税抜)
  • 15歳以上対象
シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~

シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~

dramatic create

PS4ダウンロード

  • 発売日:2019年2月28日
  • 価格:6,900円(税抜)
  • 15歳以上対象
シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~

(C) DMM GAMES/dramatic create

この記事のゲーム情報

シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~

ミステリー・サスペンスADV
機種
PS4
プラットフォーム
パッケージダウンロード
会社
dramatic create
ジャンル
アドベンチャー推理
  • セガゲームス特集ページ
  • Figgy
  • 夢現Re:Master特設サイト
  • BUSTAFELLOWS特設サイト

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
1月17日(金)
The Alliance Alive HD Remastered
The Alliance Alive HD Remastered デジタルリミテッドエディション
VGAME
バレットガールズ ファンタジア
フローラル・フローラブ
幻影異聞録♯FE Encore
防衛三国志:~ぷちかわ武将と戦略バトル~
1月20日(月)
CocoPPa Dolls
1月21日(火)
ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator アーリーアクセス版
1月22日(水)
De:Lithe ~忘却の真王と盟約の天使~
Idol Company
1月23日(木)
198X
MISTOVER 特装パッケージ版
Mosaic
Stories Untold
Valfaris
void tRrLM(); //ボイド・テラリウム
うたわれるもの 二人の白皇
うたわれるもの 偽りの仮面
ファ−: ローン・セイルズ
メダロットS
ルーシッド・アドベンチャー
大乱盗!ジュエルウォーズ
村雨のソードブレイカー
1月24日(金)
Dezatopia
1月30日(木)
Bookbound Brigade
HUNTER×HUNTER アリーナバトル
IxSHE Tell
IxSHE Tell 完全生産限定版
Ministry of Broadcast
ウォーハンマー:Chaosbane
ウオリス デラックス
ケムコRPGセレクション Vol.1
ケムコRPGセレクション Vol.3
コードシフター
コーヒートーク
シスターズロワイヤル 5姉妹に嫌がらせを受けて困っています
プリズンプリンセス
ボクと彼女(女医)の診察日誌
ボクと彼女(女医)の診察日誌 ナースエンジョイパック
ボクと彼女(女医)の診察日誌 プレミアムエディション
レベンチャー 100のエンディングの伝説
ロードランナー・レガシー
ヴァルシリアアーク ヒーロースクールストーリー
幻想マネージュ
幻想マネージュ 限定版
東方幻想麻雀
2月5日(水)
対戦!こおり鬼
2月6日(木)
KUNAI
RUGBY20
WRC8
グランブルーファンタジー ヴァーサス
グランブルーファンタジー ヴァーサス キャラクターパスセット
グランブルーファンタジー ヴァーサス デジタルデラックス
グランブルーファンタジー ヴァーサス プレミアムBOX
東方スペルバブル