セガより5月28日に発売されたPS4用ソフト「BAYONETTA&VANQUISH」のプレイレポートをお届けする。

「BAYONETTA&VANQUISH」は、同社の人気タイトルである「BAYONETTA」と「VANQUISH」が発売10周年を迎えることを記念してひとつのパッケージにまとめられたもの。今回、リリースに先駆けて実際に遊ぶ機会を得た。いまさら細々した説明は不要の両タイトルではあるが、このパッケージを通して初めて遊ぶという人も多いことだろう。そこでこちらでは、ゲームの簡単な紹介とそのプレイレポートをお届けする。

2本のソフトが1本になったということで、メニューからゲームを切り替えて遊ぶのかと思っていたのだが、実際はディスクをPS4に入れた後、それぞれのタイトルを選んでインストールを進めていくことになる。そのため、ディスク容量が厳しい場合は、遊びたい方のタイトルだけを選んでインストールすることも可能だ。ちなみに、どちらの作品も実際にゲームを遊ぶ際は本体にゲームディスクを入れておく必要があるので注意しよう。

ゲームディスクを入れた後、それぞれのタイトルを選んでインストールが行えるようになっている。
ゲームディスクを入れた後、それぞれのタイトルを選んでインストールが行えるようになっている。
スタイリッシュなアクションと魅惑的なストーリーが楽しめる「BAYONETTA(ベヨネッタ)」

オリジナル版がXbox360とPS3で発売されたのは、2009年10月29日。当時は英語音声に日本語字幕といったスタイルが採用されていたが、2014年に日本語音声を追加したWii U版が発売されており、本作も日本語音声でゲームを楽しむことができる。

セリフが流れるシーンでは日本語字幕も表示されているほか、音声を切り替えて英語にすることもできる。そのためオリジナル版に近い雰囲気で遊びたいという人は、そちらを選択するのもいいだろう。

本作では、数百年の時を超えて現代に蘇った魔女・ベヨネッタが、失われてしまった過去の記憶の謎を解き明かしていくといった物語が描かれていく。ゲーム序盤は、なぜ彼女が人知を超えた肉体と能力を持っているのかわからないまま進めていくことになるのだが、ゲームを進めていくうちに明かされていく真実に、思わずのめり込んでしまう作りになっている。

“∞(ノンストップ)クライマックス・アクション”と呼ばれていることからもわかるように、とにかくクライマックスシーンの連続が特徴的だ。ときおりQTEなども挟まっているものの、多くはプレイヤー自身がキャラクターを自在に操りコンボを決めて倒していくという爽快なアクションが楽しめるようになっている。

敵の攻撃をギリギリのタイミングでかわすことで、時間の流れが遅く感じられるようになる「ウィッチタイム」や、襲いかかってくる天使たちを拷問にかける「トーチャーアタック」、自身の髪の毛を触媒に魔の物を召喚して襲わせる「ウィケッドウィーブ」などの決め技も用意されている。

召喚した大魔獣で敵を食らい尽くす!
召喚した大魔獣で敵を食らい尽くす!

プレイヤーのちょっとした憩いの場となっているのが、ステージの要所からアクセスできるバーの「The Gates of Hell」だ。ここでは敵を倒したときなどに手に入る「ヘイロウ」と交換で、回復アイテムや技、武器などを入手することが可能だ。

ゲーム中に手に入る「ヘイロウ」で、アイテムを補充しておこう。
ゲーム中に手に入る「ヘイロウ」で、アイテムを補充しておこう。

ちなみに筆者は、オリジナル版の発売当初にXbox360でプレイした記憶がある。しかしながら、さすがに10年前ということでゲームのディテールはすっかり忘れてしまっていたため、あらためてPS3版を入手して比較してみることにした。当時はあまり気が付かなかったのだが、今見るとやや画質が甘く見えてしまう。だが今回のPS4版ではかなりくっきりとした映像に仕上げられている。

とくにキャラクターが多数登場するカットシーンなどは、ガチャガチャして何が行われているのかわかりにくかったのが、どのシーンも滑らかに動いており、ハッキリ状況が把握できるようになった。これも、フレームレートと解像度が向上したおかげだろう。

攻め込むアクションが魅力のTPS「VANQUISH(ヴァンキッシュ)」

「VANQUISH」は、2010年10月21日にXbox360とPS3向けに発売されたサードパーソン・シューティングゲームだ。こちらも「BAYONETTA」同様に激しいアクションシーンが多い作品だが、オリジナル版と比較してフレームレートが大幅に向上しており、視覚的にも見やすくなっている。

三上真司氏がディレクター、稲葉敦志氏がプロデューサーを務めたことでも当時は話題になったが、その真骨頂は積極的に攻めるアクションが楽しめるというところだ。最近のサードパーソン・シューティングゲームでは比較的当たり前になってきた、カバーアクションにも対応しているのだが、通常のシューティングゲームのように敵の攻撃をかわしながら撃ち合い前進していくというスタイルとは、大きく異なるゲームデザインとなっている。

それを実現しているのが、「ブースト」と呼ばれる高速移動アクションである。主人公のサムが身につけているのは、攻撃力や機動力、情報処理能力など戦闘に関する能力を高めてくれるバトルスーツARS(Augmented Reaction Suit System)だ。

その能力のひとつが先ほどの「ブースト」で、十数秒というわずかな時間ではあるが高速でスライディングしながら移動することができる。身を隠しながら戦うよりも、脇から敵陣に回り込み裏取りしながら攻撃を加えるといった、かなり攻めたバトルが楽しめる。

戦場を高速移動できる「ブースト」。
戦場を高速移動できる「ブースト」。

もうひとつのユニークなアクションが、「ARモード」だ。こちらは、致命的なダメージを受けたときに自動で発動されるモードで、時間の流れがゆるやかに感じられるようになる。その間に、安全な場所へ退避したり、敵の急所に狙いを定めてダメージを与えたりといったプレイが可能となっているのだ。

「ARモード」は任意に起動することも可能。発動中は時間の流れが遅く感じられるようになり、狙いも定めやすくなる。
「ARモード」は任意に起動することも可能。発動中は時間の流れが遅く感じられるようになり、狙いも定めやすくなる。

基本的に部隊のひとりとして行動していくことになるのだが、ときおり仲間がダメージを負って助けを求めてくるときがある。そこですかさず「ブースト」でかけより回復してあげることで、武器がもらえるところもチーム感があり面白い。

負傷中の仲間には救急マークのようなものが表示されている。駆け寄って助けてあげよう。
負傷中の仲間には救急マークのようなものが表示されている。駆け寄って助けてあげよう。

武器は3種類までの銃と、投げ物系のサブ武器を切り替えながら戦うことができる。戦場では、「アサルトライフル」や「ショットガン」、「スナイパーライフル」など様々な武器を入手することができ、用途に合わせてこれらを使い分けていくことができるのだ。

ちなみに今回のPS4版では、オリジナル版でダウンロードコンテンツとして有償配信されていた特殊武器 の「ブーストマシンガン」「レーザーキャノン」「アンチアーマーピストル」がいきなり使えるようになっているところもポイントである。

「ブーストマシンガン」は、軽車両や航空機などを攻撃するための武器だ。マシンガンの弾丸をアサルトライフル並の速度で撃ち込むことができる。「レーザーキャノン」は、宇宙軍用艦に搭載されているレーザーを歩兵向けに縮小した武器だ。「アンチアーマーピストル」は、強固な装甲を持つ敵に対して高い貫通性能を持たせた武器である。アーマー系の敵にサクサクダメージを与えていくことができるので、常に携帯しておきたい武器のひとつといえそうだ。

遮蔽物に隠れた敵にも「アンチアーマーピストル」がよく効く!
遮蔽物に隠れた敵にも「アンチアーマーピストル」がよく効く!

やや複雑なアクション操作が多いゲームだが、最初にチュートリアルモードが用意されているため、ほとんどの操作系やゲームに必要な情報はそちらで学ぶことができる。慣れないうちは戸惑うかもしれないが、自由自在に駆け巡り攻めていくタイプのシューティングゲームは、病みつきになってしまうこと間違いなしだ。

今遊んでも10年前の作品とは思えないレベルのクオリティ!
今遊んでも10年前の作品とは思えないレベルのクオリティ!

「十年一昔」という言葉があるが、これは10年をひと区切りにして世の中の移り変わりが激しいことを表している。ゲーム業界も同様に、マシンの性能やゲームのクオリティも日々進化をし続けている。そのため、「10年も前のゲーム?」と思われるかもしれないが、今回発売された「BAYONETTA&VANQUISH」の2本は、今遊んでも最近のゲームとまったく遜色ないレベルの作品だ。

これは、それぞれが元々持っているクオリティの高さからくるものである。以前両作を遊んだことがある人は、昔を思い出しながらプレイするのもいいだろう。まだ遊んだことがないなら、お手頃な値段で2種類ものゲームが遊べるのはかなりリーズナブルに感じると思うので、ぜひこの機会に両作の素晴らしさに触れてみてほしい。

BAYONETTA&VANQUISH

セガ

PS4パッケージ

  • 発売日:2020年5月28日
  • 価格:3,990円(税別)
  • 17歳以上対象
BAYONETTA&VANQUISH

BAYONETTA&VANQUISH

セガ

PS4ダウンロード

  • 発売日:2020年5月28日
  • 価格:3,990円(税別)
  • 17歳以上対象

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(17枚)

(C)SEGA

※画面は開発中のものです。

関連ワード

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

BAYONETTA&VANQUISH

クライマックス・アクション/シューティング・アクション
  • セガ特集ページ
  • プリコネR特集
  • セール情報
  • Figgy

人気記事ランキング

RANKING

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
6月30日(木)
EVE ghost enemies
EVE ghost enemies 初回限定版
Ghostrunner: Complete Edition
INFINITY SOULS
Mad Games Tycoon
Mad Tower Tycoon
SAMURAI X - 十刀流のサムライ
The Lord of the Parties
7月1日(金)
EA SPORTS F1 22
アーキタイプ・アーカディア
7月4日(月)
大盛グルメ食堂
常夏プールパレス
開店デパート日記
7月6日(水)
Arcadegeddon
7月7日(木)
アーケードアーカイブス ラビオレプス
デビラビローグ
ボクらのサマースポーツ
マッチポイント:テニスチャンピオンシップ
マッチポイント:テニスチャンピオンシップ レジェンドエディション
レッツプレイ!オインクゲームズ
僕の彼女は人魚姫!?Refine My Girlfriend is a Mermaid!?
僕の彼女は人魚姫!?Refine My Girlfriend is a Mermaid!? 限定版
大分・別府ミステリー案内 歪んだ竹灯篭
風のクロノア 1&2アンコール
風のクロノア 1&2アンコール Digital Deluxe Edition
7月14日(木)
Outward Definitive Edition
Outward DMM GAMES THE BEST
Wreckfest
シューフォーズ
チキップダンサーズ ノリノリダンスでこころもおどる
ノゾムキミノミライ
パスカルズ・ウェイジャー ディフィニティブ・エディション
フィスト 紅蓮城の闇
ボクらの消しゴム落とし新学期+オールシーズンエンジョイセット
7月15日(金)
パワーウォッシュ シミュレーター
7月19日(火)
エンドリング - エクスティンクション イズ フォーエバー
ゴーストスクランブル
7月21日(木)
Bright Memory: Infinite
くにおくんの三国志だよ全員集合!
チェルシーさんは7の魔神をブッ殺さねばならない。
ハッピーダンガンロンパS 超高校級の南国サイコロ合宿
マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス
信長の野望・新生
信長の野望・新生 Digital Deluxe Edition
信長の野望・新生 TREASURE BOX
信長の野望・新生 TREASURE BOX 暖簾&信長愛刀セット付き
信長の野望・新生 限定セットA
信長の野望・新生 限定セットB
信長の野望・新生 限定セットC