スパイク・チュンソフトは、2022年1月13日に発売予定のNintendo Switch版「ダイイングライト プラチナエディション」について、本日12月9日よりダウンロード版のプレオーダーを開始した。

これにあわせて、本作に収録されるこれまでダウンロードコンテンツとして配信されてきたコンテンツの特徴などが新たなゲーム画面と共に紹介されているので、ぜひチェックしておこう。

ダウンロード版予約購入受付期間:2021年12月9日から2022年1月12日まで

ニンテンドーeショップ「ダイイングライト プラチナエディション」
https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000045197.html

これまで発売されたDLCをすべて収録!そのゲーム画面を新たに公開!

「The Following(ザ・フォロイング)」

ダイイングライト本編の後の物語が描かれる追加シナリオです。ゾンビが蔓延する都市「ハラン」の郊外である広大な平野を舞台に、ゾンビウィルスに感染したカルト集団の秘密に迫るストーリーが展開されます。

新たな武器や装備だけでなく、移動手段としてバギーが新たに登場。バギーはカスタマイズ可能で銃火器やUVライト、火炎放射器などを武装できるほか、専用のスキルツリーが用意され、できる行動が増えていきます。

「Hellraid(ヘルレイド)」

ダークファンタジー風の世界観で、ハック&スラッシュのようなゲームプレイが特徴の追加コンテンツです。ハランにあるタワーの地下で発見された謎のアーケードゲーム機からゲームプレイを開始できます。

Hellraidでは、中世ヨーロッパ風の武器やスケルトン兵士などの敵が新たに登場。「Hellraidランク」が上がると、道中で手に入る剣や斧、ハンマーなどの武器性能が向上していきます。本編とは雰囲気の異なるゲームプレイをお楽しみいただけます。

「The Bozak Horde(ザ・ボザック・ホード)」

独自のサイドストーリーが楽しめる、高難度の上級モードを追加します。ハランのランドマークやスタジアムを舞台に、ゾンビの大群との戦闘を楽しめます。

「Cuisine & Cargo(食事&貨物チャレンジ)」

ハランに大量のゾンビが群がる2つの隔離ゾーンを追加。以前は人で賑わっていたレストランが舞台の食事チャレンジと、廃棄された操車場内が舞台の貨物チャレンジをお楽しみいただけます。

17種類のスキンバンドル

主人公の外見を変更できる17種類のスキンバンドルを収録。荒廃したハランにぴったりのポストアポカリプスな服装はもちろん、カウボーイスタイルやバイキングの鎧兜など、多彩なスキンを用意しています。

・Ultimate Survivorバンドル
・Crash Test Skinパック
・5th Anniversaryバンドル
・Harran Rangerバンドル
・Gun Psychoバンドル
・Volatile Hunterバンドル
・White Deathバンドル
・Vintage Gunslingerバンドル
・Rais Eliteバンドル
・Godfatherバンドル
・Harran Inmateバンドル
・Retrowaveバンドル
・SHU Warriorバンドル
・Volkan Combat Armorバンドル
・Classified Operationバンドル
・Viking: Raiders of Harranバンドル
・Harran Tactical Unitバンドル

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー