room6は、Nintendo Switch版「ghostpia シーズンワン」の配信を2023年3月23日より開始すると発表した。価格は2,300円(税込)。

目次
  1. ストーリー
  2. 見て、触って感じるノスタルジア
  3. 予約セールでいち早くghostpiaの世界へ
  4. ゲーム基本情報

「ghostpia シーズンワン」は、絵本のような温かみのあるヴィジュアルと、グリッチとノイズに彩られた表現が特徴のヴィジュアルノベルだ。物語の舞台は、不死の「幽霊」たちが住む雪深い町。この町に暮らす孤独な少女「小夜子」が、新入りの幽霊「ヨル」と出会ったことで、停滞した世界である幽霊の町に、さまざまな事件が起こる。

本作にはQTEも分岐も無く、その分のリソースが、一本のシナリオを徹底的にブラッシュアップするために注ぎ込まれている。かわいらしいキャラクターたちが繰り広げる、優しくてときどき刺激的な、無残なかわいさとさびしい暴力の物語を楽しもう。

ストアページは3月16日にオープン。発売を記念して、15%オフの予約セールがリリース当日の3月23日まで実施予定だ。

以下、発表情報をそのまま掲載しています

ストーリー

雪に閉ざされた終着駅の町。短い昼が終わると、町にあふれるのは幽霊たち。でも、ほんとうの幽霊じゃなくて、不死身の自分たちをそう呼んでみているだけだった。幽霊の理想郷。誰かがそう言っていた。

「でもどうだろう、ただのごちゃまぜの町でしかないような気がするな」

彼女──小夜子は、そう思っていたけれど。この町で暮らす小夜子は、新入りのちょっと不思議な女の子「ヨル」とルームシェア中。小夜子は故郷に帰りたかった。誰も超えたことのない、町を囲む雪の砂漠を越えて、あるかもわからない故郷へ。忘れていた「大事なこと」を思い出したかった。それが夢だった。

どこにも行けないこの町で、いろいろできないわたしは夢みる。

見て、触って感じるノスタルジア

「ghostpia シーズンワン」はヴィジュアルノベルの形式を踏襲しつつ、アートや音楽などこだわりの表現を追求した作品です。その一つが、どこか懐かしいグリッチやノイズの描写。まるでブラウン管テレビのようにざらついた風合いが、モニター1枚隔てた世界の物語をレトロな空気感で描き出します。

また、操作面でも古いビデオデッキをイメージした触り心地を実現。「巻き戻し」「早送り」機能を使い、お気に入りのビデオを繰り返すように快適な視聴体験を味わうことができます。そしてNintendo SwitchハードならではのHD振動が、ストーリーをドラマティックに演出。ノスタルジックな手触りと最新技術の融合で、あなたを遠い終着駅の町へ誘います。

予約セールでいち早くghostpiaの世界へ

「ghostpia シーズンワン」のストアページは3月16日にオープンします。発売を記念して、ストアでは予約セールを実施。3月23日までソフトを15%オフで入手することができ、発売日にはすぐにゲームを遊ぶことができます。この機会に、ぜひ幽霊たちの町へ飛び込んでみてください。

ゲーム基本情報

ghostpia シーズンワン
開発元:超水道
販売元:room6
発売日:2023年3月23日
ジャンル:デンシ・グラフィックノベル
対応言語:日本語/英語
CERO:IARC 16+
プレイ人数:1人
販売価格:2,300円(税込)

公式サイト
https://ghostpia.xyz/

公式Twitter
https://twitter.com/chosuido

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー