Devolver Digitalより2024年4月9日に発売された、PC(Steam)用ソフト「Children of the Sun」のプレイレビューをお届け。

目次
  1. プレイ画面とあわせてゲームの流れを紹介
  2. 曲げて、加速して、貫いて。独特な弾丸操作アクション
  3. カルト教団の恐怖をありありと描いた考察しがいのあるストーリー

“狙撃”というアクションは、昔から根強い人気を持つアクションである。

遠方からスコープを覗き、銃弾の落下距離や風向き、遮蔽物に狙撃対象の装備状況など、様々な要素を計算しながら一発で敵をしとめる。派手さこそないが、狙撃にしかないシンプルな魅力が人々を惹きつけてやまないのだろう。

本作は、ドイツのインディーディベロッパー・René Rother(レネ・ロゼー)が開発する狙撃を題材にしたシューティングパズルゲームで、たった一人の少女がカルト教団を相手に狙撃銃だけで立ち向かっていく物語が描かれている。

ワンショット・“オールキル”狙撃アクション「Children of the Sun」プレイレビュー:銃弾を念力で操り一発の弾丸で敵を殲滅せよの画像
ワンショット・“オールキル”狙撃アクション「Children of the Sun」プレイレビュー:銃弾を念力で操り一発の弾丸で敵を殲滅せよの画像

また、「使用できる弾丸が一発だけ」というのも本作の大きな特徴だ。一発だけでどうやって敵の集団を倒すのか。それは少女の持つ“念力”によって放った弾丸を操作し、鉛弾を屈折、加速させながら複雑な弾道を描き、敵を殲滅していくのである。

なんて、ちょっとロマンチックに書いてみたが、“狙撃”アクションと“弾丸操作”アクションの相性は抜群で、この組み合わせも昔から根強く人気のジャンルだと思う。本作では、色々な漫画に登場するヒーローのように、弾丸操作と弾道計算をリンクさせながら敵を倒すアクションが楽しめる、というわけ。

クリア画面で、どういった弾道を取ったか上から見れるようになっている。
クリア画面で、どういった弾道を取ったか上から見れるようになっている。

本レビューでは、本作で楽しめる独特な弾道計算の一部をお見せしつつ、独自の爽快感や楽しいポイントを紹介していこうと思う。

プレイ画面とあわせてゲームの流れを紹介

早速、実際の画面を見せながら、本作の大まかな流れを紹介していく。非常にシンプルなゲームではあるので、見てもらえればどういうゲームかお分かりいただけることだろう。

本作の基本的なゲームプレイは、大まかに分けると以下の3ステップで構成されている。

  1. 敵をマーキングする
  2. 弾道を考える
  3. 射撃

これらの操作を、プレイフィールを交えながら一つずつ見ていこう。

ワンショット・“オールキル”狙撃アクション「Children of the Sun」プレイレビュー:銃弾を念力で操り一発の弾丸で敵を殲滅せよの画像

最初に行う「敵をマーキングする」という操作は、敵にタグをつけて現在位置をわかりやすく表示するための機能だ。スナイパー系のゲームをよくプレイする人にはおなじみの機能だろう。

マーキングをするには敵を視認した状態でなくてはならず、死角にいる敵はマーキングできないようになっている。ただ、死角にいる敵でも弾丸が一度ヒットしたらマーキングが自動でつくようになっているので、トライ&エラーを繰り返しながら敵を探していくのも一つの醍醐味だった。敵の導線がしっかり作りこまれていたので、何回か試行していけば自然と全敵キャラクターの位置がわかるようになっていたのも評価ポイントである。

ワンショット・“オールキル”狙撃アクション「Children of the Sun」プレイレビュー:銃弾を念力で操り一発の弾丸で敵を殲滅せよの画像

続いての弾道を考える、というのは、読んで字のごとくどういったルート取りをするかを思考するフェーズだ。本作の最も“味わい深い”部分と言ってもいいだろう。マーキングした敵の位置関係を考えながら、どういった順番で敵を倒すか考えるのだが、車を爆発させて敵を巻き込んだり、遮蔽物を迂回したりと、倒し方も十人十色であるため、プレイヤーの想像力次第で無限通りの解答が生まれる。

実際にプラン通りにプレイできると非常に爽快感があるので、じっくり作戦を考えながら遊ぶのがオススメだ。

爆発に巻き込むのは“同時キル”という加点項目でもあるので、ハイスコアを目指すならぜひ狙いたい。
爆発に巻き込むのは“同時キル”という加点項目でもあるので、ハイスコアを目指すならぜひ狙いたい。

その後、射出した弾丸をうまい具合に操作して敵を殲滅すればクリアなわけだが、ここで注目したいのが任意クリアのサブミッションである。本作におけるサブミッションは「クリアしなくても問題ないが、クリアするとより高得点がもらえる」という位置づけになっている。

「燃油の炎は世界を紅く染め上げる=灯油缶の爆発で敵を倒せ」いったように少し暗号めいた記述になっているので、読解して「こういう事かな」というのを試していく必要がある。逆に、気づいたらクリアしていたという(筆者のような)パターンもあるが、ただクリアするだけでなくエンドコンテンツ的に遊べる要素があるのは好感触だ。

こちらのサブミッション「一発二滅」なら、一回の方向転換で2人を同時キルすることが目標、という具合だ。
こちらのサブミッション「一発二滅」なら、一回の方向転換で2人を同時キルすることが目標、という具合だ。

基本的なゲームの流れは以上なのだが、計画→実行までのプロセスを手軽に何度も試しながら正解までたどり着くという基本的なゲーム設計が面白く、一度クリアしたステージでも“より綺麗に”クリアする遊び方ができるので、リプレイ性も高い。

さらに、本作はオンラインでほかの人のスコアと比較できるランキング機能もあるので、何回でも挑戦したくなるような作りになっていると感じた。凝り性の人ならかなりハマって遊べるのではないだろうか。

1位の人はどういう弾道なのか皆目見当がつかない。リプレイを見れる機能などが実装されるとより面白そうだ。
1位の人はどういう弾道なのか皆目見当がつかない。リプレイを見れる機能などが実装されるとより面白そうだ。

曲げて、加速して、貫いて。独特な弾丸操作アクション

続いて、実際の狙撃アクションについて詳しく見ていこう。本作では、撃った弾丸をカメラが追いかけて、その間にプレイヤーの操作を受け付けている。イメージ的には、FPSなどでよくあるキルカメラに近い。

しかし、物語序盤では、主人公が目覚めている能力は「当たった弾丸を別の方向に屈折させる」能力のみとなっており、撃った弾丸を特に操作することはできない。逆説的に、敵に当てないと弾丸を曲げられないので、慎重なルート選択が重要だ。

敵にヒットした地点から
敵にヒットした地点から
再度方向を変えて発射できる。
再度方向を変えて発射できる。

物語を進めていくと、主人公の能力が目覚めていき、色々なアクションが解禁されていく。最初は、撃った弾丸を少しだけカーブさせることが可能となる。カーブさせる方向を選ぶ間は時間がゆっくりになるので、瞬発的なエイム力に自信がない人でも安心だ。

ワンショット・“オールキル”狙撃アクション「Children of the Sun」プレイレビュー:銃弾を念力で操り一発の弾丸で敵を殲滅せよの画像

そのほかに面白かった能力としては、敵の弱点に2回当てることで発動できる撃った弾丸の屈折能力だ。こちらは敵に当てなくても空中で好きな角度に弾丸を曲げることができる能力となっている。

非常に強力な能力だが、「弱点に当てないと発動しない」という制限が本作の巧いところで、どの弱点持ちの敵から狙うか、という要素が作戦立案に絡んでくる。どのように曲げるかも含めて、ルート取りの幅を大きく広げている要素だと感じた。

このように、体の一部が光っている敵がいる。この敵の場合は頭が弱点。
このように、体の一部が光っている敵がいる。この敵の場合は頭が弱点。
ワンショット・“オールキル”狙撃アクション「Children of the Sun」プレイレビュー:銃弾を念力で操り一発の弾丸で敵を殲滅せよの画像
ワンショット・“オールキル”狙撃アクション「Children of the Sun」プレイレビュー:銃弾を念力で操り一発の弾丸で敵を殲滅せよの画像
写真だとややわかりづらいが、空中で停止・再発射が可能となる。
写真だとややわかりづらいが、空中で停止・再発射が可能となる。

カルト教団の恐怖をありありと描いた考察しがいのあるストーリー

最後に、本作のストーリーを簡単に紹介したいと思う。といっても、本作のストーリーは作中で多くは語られず、断片的に狂気的な映像が流れるのみとなっている。

ワンショット・“オールキル”狙撃アクション「Children of the Sun」プレイレビュー:銃弾を念力で操り一発の弾丸で敵を殲滅せよの画像
ワンショット・“オールキル”狙撃アクション「Children of the Sun」プレイレビュー:銃弾を念力で操り一発の弾丸で敵を殲滅せよの画像
ワンショット・“オールキル”狙撃アクション「Children of the Sun」プレイレビュー:銃弾を念力で操り一発の弾丸で敵を殲滅せよの画像
ワンショット・“オールキル”狙撃アクション「Children of the Sun」プレイレビュー:銃弾を念力で操り一発の弾丸で敵を殲滅せよの画像

だが、この演出が逆にカルト教団の言い表せない不気味さや、主人公が抱えている狂気、より際立った残忍な描写につながっていると思う。プレイヤーに“想像させる”プロセスを挟むことで、描かれていない部分まで想像の余地を広げられている感覚があった。エンディングも考えさせられる内容となっていたので、ぜひ最後まで目を通してみてもらいたいところである。

ワンショット・“オールキル”狙撃アクション「Children of the Sun」プレイレビュー:銃弾を念力で操り一発の弾丸で敵を殲滅せよの画像

演出という意味では、狙撃アクションのみならず、ステージを歩きながら主人公の過去回想をさせるものや、銃の整備に見立てたミニゲームなど、プレイヤーを飽きさせない工夫を随所に感じた。先述した、徐々に念力アクションが解放されていくというのも、この一つだろう。

ワンショット・“オールキル”狙撃アクション「Children of the Sun」プレイレビュー:銃弾を念力で操り一発の弾丸で敵を殲滅せよの画像
ワンショット・“オールキル”狙撃アクション「Children of the Sun」プレイレビュー:銃弾を念力で操り一発の弾丸で敵を殲滅せよの画像
ワンショット・“オールキル”狙撃アクション「Children of the Sun」プレイレビュー:銃弾を念力で操り一発の弾丸で敵を殲滅せよの画像

総評として、狙撃+パズルという一点突破の作品ながら、念力アクションと随所に見られる演出の工夫によって、クリアまで飽きさせずにプレイヤーを楽しませてくれる作品だと思う。クリア時間は、こういった作品に慣れている人で3~5時間ほどのボリュームではあるが、サブミッションも含めたコンプリート、ひいてはオンラインランキング1位を目指そうとすると、さらにボリュームは増していく。

狙撃アクションが好きな人は買って損のない作品だと思うので、気になった人はSteamのストアページをチェックしてみてほしい。

ワンショット・“オールキル”狙撃アクション「Children of the Sun」プレイレビュー:銃弾を念力で操り一発の弾丸で敵を殲滅せよの画像

格闘ゲーム好きなフリーライター。ファミコンからPS5まで、幅広くゲームを遊んでいます。思い出深いゲームは「ペルソナ4」や「サクラ大戦2」、「GUILTY GEAR Xrd REV 2」「戦場のヴァルキュリア」です。ゲームをプレイするときは、グラフィックなどより、ゲームの独自性や“ならでは”の部分、やりこみ要素などに注目しがちです。コンボができるゲームは無条件で面白いと思ってます。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

Children of the Sun公式サイト
関連ワード プレイレポート