音楽ゲーム「RainyWave」が、iOS向けにリリースされた。

目次
  1. RainyWaveの特徴
  2. RainyWaveの市場戦略と展望
  3. RainyWaveの未来

「RainyWave」は、Akai MPCライクなUIを採用した、プレイヤーが実際のフィンガードラム技術を学んで楽しめる音楽ゲームだ。従来の音楽ゲームのようにタイミングよく画面を押してドラムサウンドを鳴らす「ゲームモード」と、実際のMPCと同様にパッドを叩いたタイミングでドラムサウンドが鳴り、リアルな演奏体験ができる「楽曲モード」が用意されている。

オリジナルトラックの作成機能で自分だけの楽曲を作成できるほか、Discordコミュニティを通じて他のユーザーと交流し、共同での楽曲制作も楽しめる。MIDIパッドを接続し、実際のMPCを使用してプレイすることも可能だ。

フィンガードラム技術を学んで楽しめる音楽ゲーム「RainyWave」がiOS向けに配信!実際のMPCを使用してのプレイも可能の画像
フィンガードラム技術を学んで楽しめる音楽ゲーム「RainyWave」がiOS向けに配信!実際のMPCを使用してのプレイも可能の画像
フィンガードラム技術を学んで楽しめる音楽ゲーム「RainyWave」がiOS向けに配信!実際のMPCを使用してのプレイも可能の画像

以下、発表情報をもとに掲載しています

RainyWaveの特徴

直感的なUIと操作性

Akai MPCを模倣したユーザーインターフェースにより、フィンガードラムのプレイをリアルに体験可能。3種類のプリセット配列とカスタム配列で、プレイヤーのスキルレベルに合わせた操作が可能です。

二つのゲームモード

ゲームモード

従来の音楽ゲームのようにタイミングよく画面を押すことでドラムサウンドが自動的に鳴るモード。

楽曲モード

実際のMPCと同様に、パッドを叩いたタイミングでドラムサウンドが鳴り、リアルな演奏体験が可能。

学習と成長のサポート

ゲーム内のTipsを通じて、プレイ中にフィンガードラムのテクニックや用語を自然に学べる設計。オリジナルトラックの作成機能により、ユーザーは自分だけの楽曲を作成し、練習することができます。

コミュニティと共有

RainyWaveで作成したトラックは簡単に共有可能。Discordコミュニティを通じて他のユーザーと交流し、共同で楽曲制作を楽しむことができます。作成したトラックの共有や他のユーザーのトラックをプレイするためには、定額制の課金が必要です。

リアルな体験の提供

MIDIパッドの接続が可能で、実際のMPCを使用してRainyWaveを楽しむこともできます。

RainyWaveの市場戦略と展望

RainyWaveは、既存の音楽ゲームプレイヤーだけでなく、音楽制作に興味のある人々をターゲットとしています。高価な機材を購入する前に、無料で本格的なフィンガードラムの体験ができる点が魅力です。

今後、RainyWaveは楽曲作成コンテストを開催し、受賞作をゲーム内でプレイできるようにすることで、ユーザーの創造性を促進し、コミュニティの活性化を図ります。また、新曲の定期的な提供や、ユーザーフィードバックを反映した機能改善を通じて、持続的なユーザーエンゲージメントを目指します。

RainyWaveの未来

RainyWaveは、オンラインだけでなくリアルイベントの実施を視野に入れており、ゲームを通じたコミュニティの形成を目指しています。これにより、ユーザーはオンラインとオフラインの両方でRainyWaveを楽しむことができ、フィンガードラムのスキルを高めるだけでなく、新たな音楽制作の可能性を広げることができます。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード 新作