本日7月10日から10月14日まで日本科学未来館で開催される特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」。開催に先駆けて行われた、メディア内覧会の模様をレポートする。

目次
  1. 開会式には「ふな正」所有者の審神者・ふなっしーさんも登場!
  2. 時間遡行軍と実際に戦える展示も!?特別展の内容を紹介

開会式には「ふな正」所有者の審神者・ふなっしーさんも登場!

今回の特別展は、現代まで紡がれてきた日本刀の技術や文化を刀剣男士とともに楽しみながら学べる内容となっている。詳しくは記事の後半で紹介するが、日本刀ができるまでの工程や刀の見方のほか、3D映像やモーションキャプチャーといった最新技術を活用した日本科学未来館ならではの展示が多数用意されていた。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

開会式には、日本科学未来館 副館長の伊藤洋一氏、「刀剣乱舞」原作プロデューサーのでじたろう氏、「刀剣乱舞ONLINE」開発プロデューサーの伊藤正和氏が登壇した。

伊藤洋一氏は、日本科学未来館で行われている展示やイベントについて「未来の実現に向けて取り組む人々と来館者が接触することで、新たなアイディアやイノベーションが生まれることを目指している」と紹介。今回の特別展もその一つで、昨今の日本刀ブームの先駆けになった「刀剣乱舞ONLINE」とタッグを組むことで、日本刀について学ぶ機会を作るのはもちろん、現代まで受け継がれてきた日本独自の技術・歴史・文化、そしてさまざまな知見を学べる機会を作りたいと語った。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

「刀剣乱舞ONLINE」宣伝隊長であるおっきいこんのすけと一緒に登場したでじたろう氏は、現在も200万振以上が現存する日本刀の魅力を「日本刀には日本人の心を惹き付ける美しさがあり、科学的な側面から見ても人と技術が存在していたことを示す重要な物証」と熱弁。また、日本刀は日本人とともに在り続けると考えており、そうしたところから「日本刀は歴史をどう見ていて、これからの未来をどのように見るのか」という着想を得て「刀剣乱舞」が生まれたと明かした。

今年で9周年を迎える「刀剣乱舞」は、これまで全国30都府県で133回もモチーフとなった日本刀とコラボを行ってきた。でじたろう氏も現地に赴く中で、コラボだからこそ初めて博物館に来た、日本刀を見たという声を多く聞いたそうだ。そうしたことを受け、「刀剣乱舞」は日本刀の未来をつなぐ一助になれるのではないかという想いから、今回の特別展が企画されたのだという。

また、本展示は子どもたちにわかりやすい内容であることが重視されており、将来を担う子供たちが日本刀について知り、日本刀の未来がさらにつながれていくことがねらいとなっているそうだ。でじたろう氏は「人1人が生きる時間は短いが、物や技術、想いは未来につなげていくことができる。皆で力を合わせて日本刀を未来に継承していきたい」と語った。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

伊藤正和氏からは、本展示の見どころが紹介された。展示会では、日本刀の歴史や技術、文化をきゅうのすけとともに学べるだけでなく、ゲームでおなじみの鍛刀などを実際に疑似体験できる。「本展示が歴史を学ぶことの楽しさになれば」という言葉で挨拶が締めくくられた。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

さらに、特別応援ゲストとして船橋市非公認キャラクター・ふなっしーさんも登場。YouTubeで見た妖刀・村正に魅せられたことがきっかけで刀剣収集を始め、現在は約70振を所持しているというふなっしーさんは、これまでも「刀剣乱舞」とのコラボを行ってきた。

こうした関わりについて、ふなっしーさんは「うれしいなしな」と喜びをにじませつつ、日本刀は日本の歴史そのもの。その歴史をつないでいくために「刀剣乱舞」や今回の展示をきっかけにして日本刀のことをもっとよく知ってもらい、次の世代につなげていってほしいと熱弁した。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

開会式の最後には、伊藤洋一氏、でじたろう氏、伊藤正和氏、ふなっしーさん、そしておっきいこんのすけによるテープカットが行われた。ふなっしーさんのはさみは特別仕様(植木バサミ)となっており、会場に笑いが零れる一幕もあった。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

時間遡行軍と実際に戦える展示も!?特別展の内容を紹介

開会式の後にはメディア向けの内覧会が実施され、ひと足先に展示の鑑賞や体験を行うことができた。ここでは写真を交えながら、特別展の内容をお届けしていこう。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

入口では、今回のナビゲートキャラクターであるきゅうのすけと、「御伴散歩 きつね装備」の姿になった始まりの五振りと三日月宗近がお出迎え。今回の展示では、かっこいい刀博士を目指すきゅうのすけとともに「謎めき、煌めき、日本刀、刀剣きゅー!」を合言葉に、日本刀のことを学んでいくそうだ。きゅうのすけは三日月宗近から何やら助言ももらっている様子。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

展示は大きく5つの間に分かれており、それぞれの空間で日本刀の歴史や技術を知ることができる。

第1の間「日本刀ってなに?」では、日本刀を持っていた武将や歴史上の人物、時代、刀工など、日本刀の基礎知識が紹介されている。各時代の特徴に当てはまる日本刀のピースをはめるパズルや、戦国武将と縁深い刀剣男士によるクイズなどが用意されており、日本刀になじみがない人でも気軽に楽しめる内容となっていた。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

第2の間「日本刀ができるまで」は、日本刀づくりのうちの5つの工程を疑似体験できる展示が用意されている。木炭や玉鋼といったおなじみの資材に触れたり、ハンマーでボタンを叩いて鍛錬したりといった体験型の展示が豊富となっており、筆者もつい時間を忘れて楽しんでしまった。

普段何気なく眺めている鍛刀画面で行われている工程や、鍛刀イベントのたびに必死にかき集める資材がどのようにして日本刀になるのかを体感できるので、ゲームの解像度もより高まるのではないだろうか。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

刀づくりがテーマの空間ということもあってか、第2の間には水心子正秀や源清麿、南海太郎朝尊のパネルも展示されている。彼らならではの台詞も要チェックだ。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

第3の間「日本刀を観察」では、実際に日本刀を観察したり、日本最大級の大太刀・祢々切丸の重さを体感できたりするコーナーが用意されている。「日本刀の学び方道場」では、本物そっくりに作られた模型刀の三日月宗近と山姥切国広を実際に触りながら、日本刀のパーツや刀文などの見方を学ぶことが可能だ。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

また、ゲーム内では傷ついた刀剣男士を回復する「手入れ」の方法も紹介されている。実際の手入れの様子を見ると、「審神者は普段これで刀剣男士たちを手入れしているのか……」と思わずニヤリとしてしまうことだろう。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

ほかにも、「加州清光を解析」といった日本未来科学館らしい科学的な展示や、日本刀の柄の部分を持てるコーナーも用意されている。日本刀の美しさや実際の重さ・長さなどを実際に味わえるので、より日本刀との距離が近くなるような展示となっていた。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

第4の間「日本刀を体感」は、武器としての日本刀の側面が強く押し出されたコーナーとなっている。剣術の道場「天然理心流 試衛館」師範の剣術を3Dの加州清光がお手本として見せてくれる展示では、モーションキャプチャーを使ったリアリティ溢れる動きをその目で見ることができる。沖田総司が使っていた剣術の動きを加州清光が再現するというだけでも胸が熱くなるが、その再現性の高さにも惚れ惚れしてしまうことだろう。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

加州清光による剣術を見た後は、その動きを活用して鶴丸国永とともに時間遡行軍と戦える。ここでは、おもちゃの日本刀を構えて3体の時間遡行軍を倒していく。いつもは戦いを眺めていることしかできない分、日頃自分の刀剣男士たちがボコボコにされている鬱憤を晴らすことができるだろう。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

最後の間である「日本刀の未来」で出迎えてくれるのは、今回の特別展で初お披露目となる作刀プロジェクト「今剣」だ。物語の中にしか存在しない今剣を刀匠が想像して作刀したものとなっており、ここでは今剣(極)の特別ボイスとともに実物を鑑賞することができる。

刀そのものの美しさもさることながら、今回のプロジェクトの経緯を紹介し「僕の友達はかっこいいでしょう!」と語る今剣(極)のボイスも胸を打つものがあり、筆者は取材中ながらつい涙ぐんでしまった。あくまで個人的な感想だが、今剣の修行を終えた審神者にこそぜひ見てほしい展示だ。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
過去の作刀プロジェクトの紹介もされており、こうしたところからも「刀剣乱舞」の紡いできた歴史が窺える
過去の作刀プロジェクトの紹介もされており、こうしたところからも「刀剣乱舞」の紡いできた歴史が窺える

展示の最後には、なんと「オリジナル刀剣男士」を作れるコーナーが。ここでは、パンフレットに描いた刃文を機械に読み込ませ、好きな刀剣男士や色、刀種を選ぶことで好みの刀剣男士を顕現することができる。顕現した刀剣男士はスクリーン上に映し出されるため、自分のオリジナル刀剣男士を確認できるのはもちろん、ほかの審神者のオリジナル刀剣男士を見ることも可能だ。

オリジナル刀剣男士を作成した後は画像を取得できるQRコードももらえるため、家に帰ってもオリジナル刀剣男士を眺められるのもうれしい。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

なお、会場内にはあちこちに「御伴散歩 きつね装備」の姿の刀剣男士が隠れている。わかりやすい場所にいることが多いが、展示に熱中しているとつい見逃してしまうこともあるため、こちらも忘れずにチェックしたい。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

本展示は日本刀の過去や現在をしっかりと学べるだけでなく、「今を生きる人間の一人として、日本刀の未来をどのように受け継いでいくか」を考えさせられるものとなっていた。「刀剣乱舞」でもしばしば過去・現在・未来の在り方について問われたり、刀剣男士自身がそうしたことに悩む姿を見たりしていることもあり、そうしたメッセージ性との親和性も高かったのだと思う。

夏の連隊戦で大忙しの審神者も、リフレッシュを兼ねて一度足を運んでみるといいだろう。

特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像
特別展「刀剣乱舞で学ぶ日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-」をレポート!作刀プロジェクトで生まれた「今剣」や加州清光の剣術が見られる展示もの画像

特別展「刀剣乱舞で学ぶ 日本刀と未来展 ‐刀剣男子のひみつ‐」公式サイト
https://www.miraikan.jst.go.jp/exhibitions/spexhibition/tokenranbu.html

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー