【JAEPO 2016】2丁のスナップブレードを使いこなし、協力して巨人を駆逐せよ!AC「進撃の巨人 TEAM BATTLE」ステージレポート

【JAEPO 2016】2丁のスナップブレードを使いこなし、協力して巨人を駆逐せよ!AC「進撃の巨人 TEAM BATTLE」ステージレポート

アーケード

担当:

カプコンは、2016年2月19日・20日に千葉・メッセにて開催中の「ジャパン アミューズメント エキスポ2016」において、アーケード向けオンライン協力アクションゲーム「進撃の巨人 TEAM BATTLE」のステージイベントを開催した。

「進撃の巨人」は、別冊少年マガジンにて連載中の諫山創氏によるコミックで、巨人と人類の壮絶な戦いを描いた、既に何度もゲーム化がなされている人気作品だ。

今回はカプコンとタッグを組み、オンライン協力アクションゲーム「進撃の巨人 TEAM BATTLE」として、2016年冬の稼働を目指しアーケード向けにリリースされる。

本日行われたステージイベントでは、本作のプロデューサー・今澤健弘氏と、ディレクター・河野禎則ディレクターの2人が登壇。最初に第1弾となるプロモーション映像が公開されたあと、本作の開発経緯やゲームの概要についてのトークが行われた。

左から河野禎則氏、今澤健弘氏

本作の大きな特徴として挙げられるのは、なんといっても原作にも登場する「スナップブレード」を再現したという特殊な形状の大型コントローラー。スナップブレードにはトリガーとアナログスティックが搭載されており、本作の操作は全てこれら2丁のスナップブレードによって行われる。

アナログスティックで立体機動を使うキャラクターを操作しながら、巨人の弱点であるうなじを本体のエイミングで狙うという、いわばアクションゲームとガンシューティングの融合をコンセプトとした、アーケードならではのユニークなデバイスとなっており、開発陣も「やりたいことが直感できる」とその完成度に自信を覗かせていた。

なお、この時のエイミングで用いられる立体機動装置を使うためのアンカーの標準は、それぞれのスナップブレードごとに管理されており、2つのワイヤーを使いこなすことでより高度な立体機動が可能となる。2丁同時のエイミングが苦手なプレイヤー向けに、照準が1つにまとめられる簡易モードも用意されるという。

今回明らかになったゲームモードは、アニメのシーンをプレイヤー同士で協力しながら追体験できる「シチュエーションモード」と、プレイヤーが4対4のチームに別れ、最大8人での対戦を行う「チームマッチ」の2種類だ。

「プレイヤー同士の協力」というのが本作における肝となる要素のようで、学校や仕事の帰りに、気軽に同僚や友人達と一緒にゲームセンターに寄り、皆でワイワイとプレイできるようなゲームを目指して開発が行われているそうだ。

会場では、早速その内の1つである、原作を追体験できるという「ミッションモード」のデモプレイが行われることに。

今回確認できたのは大型巨人の攻撃によって壁に穴が開いてしまい、そこから巨人たちが侵入してくるという序盤の印象的なシーン。プレイヤーが操作するエレンは、立体機動装置を活用して広大な街を自在に飛び回りつつ、表示される指示に従い次々と登場する巨人たちを駆逐していく。

原作同様に巨人にとって最大の弱点である首のうなじだが、暴れ回っている巨人のうなじを直接エイミングして狙うのはなかなか難しい。そこで立体機動装置のワイヤーを活用して一瞬で背後に周りこんで不意をついたり、足を攻撃して動きを止めたところを、仲間たちがうなじを攻撃するといった、チームメンバーとの連携も披露。

プレイ中には巨人に掴まれて動きを止められてしまいヒヤリとする場面もあったのだが、この間に仲間が攻撃を行うことで無事救出に成功。仲間同士で常にフォローしあいながら戦うか、フィールド中を歩きまわる巨人たちを手分けして叩くべきか、プレイヤー同士のチームワークが重要になりそうだ。

さらに巨人たちを倒していくと、今度はステージのボス的な存在として「奇行種」の巨人が登場。奇行種は従来の巨人たちとは行動がまったく異なり、エレンたちに一目もくれず、街を破壊しながら凄まじい速度で走り回っていく。

そこでプレイヤーは立体機動装置を活用し、建物を足場として次々と飛び移って奇行種に追いつくと、背後からうなじを一突きに。華麗なプレイで見事ミッションをクリアし、開発陣からの称賛を浴びていた。

デモプレイの後には河野氏、今澤氏の両名が挨拶し、「プレイヤーの皆さんに喜んでいただけるようなゲームを目指して開発を進めています。稼働が始まった際には、ふるって心臓を捧げていただければ」とコメント。原作への愛も覗かせつつ、来たる2016年冬の稼働に向け、ステージを締めくくった。

ブース全体が壁に囲まれるなど、カプコンブース全体も「進撃の巨人」仕様に。
ほぼ等身大のエレンとリヴァイフィギュアの展示も行われていた。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • フィリスのアトリエ特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
マジシャンズデッド特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る