グルーヴコースター

【JAEPO 2016】「グルーヴコースター3 リンクフィーバー」の稼動日は3月10日!でんぱ組.incとのコラボイベントも発表されたステージイベントをレポート

【JAEPO 2016】「グルーヴコースター3 リンクフィーバー」の稼動日は3月10日!でんぱ組.incとのコラボイベントも発表されたステージイベントをレポート

アーケード

担当:

タイトーは2月20日、幕張メッセにて開催された「ジャパン アミューズメント エキスポ 2016(JAEPO 2016)」にて、「グルーヴコースター3 リンクフィーバー」のステージイベントを実施した。

「グルーヴコースター3 リンクフィーバー」は、現在全国のアミューズメント施設で稼働中の音楽体感アトラクションゲーム「グルーヴコースター2 ヘヴンリーフェスティバル」に大幅バージョンアップを施した、シリーズ最新作だ。新キャラクター「リンカ」の登場や、オンライン対戦の導入などが発表されていたものの、その全貌はまだまだ謎に包まれていた本作。今回のステージイベントでは、その詳細が次々と明らかになった。

オンライン対戦には実力差を解消する仕掛けも

まずはリンカのキャラクターボイスを担当する豊田萌絵さんと、ディレクターの花形琢真氏が登壇すると、早速豊田さん自らがリンカの詳細を説明。このキャラクターはイラストレーター・ヤスダスズヒト氏が描いたもので、ゲーム内でナビゲートを担当するほか、キャラクター名義で楽曲も提供しているとのこと。さらに豊田さんは3月30日に発売となるサウンドトラックに、自身の楽曲が収録されることも明かしていた。

左から豊田萌絵さん、花形琢真氏

続いてはゲストとしてでんぱ組.incの古川未鈴さんが登場。元々リズムゲームが大好きだという古川さんは、「グルーヴコースター」シリーズにも慣れ親しんでおり、夜になると1人でアミューズメント施設に行ってプレイしているとか。また、本シリーズにはでんぱ組.incの楽曲が多数収録されており、「スタッフのみなさんがすごく愛してくれているんです!」と感謝の気持ちを伝えた。また、花形氏は積極的にでんぱ組.incのライブへ足を運んでいるエピソードも披露していた。

古川未鈴さん(中央)

そんな3人が揃ったところで、最新作の新機能に関する紹介がスタート。「グルーヴコースター3 リンクフィーバー」の特徴は、なんといってもオンライン対戦を実現した点だが、花形氏によると「ネット上で知り合った友達とも楽しんでもらいたい」との思いから、実装に至ったという。4人同時での対戦が可能で、楽曲はルーレットで決定する。熟練のプレイヤーと戦っても、ルーレットで自分の得意な楽曲が当たれば逆転のチャンスがある。実力の差をカバーするための配慮だという。

また、対戦の結果に応じてバトルポイントが加算され、これを使用することでさまざまな報酬を入手できる。バトルポイントは例え負けても増えていくので、初心者でも安心して楽しめる要素だ。これに加えてマイページもアップデート。オンライン対戦の導入に合わせてフレンド登録機能が追加されるほか、ショップにはコミュニケーションに役立つメッセージも追加。さらに楽曲をお気に入り登録できる機能もあり、好きな楽曲をスムーズにプレイ可能になるとのこと。

古川未鈴さんと神聖かまってちゃんがゲームで対戦!

ここからは、ロックバンド・神聖かまってちゃんのの子さん、monoさん、ちばぎんさんもゲストとして登場すると、本作に収録される楽曲の発表が行われた。でんぱ組.incや神聖かまってちゃんはもちろん、ボーカロイドや東方アレンジ、オリジナル楽曲も登場するとのこと。

左からの子さん、monoさん、ちばぎんさん

その後ゲストの4人は、ゲームを実際にプレイすることになる。まずは、神聖かまってちゃんの中でもゲームが大好きというちばぎんさんが、自身の楽曲「ズッ友」をプレイ。ちばぎんさんは「ゲームは好きだけど素人なんで!」と謙遜していたが、いざ始めてみると真剣な面持ちで軽やかな手さばきを披露。会場に駆けつけたファンを沸かせていた。

続いてはゲスト4人で対戦プレイをしてみることに。ここでは「ズッ友」に加えて、でんぱ組.incより「おつかれサマー!」「W.W.D」と、3曲を連続で体験していた。実際にゲームが始まると、真剣にプレイする古川さんに対して、の子さんとmonoさんの2人はステージを自由奔放に使い、楽しみながら遊んでいた。ときにはちばぎんさんのプレイを邪魔したり、メンバーごとで筐体を入れ替えたりと、観客の度肝を抜くパフォーマンスを連続。しかし、会場を盛り上げたもののスコアは伸びず、結局古川さんが盤石の1位という結果に終わった。

稼動日は3月10日!多彩なコラボレーションも明らかに

そんな本作だが、イベントの終盤では稼動日が3月10日に決定したと発表。さらにイベントの第1弾として、でんぱ組.incとのコラボレーションが3月18日よりスタートする。こちらのコラボでは、新曲など20の課題曲が登場するだけでなく、結果に応じて限定アバター、限定称号も手に入るとのこと。さらにイベントの達成賞として、「W.W.D」の先行配信も実施される。

発表はこれだけで終わらず、イベント第2弾にはスパイク・チュンソフトより発売中のゲーム「クリプト・オブ・ネクロダンサー」とのコラボを予定。このコラボは、「ダンガンロンパ」「風来のシレン」といった、スパイク・チュンソフトの人気タイトルを複数絡めた内容になるそうだ。

稼働に向けた企画の数々も進行中で、まずは3月3日にニコニコ生放送で番組を配信する。こちらの番組には、本日も登壇した豊田さんが出演するとのことだ。さらに3月5日・6日の2日間、全国のタイトーステーションにてネットワークテストも開催される。

降壇の際には、ニコニコ生放送の番組でもおなじみのポーズを披露してくれた。

以上の発表でイベントも終了と思われたが、最後にサプライズで、「グルーヴコースター」プロデューサーの白石雅也氏と、カプコンが展開中の「CROSS×BEATS」でプロデューサーを務めるNAOKI MAEDA氏が登場。2人は両作品のコラボレーションが決定したことを明かすと、思わぬ展開にファンからは大きな歓声が巻き起こっていた。本ステージではコラボレーションの詳細は語られなかったものの、ファンにとって嬉しい情報が続出したイベントとなった。

左から白石雅也氏、NAOKI MAEDA氏
(C)TAITO CORPORATION 1978,2015 ALL RIGHTS RESERVED.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • 7/21 UP シャドウバースシリーズ特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • ガスト美少女祭り特集サイト
VR.Gamer

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る