「シャリーのアトリエ Plus」ディレクター・岡村佳人氏にメールインタビュー!「黄昏」シリーズ完結編への思いを聞いた

「シャリーのアトリエ Plus」ディレクター・岡村佳人氏にメールインタビュー!「黄昏」シリーズ完結編への思いを聞いた

PS Vita

担当:

コーエーテクモゲームスが2016年3月3日に発売したPS Vita用ソフト「シャリーのアトリエ Plus ~黄昏の海の錬金術士~」。同作のディレクターを務める岡村佳人氏へのメールインタビューをお届けする。

「シャリーのアトリエ Plus ~黄昏の海の錬金術士~(以下、シャリーのアトリエ Plus)」は、黄昏の謎の真実に迫る、若き錬金術士たちの物語を描いた、「黄昏」シリーズ3作目として2014年に発売された「シャリーのアトリエ」のPS Vita移植作。単なる移植に留まらず、ユーザーからの要望に応えるかたちでさまざまな要素が追加されている。

シリーズ共通の謎である“黄昏”の核心に迫る新たなストーリーが追加、それに伴って過去の「黄昏」シリーズ(「アーシャのアトリエ」「エスカ&ロジーのアトリエ」)に登場したアーシャ、ロジーが物語を彩り、まさに「黄昏」シリーズの集大成ともいえるタイトルとなっている。

今回は、「黄昏」シリーズを通してディレクターとして参加している岡村佳人氏にメールインタビューを実施。同氏が今作を通して目指したもの、新規要素のポイントなどを聞いた。

――今回、「シャリーのアトリエ Plus」を発売するにあたり、第一に目指したことは何でしょうか?

「黄昏」シリーズの完結編として、ユーザーのみなさんに求められているものを出来る限り詰め込むことを目指しました。具体的には、ストーリー上で語られなかった謎の解決や、主人公が勢揃いして“黄昏”に挑むといった、PS3版でみなさんから多く意見をいただいた部分の補完に注力した形となります。

――「黄昏」シリーズの主人公たちが集結することは今作におけるポイントだと思いますが、特にアーシャ、ロジーを今作に登場させる上で意識した点をお聞かせください。

「黄昏」シリーズ過去作の主人公として、追加エピソードで重要な役割を持たせながらも、本作の主人公である2人のシャリーたちを圧倒しないようなバランスを目指しました。これにより、シャリーたちが周りの錬金術士たちの助言や意見をもとに、自分たちの想いで“黄昏”に対する答えを導き出していくのが、追加エピソードの主な内容になっています。

――アーシャ、ロジーのバトル部分での特徴もお聞かせください。

アーシャは錬金術士らしく、サポートを得意とした能力を持ちます。攻撃、補助、回復と全ての役割をこなしつつ、戦況を安定させることができるでしょう。ロジーは攻撃主体のキャラクターとして、単体、複数問わずにさまざまな敵に対して大きなダメージを与えられるポテンシャルを秘めています。いずれのキャラクターも過去作の主人公として、戦闘でも大きく活躍できるような強さを目指しています。

――2人のシャリーについても新たな物語が展開しますが、2人のどのような面を表現しようと考えられたのでしょうか?

例えばシャリーたちがケンカをしてしまうイベントは、ケンカから仲直りまでの流れや関係性など、PS3版では深く描ききれなかった部分をより掘り下げるエピソードを追加しました。

その時、主人公に選ばなかった方のシャリーは何をしていて、どんなことを考えていたのか、といったそれぞれの主人公でプレイしたら何となく分かる、と考えていた部分について、明確に答えとなるイベントを用意していった形となります。

――今作では“黄昏”の真実に迫るということですが、ゲームを進める上でプレイヤーに意識してほしい部分はありますか?

PS3版をプレイしていただいている方がすでに一度見ているイベントについても、アーシャやロジーが登場したことで変化している部分があるので、その辺りも気付いていただけると幸いです。

――アーシャとキースグリフ、エスカとロジーといった、深く関わるキャラクター同士の新たな物語も気になります。どのような部分に期待すればよいでしょうか?

元々あったお互いの関係性から、さらに一歩踏み込んだ関係性の変化を感じていただけるようなイベントを追加しているので、シリーズで登場していなかった間のエピソードを中心に楽しんでいただけるものではないかと思っています。

――ゲームシステム周りで調整を加えている点などはあるのでしょうか?

大きな変更などはありませんが、PS3版で明らかにバランスに影響があった所や、ダウンロードコンテンツ用に用意していたデータには調整を加えています。また、上位の難易度が戦闘の幅を狭めてしまっていた問題など、細かい点にもさまざまな調整を加えています。

――これまでに“黄昏”の真実を知るためのキーワードが公開されていますが、その部分については全て明かされると思ってよいのでしょうか?

「全て」が何を指し示すかにもよりますが、PS3版の時以上に、それぞれのキーワードについて深く語られる内容になっている、とお考えいただければと思います。

――今作で「黄昏」シリーズが完結するということで、岡村ディレクター自身の「黄昏」シリーズにかける思いをお聞かせください。

今回の「シャリーのアトリエ Plus」を含めると、4年間にもわたって展開してきたシリーズということで、とても感慨深いものがあります。我々開発メンバーにとっても、さまざまな試みに挑戦したこともあり、今後のガストタイトルの新たな糧となる“種”のようなシリーズだったのかなと、最近になって感じています。自分の中では反省するべき部分もありましたが、今回の完結編で、ユーザーのみなさんに一つの答えをお見せするために、無事発売を迎えることができたことを嬉しく思います。

――「シャリーのアトリエ Plus」を楽しみにされているユーザーに向けてメッセージをお願いします。

PS3版を遊ばれた方も、そうでない方にも、完結編として楽しんでいただける内容を目指して開発して参りました。ぜひ手にとって遊んでいただき、「アトリエ」シリーズ、そしてこれからのガストのゲームにも興味を持っていただければ幸いです!

シャリーのアトリエ Plus ~黄昏の海の錬金術士~

コーエーテクモゲームスPSVitaダウンロード

  • 発売日:2016年3月3日
  • 価格:5,143円(税抜)
  • 12歳以上対象
シャリーのアトリエ Plus ~黄昏の海の錬金術士~
(C)2014-2016 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • 黄昏シリーズ特設サイト
Figgy

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る