戦乱の世で仲間と共に「共闘」せよ!美麗イラストとドット絵が織り成す白熱のバトルが魅力―iOS「戦乱のサムライキングダム」プレイインプレッション

戦乱の世で仲間と共に「共闘」せよ!美麗イラストとドット絵が織り成す白熱のバトルが魅力―iOS「戦乱のサムライキングダム」プレイインプレッション

担当:

モバイル

ポケラボが2014年1月に正式リリースしたiOS用アプリ「戦乱のサムライキングダム」。本作をプレイしてのインプレッションをお届けする。

「戦乱のサムライキングダム」は、プレイヤーが指揮官として数々の武将を集め、天下統一を目指す戦国系のソーシャルカードゲームだ。1日に4回ある「合戦」というリアルタイムバトルが特徴で、最大20人対20人の激しい攻防が楽しめるだけでなく、前衛の敵を倒した後に行われる攻城戦がさらにプレイヤーを楽しませてくれる。

美しい武将イラスト、よく動くドットキャラ、見知らぬユーザー同士で助け合う共闘システム、そして合戦と、戦闘を楽しむ要素が数多く備えられている。

共闘を楽しむ戦国ソーシャルカードゲーム

本作は伊達政宗、織田信長などの戦国武将を集めて戦い、戦乱の世を治め、天下統一を目指すストーリーが展開していく。各エリアで武将たちをすべて倒すと次のエリアが開放されるシステムで、ここはスマホゲームとして馴染み深い。ただし、本作では必ずしも先に進めばいいというものではないのがポイントだ。

倒した武将は何度も戦いを挑むことができ、一定回数を倒すと特定のアイテムを獲得することができる。倒した回数だけ敵武将もLVが上がり手ごわくなってくるが、その分、獲得できる経験値やアイテムも期待できる。

新しいエリアでは、序盤といえど簡単にクリアできるほど敵も弱くない。倒した武将で経験値やゲーム内ポイントを貯め、自分のデッキを強くしていこう。

もう一つの特徴が共闘だ。共闘は文字通り、ほかのプレイヤーの戦いに参加し、共に戦えるシステムだ。共闘を行うことで、共闘ガチャ券というアイテムに加え、経験値を獲得できる。参加した戦闘で自分が負けてしまっても、仲間が勝利すれば経験値は入ってくるので、序盤は積極的に共闘しよう。

決めろ20コンボ!白熱の合戦、攻城戦

本作最大の魅力は、20人vs20人で行えるリアルタイムバトル「合戦」だ。軍団と呼ばれるチームに所属しないと参加できないので、空いている軍団が見つかったらとりあえず入ってみよう。

合戦は武功ポイントで争われ、与えるダメージに比例して多くのポイントを稼げるため、ほとんどの場合が相手より多くのダメージを与えたほうが勝ちとなる。

この合戦の面白いところは、とにかくコンボがつながりやすいという点だ。攻撃を仕掛けた後に、別の誰かが攻撃することでコンボが発生する。極端な話をしてしまえば、参加メンバーが二人いれば20コンボは難しくない。

コンボが決まるたびにプレイヤーのカットインが入り、武将のスキルを使えば武将のカットインが入る。スピード感あふれる戦闘シーンは、合戦の一番の見所ではないだろうか。

ただし、合戦は1日に4回あるが、時間が30分とやや短めなので、まとまった時間が取れない場合、とりあえず数回攻撃して合戦に参加しよう。そうすれば兵種EXPが貯まり、兵種を増やすために必要な修得ポイントを獲得できるようになるので、無駄なく遊べるのだ。

合戦でプレイヤーが行えるのは、攻撃、武将スキル、奥義の三種類。攻撃は直接敵にダメージを与えられ、武将スキルは部隊に入れた武将のスキルを使用できる。どちらもSPを消費するので、SP残量には気をつけておこう。

ここで一点注意したいのが、武将は前衛か後衛、どちらかのスキルしか持っていないケースがあるということ。後衛の場合、合戦で補助に回るのか、後衛からでもダメージを狙っていくのかで、武将の強さよりもスキルの構成が大事になってくる。方針をしっかりと決め手からデッキを組むと、軍団からも重宝されるだろう。なお、前衛の場合は、進軍のときと同じ戦い方でいい。

また、奥義はSPを消費しないが、同じ合戦の中では一回しか発動できない。仲間の参加具合や敵の様子を見ながら、ここぞというときに発動しよう。

前衛の敵を倒すと攻城戦となり、まさに城攻めを行うことになる。多くの武功ポイントを獲得できるチャンスなので、落城を狙いたい。城のHPは後衛の防御力と軍団員の人数で決まるため、軍団の規模が多ければ多いほどHPが多くなる仕組みとなっている。

攻城戦には時間制限があり、制限時間内に落城できない場合、または落城した場合は敵との合戦シーンに戻り、倒した前衛の敵武将が全員復活する。再び敵の前衛を倒すと攻城戦に移り、同じ合戦内ならばHPを引き継ぐので、1度で落とせなくてもあきらめずに攻撃を続けよう。

また、後衛のみが発動できる大砲がある。敵城のHPがある程度削られており、SPが100ある後衛が、城に止めを刺すことができるのだ。後衛であれば誰でも使用できるので、チャンスがあれば積極的に狙おう。

すべてにおいてクオリティの高い作品

イラストのクオリティ、ドットキャラの躍動感、育成のためのカードの獲得方法など、よく作りこまれていて戦闘は見ているだけでも楽しい。既存のソーシャルゲームの雰囲気を感じさせながら、リアルタイムバトル中心のゲームシステムと上手く融合している。

リアルタイムバトルという言葉に少しでもハードルを感じるユーザーでも、一度遊んでもらえれば、ソーシャルゲームを楽しむように「合戦」も楽しんでもらえると思う。

戦乱のサムライキングダム

マイネットゲームスMobileアプリiOS

  • 配信日:2013年12月2日
  • 価格:基本無料
  • レーティング:4+
(C)Pokelabo, Inc.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

編集部のオススメ記事

最新注目ニュース

  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • ガスト美少女祭り特集サイト
モンスターハンターダブルクロス特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る