フジテレビジョンとバンダイナムコ ゲームスは、3DS「逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ!」および「戦闘中 伝説の忍とサバイバルバトル!」を合算した国内出荷本数が、本日6月26日現在で累計100万本を突破したことを明らかにした。

目次
  1. バンダイナムコゲームス プロデューサー 伊藤麻矢氏より
  2. フジテレビ編成部「逃走中」企画・原作・プロデューサー 髙瀬敦也氏より

今回、ニンテンドー3DS用ソフト「逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ!」および「戦闘中 伝説の忍とサバイバルバトル!」の出荷本数が、本日2014年6月26日時点で累計100万本を突破したことが明らかにされた。本記録はフジテレビ制作のテレビ番組を元にしたゲームソフトの歴代最高出荷本数の記録となっており、今回は発表にあわせて両社の代表からのコメントも到着したぞ。

バンダイナムコゲームス プロデューサー 伊藤麻矢氏より

2012年7月発売の「逃走中 史上最強のハンターからにげきれ!」は、本当に多くの方々に遊んでいただきました。そのときいただいたご意見ご感想に、大好きなテレビ番組「逃走中」をゲームで体験できてうれしい!というご意見とともに、「戦闘中」もゲームでやりたい!というリクエストを多数いただきました。

すぐに企画を検討し、開発に動き、その約1年後に「戦闘中伝説の忍とサバイバルバトル!」を発売することができました。こちらも、番組と同じ体験をゲームでできるといった喜びの声をたくさんいただき、心よりうれしく思います。これからも番組もゲームも楽しんでいただければと思います。

フジテレビ編成部「逃走中」企画・原作・プロデューサー 髙瀬敦也氏より

「逃走中」「戦闘中」は私が企画した番組の中でも最も長く続いており、また、この二作のゲームは私も企画に関わらせて頂いたので、とりわけ思い入れがあります。それだけにこれだけ沢山の方に遊んで頂き大変うれしく、また光栄に感じております。本番組シリーズは今秋で番組開始10周年を迎えますが、土台はシンプルな企画がゆえ、飽きられてしまわないかという懸念と常に戦い続けてきた10年でもありました。

支持頂いている皆様のご期待を裏切らないようにと、スタッフ一同、日夜あらゆる知恵を絞っております。その結果が、今回のような数字に結びついたのではと考えております。どこまで走り切れるかは判りませんが、何かまた大きな成果があることを期待しつつ、可能な限り尽力して参ります。番組もゲームも末永くお付き合い頂ければ幸いです。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー