タイトーのスマートフォン向けアプリ「アイドルクロニクル」からCDデビューしたゲーム内ユニット「H.Y.R」が、3月8日、横浜アリーナで開催された「P’s LIVE02 ~LOVE&P’s~」において初のライブステージを行なった。

左から五十嵐裕美さん、M・A・Oさん、遠藤ゆりかさん

「アイドルクロニクル」は、アイドルの最も身近な存在であるマネージャーとなり、アイドルと二人三脚でトップアイドルを目指していくアイドルみせびらかしゲーム。衣装や楽曲をカスタマイズしたライブ映像を気軽に投稿できるシステムが特徴となっている。

「H.Y.R」は「アイドルクロニクル」でメインキャラクターとしてゲーム内で使用できる里見陽奈(ヒナ)(CV:M・A・O)、松平ユリア(ユリア)(CV:五十嵐裕美)、京極瑠璃(ルリ)(CV:遠藤ゆりか)の3人の頭文字をとったユニットで、3月4日には「アイドルクロニクル ユニットソングシリーズ“誓いのビジョン”」でCDデビューを果たしたばかりだ。

「アイドルクロニクル」としてニコニコ生放送や店頭お渡し会は行なっているものの、彼女たちがユニットとしてライブで歌うのはこれが初めて。アイドルコンテンツ隆盛の世の中だが、横浜アリーナでのデビューステージは前代未聞かもしれない。

「アイドルクロニクル」の出番は、ライブ全体のちょうど折り返しにあたる20曲目。ステージに先がけて行なわれた新作紹介コーナーで「アイドルクロニクル」の映像とともに「誓いのビジョン」の印象的なサビが流れると、会場全体が大きな盛り上がりを見せ作品への注目を感じさせた。

まず3人は「『アイドルクロニクル』里見陽奈役のM・A・Oです、よろしくお願いします!」「松平ユリア役の五十嵐裕美だ。よろしくお願いします」「京極瑠璃役の遠藤ゆりかです、よろしくお願いします」とそれぞれに挨拶した。

作品紹介はリーダー里見陽奈役のM・A・Oさんが担当。大舞台にかなり緊張していたM・A・Oさん。「アイドルクロ、クロニクル…」と噛むと遠藤さんから「大丈夫ですかリーダー!」の声が飛ぶ。

M・A・Oさんは「緊張してるの。思った以上に奥行きがすごくて…。『アイドルクロニクル』は2014年の12月からタイトーさんが配信しているアプリゲームで、皆さんがマネージャーさんとなってアイドルを育てて、ライブ動画を投稿して見せびらかすことができるゲームとなっています!」と作品を紹介していた。

印象的だったのは五十嵐さんで、緊張ぎみなM・A・Oさんに「客席はカボチャだよ!」「(発売日は)3月4日にね」「ニコニコ生放送で要望出してもらえれば即座に反映されますので」と合いの手を入れている様子が、いざという時には頼れるユリアに重なるようだった。

最後はM・A・Oさんが「私たちやマネージャーさん(ユーザー)のお願いを聞いてくださるスタッフさんなので、いつか今日のP’s LIVEのステージがゲームで再現できたらいいなと思います! 皆さん曲を聴いていいなと思って頂けたら、ダウンロードして楽しんでもらえたらと思います。ぜひぜひ私たちのマネージャーさんになってください!」とビシッと決めていた。

そしていよいよ、「アイドルクロニクル」のライブステージへ。M・A・Oさんの「それでは皆さん、一緒に盛り上がって頂く準備はできましたでしょうか。とっても盛り上がる曲なので楽しんでください」という煽りから「「「誓いのビジョン」」」と声を揃えて、「H.Y.R」としての初ステージが幕を開けた。アイドル衣装に身を包んだ3人の背後のスクリーンには、ゲーム内で「H.Y.R」が歌い踊る映像が。3人のダンスも映像とシンクロしており、くるりと回転する振付では遠距離からでもシンクロ具合がよくわかる。

ボーカルはフラットなM・A・Oさん、本格的でアーティスティックな遠藤さん、キャラクターに寄せた五十嵐さんのそれぞれの個性が際立っていて、サビで溶け合うと新しい何かが始まる期待感を感じさせつつ、何か少し切ないような不思議な魅力がある。そして今回のステージの「誓いのビジョン」はフルサイズのため、ゲーム(ゲームサイズのステージは約2分)では見たことがないフレーズも。「もっと強くライトを浴びたい」の詞に合わせて眩いライトがステージと客席を照らしだしたり、間奏のギターに合わせて楽しそうにエアギタープレイを見せたりする姿は初めての光景だ。

サビと並ぶ聴かせどころである「いばらの道 五里霧中」からのリズミカルなパートも、間奏のギターのたっぷりしたタメから生でバッチリ決めた。生で聴くと「Why don’t you?」を夢中集中、「temptation」を森羅万象小さいでしょ、と韻を踏むように歌うユリアパートは何気に難易度が高くて楽しい。

フルサイズでは客席を煽る箇所もたっぷり用意されており、ゲームで見ていた以上にライブ向けのナンバーな印象が深くなった。ラスサビからのキュートな「GO!」の叫びで、横浜アリーナでの「H.Y.R」はじめてのステージは終了。短くもとても濃密な250秒間だった。

アイドルクロニクル「H.Y.R」終演後コメント

里見陽奈役 M・A・Oさんコメント

Q1:ライブお疲れ様でした!H.Y.Rとしての初のステージが横浜アリーナでした。ステージや会場の感想をお願いします。

すごく緊張したのですが、五十嵐さんとゆりしぃに助けてもらい、そして会場の皆さんに盛り上げて頂き、とても楽しかったです! 本当にありがとうございました!! H.Y.Rとしてはまだまだスタートしたばかり。これからも応援よろしくお願いします!

Q2:リアルアイドルも手掛けているかなみ先生が振付を担当しているとのことですが、振付の印象や練習でのエピソードを教えて下さい。

とても可愛らしい振付で、普段ゲームをしている時もキュンとしていたのですが、最初はしっかりおどれるかが不安でした。でも練習動画などでも細かい所まで教えてくださったり、色々工夫して頂きました。先生、ありがとうございました!

Q3:今後に向けて、アイクロとH.Y.Rのアピールをお願いします。

アイクロのゲームはプレイヤーである、マネージャーさんの意見や私達自身のお願いをきいていただけるので、皆さんと一緒にゲームを育てていけている感じがして、本当に素敵だなと思います。H.Y.Rとしても、どんどん皆さんにサポートして頂き、大きくなっていけたらいいなと思います。ゲーム内のステージセットでいつかライヴができるように今後も頑張っていきたいです!

松平ユリア役 五十嵐裕美さんコメント

Q1:ライブお疲れ様でした!H.Y.Rとしての初のステージが横浜アリーナでした。ステージや会場の感想をお願いします。

終わりたてホヤホヤです!!ありがとうございます!!! いやぁーたのしかった!!!いきおいでミスったりもしましたが!!! 初ライブをこんな贅沢な所でやらせてもらえて嬉しかったです! もっともっとランクアップがんばります!よろしくお願いします!

Q2:リアルアイドルも手掛けているかなみ先生が振付を担当しているとのことですが、振付の印象や練習でのエピソードを教えて下さい。

最初見たときは、ムズカシイ!!ムリ!!と思ってひぃぃぃ(泣)ってなってたんですが(笑) 一つ一つ丁寧に教えてくださったので、なんとか……なってると思います!!! キメる所がキまらないとすごくダサくなっちゃうので、3人で研究したりしました。

Q3:今後に向けて、アイクロとH.Y.Rのアピールをお願いします。

今回、初ステージを終えて!きっとリアルなLIVEの話も出てくると思いますので!! ゲームで私たちも、皆さんも予習して!またH.Y.RのLIVEが出来るように応援してほしいと思います!マネージャーさんヨロシクネ♡

京極瑠璃役 遠藤ゆりかさんコメント

Q1:ライブお疲れ様でした!H.Y.Rとしての初のステージが横浜アリーナでした。ステージや会場の感想をお願いします。

本当に大きな会場での初ステージで感無量でした。たくさんの方々にH.Y.Rのスタートを見守って頂けて嬉しいです。キャラクターのサイリウムも振って下さってとても感動でした☆

Q2:リアルアイドルも手掛けているかなみ先生が振付を担当しているとのことですが、振付の印象や練習でのエピソードを教えて下さい。

ゲームをプレイしているときから振付が本当にかわいいなあと思っていたので、ちゃんとこのかわいさを自分が表現できるのか!?とすごくどきどきでした…(笑) 運動が苦手なので練習はすごく苦戦しましたが、かなみ先生がていねいに教えて下さったので、なんとか本番に臨むことができました!

Q3:今後に向けて、アイクロとH.Y.Rのアピールをお願いします。

まだまだ始まったばかりのコンテンツですが、こうして大きな舞台に立たせて頂きとても光栄です。これから沢山の方にゲームをプレイして頂けるよう、そしてH.Y.Rとしてイベントさせて頂く機会を増やせるよう頑張りますので、応援よろしくお願いしますっ!!

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー