【ニコニコ超会議2015】Wright Flyer Studios×A-1 Picturesによる楽器を奏でる女の子たちのゲームプロジェクト「ホニャららMAGIC♪」発表!

【ニコニコ超会議2015】Wright Flyer Studios×A-1 Picturesによる楽器を奏でる女の子たちのゲームプロジェクト「ホニャららMAGIC♪」発表!

担当:

モバイル

4月25日に幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議2015」のPokelabo WRIGHT FLYER STUDIOSブースにて、新たなゲームプロジェクト「ホニャららMAGIC♪」が発表された。

今回発表された注目点は、「Wright Flyer StudiosとA-1 Picturesがタッグ」「テーマは音楽・楽器」「水瀬いのりさん、木戸衣吹さん、田辺留依さんがメインヒロインを演じる」の3つ。

ステージにはWright Flyer Studiosのプロデューサー・福田聡氏、A-1 Picturesのプロデューサー・加藤淳氏、キャストの水瀬さん、木戸さん、田辺さんが登壇し、アメリカザリガニの柳原哲也さんの司会でプロジェクトやキャラクターの説明、クイズコーナーが行われた。

まずは、キービジュアルを公開。それぞれ楽器を手にしたメインヒロイン3人が描かれており、テーマとA-1 Picturesが手掛けるイラストのクオリティの高さが伝わってくる。

水瀬さんが演じるのは明るく前向きなふわふわ熱血キャラ“結城菜々美”で、楽器はフルート。木戸さんは曲がったことが大っ嫌いなお嬢様系ツンデレ“九条紗綾”を演じ、手にするのはバイオリン。そして、後輩たちに慕われるマイペースでおしとやかなお姉さん“神代結菜”役が田辺さん。奏でる楽器はグロッケンシュピール(鉄琴)だ。

タイトル発表の際には、イベントらしく「『◯◯◯◯◯MAGIC♪』の『◯◯』に入るタイトルを当てよう!」とのクイズを出題。キャストの3人からは、木戸さんの「ラララララ」を始めとする不思議な回答が続出した。

ちなみに、「ホニャららMAGIC♪」というタイトルの「ホニャらら」がカタカナとひらがなであることにも意味があるとのこと。

さらに、楽器の名前を聞いてそのイラストを描くという問題も。3人とも個性溢れるイラストで、特に田辺さんの「バグパイプという女性」を描いた発想には、MCの柳原さんもお手上げ状態。しかし、何のミラクルか水瀬さんが描いたイラストは、人(と本人が主張する部分)を合わせるとバグパイプっぽい形状であり、ニコニコアンケートによる投票で一番支持を集めていた。

まだまだ謎だらけの「ホニャららMAGIC♪」。具体的なゲームの内容は? ゲーム以外の展開は? 他のキャラクターは? など気になるポイントは多い。Wright Flyer StudiosとA-1 Picturesとのタッグということで期待されるプロジェクトだけに、今後の続報を楽しみに待ちたい。

「ホニャららMAGIC♪」公式サイト
http://raramagi.wrightflyer.net/

「ホニャららMAGIC♪」公式Twitter
https://twitter.com/raramagi

(C) Wright Flyer Studios (C) A-1 Pictures

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • 不思議シリーズ特設サイト
モンスターハンターダブルクロス特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る