【TGS 2017】メインモンスター・ネルギガンテに挑む!初出しモンスター盛りだくさんの「モンスターハンター:ワールド」ステージをレポート

【TGS 2017】メインモンスター・ネルギガンテに挑む!初出しモンスター盛りだくさんの「モンスターハンター:ワールド」ステージをレポート

担当:

PS4

本日9月21日に東京ゲームショウ2017内で行われた、「モンスターハンター:ワールド」スペシャルステージの模様をレポート。開発陣が実機プレイで新モンスターに挑んだ。

9月18日の「PlayStation メディアカンファレンス2017」で、発売日が2018年1月26日と発表されたばかりの「モンスターハンター:ワールド」。東京ゲームショウ初日の今日はビジネスデイにもかかわらず、試遊を望む人たちの長蛇の列がカプコンブースに形成されていた。

この日、行われたスペシャルステージでは、プロデューサーの辻本良三氏、エグゼクティブ・ディレクター兼アートディレクターの藤岡要氏、ディレクターの徳田優也氏が揃い踏みし、初公開シーン盛りだくさんの実機プレイを披露した。

左から辻本良三氏、藤岡要氏、徳田優也氏

今回の実機プレイで披露されたのは、ゲームを始めて最初、まさに冒頭のシーンだ。ハンター(プレイヤー)は古龍を対象とした調査団の一員として、船で調査拠点・アステラへ向かう途中。船内の食堂で仲間と出会い、盃を交わす。

この流れでキャラメイクがスタート。画面を見るだけでも、今作のキャラメイクはかなり細部にわたって設定できそうだ。詳しくは、9月23日の「モンスターハンター:ワールド」ステージで説明されるとのこと。ちなみにプリセットも用意されている。
オトモアイルーも、毛の長さや色など、多彩な項目を設定できる。

仲間と健闘を誓い合うなか、船に異変が。巨大モンスターが海中から出現し、その巨体で船が持ち上げられてしまったのだ。海に放り出されたハンターは、巨大モンスターの背の上に。

ここでキャラクターを動かせるようになり、プレイヤーは基本的な操作を覚えていく。

巨大モンスターの頭上から意を決して飛んだハンターたちは、翼竜の足につかまり、古代樹の森へと足を踏み入れる。このように、キャラメイクや操作説明が物語の中に組み込まれているのは、本作の特徴のひとつと言えそうだ。従来作品に比べて、かなりストーリー性を感じさせる。

調査団の仲間たち

ハンターが属する調査団は、古龍が新大陸に向かう理由を突き止めようとしている。調査団は一期団から五期団まであり、プレイヤーはこの調査に終止符を打つべく結成された五期団に身を置く。彼ら全員を統べるのが、PVにも登場した総司令だ。

今作では、ハンターと受付嬢はバディとしてタッグを組む。
冒頭シーンで調査団の船を襲ったのは、古龍「ゾラ・マグダラオス」。五期団はこのモンスターを追いかけて新大陸にやってきた。
大蟻塚の荒地を探索!そこで出会ったのは……。

徳田氏がコントローラーを手にした実機プレイでは、新たに公開されたエリア「大蟻塚の荒地」の探索も行われた。今作の探索には時間制限がなく、途中、キャンプでクエストを受注することも可能だ。

釣りシーンもお披露目。水場があればどこでも釣り糸を垂らすことができ、誘いをかけることも可能。ただし、誘いが逆効果になる魚もいる。従来に比べてかなりスピーディになっていた。
どこで何を採取したか、マップに逐一マークされていくのはかなり便利。地図上でピンを刺せば、導蟲が誘導してくれる。

大蟻塚の荒地に向かう前に、はちあわせたリオレイアにちょっかいを出す徳田氏。茂みに身を隠しながらスリンガーで音を立て、リオレイアがそれに気を取られているスキに攻撃!

リオレイアとたわむれるのもそこそこに、そばにいた翼竜にロープを引っ掛けて移動。向かう先は、大蟻塚の荒地だ。

大蟻塚の荒地に降りるやいなや、新モンスター「クルルヤック」に出会った。中型のモンスターで、立派なトサカと発達した前足が特徴の、なんとも愛嬌のあるヤツである。タマゴを食べていると思いきや、「ペッ」と投げ捨てる仕草がまた可愛らしい。

クルルヤックは、ハンターと対峙した際に、その発達した前足で岩石を持って攻撃をガードしたりする。おとなしめのモンスターだが、岩を持つと性格も変わるようだ。

ここで徳田氏は、今作のメインモンスターである「ネルギガンテ」の討伐クエストを受注した。導蟲を頼りに、ネルギガンテのいる場所へ向かう。はたして、美しい草原の中に、その光景がまったくそぐわない凶悪そうなモンスターがいた。

特別強いモンスターを追いかける際には、導蟲が緑ではなく青く光る。

実に好戦的なネルギガンテの最大の特徴は、自身の攻撃やハンターの攻撃でどんどん部位が破損していくこと。破損はするのだが、壊れるそばから再生し、そのたびに攻撃力が上がっていくのである。

メインビジュアルのように腕を叩きつけたり、棘を飛ばしてきたりと、その攻撃は苛烈。身を包む白い棘も時間が経つと黒く変色して固くなるので、その前に破壊したいところだ。

さすがの徳田氏も、圧倒的な攻撃力の前に力尽きてしまったほど強烈なネルギガンテ。メインモンスターを張るだけあって、かなり戦いがいのありそうなモンスターであった。

この東京ゲームショウでは、今回のステージをはじめ、まだまだ多くの情報が用意されているとのこと。「モンスターハンター:ワールド」の今後の続報、そして発売に期待しよう。

ブースには、コレクターズ・エディションに付属するネルギガンテのフィギュアも展示されていた。

モンスターハンター:ワールド

カプコンPS4パッケージ

  • 発売日:2018年1月26日
  • 価格:8,980円(税抜)
  • 15歳以上対象
モンスターハンター:ワールド

モンスターハンター:ワールド コレクターズエディション

カプコンPS4パッケージ

  • 発売日:2018年1月26日
  • 価格:15,980円(税抜)
  • 15歳以上対象
モンスターハンター:ワールド コレクターズエディション

モンスターハンター:ワールド

カプコンPS4ダウンロード

  • 発売日:2018年1月26日
  • 価格:8,315円(税抜)
  • 15歳以上対象
  • PS Store ダウンロード版
モンスターハンター:ワールド

モンスターハンター:ワールド デジタルデラックス

カプコンPS4ダウンロード

  • 発売日:2018年1月26日
  • 価格:9,241円(税抜)
  • 15歳以上対象
モンスターハンター:ワールド デジタルデラックス
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード

ピックアップニュース

編集部のオススメ記事

最新注目ニュース

  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • ガスト美少女祭り特集サイト
Figgy

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る