【TGS 2017】悪魔召喚プログラムがここに! 期待の新作「D×2 真・女神転生リベレーション」、スマホ版とVR版のプレイレビューをお届け!

【TGS 2017】悪魔召喚プログラムがここに! 期待の新作「D×2 真・女神転生リベレーション」、スマホ版とVR版のプレイレビューをお届け!

担当:

モバイル

千葉・幕張メッセにて9月21日より開催中の「東京ゲームショウ2017」。セガゲームスブースで試遊できたスマートフォンアプリ「D×2 真・女神転生リベレーション」のプレイレビューをお届けする。

気になるバトルシステムから、実際のプレイ感触をレポート

発表から話題を集めている「D×2 真・女神転生リベレーション(以下、D2)。「真・女神転生(以下、メガテン)」シリーズに登場する「悪魔召喚アプリ」をそのまま現実に持ってきたようなイメージで作っているというが、実際にプレイした感想はまさにその一言に尽きるものだった。

ゲームは、主人公の相棒のような存在であるメガキンがチュートリアルの進行役をしてくれる。

岩元辰郎氏が描くキャラクターは、どこかにいそうな現実感がありつつも個性的で、ボイスも入っているためか、すぐに親しい友達のような感覚を覚える。

最大4体までの悪魔が参加可能なバトルは、これまでの「メガテン」同様、プレスターンバトルシステムを採用している。

プレスターンバトルシステムとは、簡単に述べるならば相手の弱点をつけば行動回数が増えるシステムで(厳密には色々と細かいのだが、ここでは省略する)、これは敵味方問わず適用される。つまり、こちらが敵の弱点ばかりで攻撃し続ければ一方的に敵を倒すことができる代わりに、敵にこちらの弱点ばかりをつかれれば何もできないまま全滅してしまうこともあるのだ。

敵の弱点は最初はわからないが、弱点属性で攻撃すると弱点が判明するというのも、シリーズお馴染み。これまでの「メガテン」シリーズではオートバトルでは基本的に通常攻撃を繰り返すのみだったが、今作はスマホアプリということもあって、敵の弱点さえ判明していれば敵の弱点属性で攻撃してくれる。

なお、今回の体験版ではアウラゲートという「メガテン」ファンなら手放しで喜ぶような3Dダンジョンが登場した。画面の中央部に表示されているのがダンジョンマップで、歩いた場所は自動的にマッピングされてゆく。

ダンジョン内にもオート機能があり、オートムーブをオンにすれば探索すら勝手に進んでいく。このオートモードが実によく出来ているため、ひたすらスマホに向かっている必要はあまりなく、他のなにかをしながらオートムーブとオートバトルで放置しておくのも十分可能なレベルだろうと感じた。

ボスのいる場所にはボスアイコン(髑髏のマーク)がついているので、たまたま突っ込んだ先にボスがいたというような出会い事故がないのはありがたい。

ボス部屋のすぐ手前に回復の泉もあったので、ボス部屋に突入する前に回復の泉を拠点にレベル上げやステータスの回復などをしっかり行うことが出来そうだ。レベルが足りないときなどはオートをオフにして手動で回ると良いだろう。

今回の体験版では難易度はノーマルだったが、画面を見る限り「HARD」モードと「MANIAC」モードが搭載されているのがわかる。

スマホ向けに最適化された「メガテン」では生温い、もっと手応えのある本来の「メガテン」らしいバトルをしたい、というファン向けのモードだと思われるが、現時点ではいきなり難易度を上げてゲームを開始できるのか、など詳細は不明だ。

交渉や悪魔合体といった要素ももちろんある!

基本的に悪魔は交渉で入手する、というのは「D2」でも変わらないのか、体験版でも悪魔との交渉シーンがあった。恐らくは「メガテン4」で廃止された月齢は「D2」でもそのままだと思われ、単純に交渉だけで勧誘を進めていく形かと感じた。

悪魔合体については、“素材から”だと現在の手持ちの悪魔でどのような悪魔が作れるのかを模索するような従来の「メガテン」形式で、”結果から”だと下記図のようにパイコーンを作るためにはネコマタ+ピクシーか、イヌガミ+オバリヨン、或いはイヌガミ+ピクシーなどの方法があることが一覧でわかるようになっている。

ただしピクシーには「PARTY」の文字がついていて、現在の編成に入っていることもすぐにわかるようになっている。

パーティの編成上ピクシーを失いたくない場合はイヌガミ+オバリヨンで作る、といったように、強い悪魔をつくるためにうっかり必要な仲魔を合体に使ってしまったというミスを防ぐことができるので、積極的に利用していきたい機能だ。

悪魔合体にはマグネタイトを使用し、そのマグネタイトは前述のアウラゲートで稼ぐという。基本的にはストーリーを進めるのに手持ちの悪魔が心もとなくなってきたら、アウラゲートでマグネタイトを稼いで悪魔合体をしてより強い悪魔を作り、そしてまたストーリーを先に進める、という形になるのだろうか。

ついにこの手に「悪魔召喚アプリ」を手にする日がやってきた!

なお、TGSではこの「D2」のVR版も公開されており、今作のプロデューサーを務めるセガゲームスの山田理一郎氏は、このVR版について「D2のCGモデルがあまりに素晴らしいので、これでVRを作ったら絶対かっこいいからと思って開発に頼んで作ってもらっちゃいました」と語った。

このVR版だが、ゲームででてくるモデルをそのまま使用しているというが、とてもそうは思えないほど、実際にVRで体験してみるとリアルさを感じた。

VRではメガキンのナビで次々と仲魔を召喚し、目の前の悪魔と戦っていく。

最初に出てきた敵はトール。手にしているハンマーでこちらを襲ってくるのだが、その迫り具合に最初は思わず悲鳴をあげてしまうほどだった。

手にしたスマホに表示されるコマンドを選択して仲魔に指示をあたえ、トールを攻撃。もちろんVRなので、右や左を向けば自身が召喚した仲魔を見ることが出来るのだが、ピクシーのリアルな可愛さに、ついバトルを忘れて見入ってしまいそうになる。

トールを無事に倒したあとに出てきたのはデカラビア。メガキンの指示でアギダインで倒すことになるが、その演出も迫力満点だ。これであとは温度すらリアルに感じられたら、VRの映像を完全な現実だと思うことも不可能ではない。

最後に出てくるのはギリメカラ。その登場と共に今戦場となっているビルの屋上が半壊するのだが、視線を地に落とせばその高さがまたリアルで、知らずと身が竦む。ギリメカラの力はあまりに強く、こちらの仲魔は戦闘不能に。

しかしそこで頼れるメガキンが、こちらに援軍のホワイトライダーを送ってくれる。

「な、なんだって、ホワイトライダーが召喚できるのか!?」とドキドキしながら召喚ボタンをタッチすると、自分の横にホワイトライダーが…

もっと眺めていたい。もっとこの世界にいたい。もっとたくさんの悪魔が見たい。切実にそう思うが、だが無情にもストーリーは進んでいく。ホワイトライダーにゴッドアローを打たせると、いよいよこのVRもクライマックスへ。

ゴッドアローを直撃したギリメカラは憐れ塵となって消えていき、この夢のような5分間ほどの時間も終わりを告げたのだった。

これが、悪魔召喚アプリ…。今ついに自分はそれを手にしたのだと、実感できる一時だった。

今回のVR出展はいわゆる技術デモだが、今後ぜひこれを何らかの形でユーザーが体験できると良いと切実に願ってやまない。

「D2」試遊後、プロデューサーの山田理一郎氏にミニインタビュー

――コンシューマーのメガテンをそのまま持ってきたような印象を受けました。

山田氏:そうですね。コンシューマーのキャラクターをただ持ってきただけの内容ではメガテンのファンは満足しないと思いましたので、コアなファンのためにも一見して「メガテンだな」とわかってもらえるようなものにしなければならないと思いました。

――ダンジョンとかの作りもそうでしたね。

山田氏:そうですね。懐かしい感じで、それでいてオートがあったり、今時のプレイヤーでも遊びやすく、それでいて女神転生である、というところを意識したつもりです。やはり従来のファンにとって女神転生らしさ、というのはとても重要であると感じているので。

――オートモード、すごくいいですね。これまでメガテンのオートバトルは基本的に物理でひたすら殴るだけだったので、弱点攻撃してくれるのにびっくりしました。

山田氏:ムーブもバトルもオートで出来るというのは、スマホならではの要素ですね。物理反射の敵に全員オートバトルで殴りかかって、気が付いたら全滅していた、というようなものはスマホ向けではないかなと。

それにスマホゲームはどうしても周回要素が必要になるので、そこでプレイヤーがやめてしまわないためにもオートムーブとオートバトル、このどちらの機能も必要だと思いました。

――実際私もそれでオートがついていないゲームをいくつかやめてしまったので、大変ありがたいです…。

山田氏:もちろん従来の女神転生ファンが納得するように、オートは全て切ってもらってコンシューマー機の女神転生のようにプレイしてもらうことも出来ますので、そこはプレイスタイルに応じて切り替えてもらえればと思います。

――悪魔をガチャで仲魔にするのかと思っていましたが、交渉がちゃんとあってよかったです。

山田氏:そこはやはりメガテンファンとしては譲れないところだろうなと思いました。悪魔は交渉で仲魔にするものというのは、そのまま残したかったんです。

――具体的な課金要素はどうでしょう?

山田氏:召喚もですが、悪魔の強化促進等の時間を短縮できるものを考えています。

――ありがとうございました!

(C)SEGA/(C)ATLUS

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード

ピックアップニュース

編集部のオススメ記事

最新注目ニュース

  • 「リディー&スールのアトリエ」特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
VR.Gamer

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る