太正二十九年の帝都・東京を舞台にした完全新作「新サクラ大戦(仮題)」プロジェクトが始動!

太正二十九年の帝都・東京を舞台にした完全新作「新サクラ大戦(仮題)」プロジェクトが始動!

担当:Gamer編集部

セガゲームスは、2018年4月14日・15日にベルサール秋葉原で開催されたイベント「セガフェス2018」において、「新サクラ大戦(仮題)」プロジェクトの始動を発表した。

「新サクラ大戦(仮題)」は、太正二十九年の帝都・東京を舞台にしたまったく新しい物語を描く、「サクラ大戦」シリーズの完全新作。本作は日本・アジア地域での同時発売を目標に、開発が進んでいる。

本プロジェクトの全貌は、後日開催の発表会で公開予定となっている。また、プロジェクトや発表会の詳細は、今後ポータルサイト「サクラ大戦.com」等で公開される。

「サクラ大戦」とは

「サクラ大戦」とは、蒸気技術が発達した架空の「太正時代」を舞台に繰り広げられる、スチームパンク作品です。1996年9月にセガサターン用ソフトウェアとして発売された第1作「サクラ大戦」は、帝都・東京の平和を守るべく結成された秘密組織「帝国華撃団」の活躍が描かれました。平時は大帝国劇場のスタァとして舞台に立つ「歌劇団」、有事には霊力を武器にして戦う「華撃団」として活躍する物語や、仲間たちとの信頼が力になるゲームシステム、物語を彩るTVアニメーション的な演出は多くのプレイヤーの支持を獲得。CESA大賞(現・日本ゲーム大賞)'96において作品賞を受賞いたしました。

また、当時セガサターンオリジナルタイトルとして最大のセールスを記録し、2005年7月に発売された「サクラ大戦V~さらば愛しき人よ~」までのシリーズ作および関連作の国内累計出荷本数は380万本を突破しています。シリーズを重ね「帝都」「巴里」「紐育」と活躍の舞台を広げた「サクラ大戦」シリーズの人気はゲームだけにとどまらず、TVシリーズおよび劇場用アニメーション、ステージ、コミックなどのメディアミックスにより発展。人気シリーズとしての地位を確立し、誕生から20年を越えた今もさまざまな地域・メディアに広がり続けています。

(C)SEGA

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

  • 「リディー&スールのアトリエ」特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る