セガは、自社のゲームに関して個人のユーザーを対象とした「ゲーム映像利用に関するガイドライン」を制定し、本日4月26日に公表した。

公開された「ゲーム映像利用に関するガイドライン」は、近年のゲーム機器の動画配信サポート機能やPC/モバイル端末を通じた配信プラットフォームの活用によって、ゲーム実況などの動画配信を個人でも気軽に楽しめるようになり、動画配信・視聴がゲームの楽しみ方の新たな手段として広がってきたことを受けて制定されたもの。

なお、今回公開されたガイドラインには、セガのグループ会社(アトラス他)やセガが流通を行う「セガパートナーズ」のタイトル、海外グループ会社(The Creative Assemblyの「Total War」シリーズ、Sports Interactiveの「Football Manager」シリーズなど)開発のタイトルは含まれない。

「ゲーム映像利用に関するガイドライン」詳細
https://www.sega.co.jp/streaming_guideline/

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード 業界動向