ポケモンが2022年1月28日に発売を予定しているNintendo Switchソフト「Pokémon LEGENDS アルセウス」のプレイインプレッションをお届けする。

「Pokémon LEGENDS アルセウス」は、「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」よりも遠い昔の時代を描く「ポケットモンスター」シリーズ最新作。雄大な自然の広がるヒスイ地方を舞台に、主人公はこの地方で初めてのポケモン図鑑を完成させる調査に出る。

アクションとRPGが融合した新たな冒険を楽しめる本作。今回、発売に先駆けてフィールド探索や「キング」との勝負などを体験することができたので、インプレッションをお届けしよう。

ポケモンたちの住む広大なフィールドを自由に冒険しよう!

今回体験したのは、広い草原や周囲を流れる川が特徴的なフィールド「黒曜の原野」。また、調査任務の本拠地である「コトブキムラ」も訪れることができた。ポケモン調査の素質を認められたことをきっかけにギンガ団に入団した主人公は、コトブキムラから各地域の調査へ出発するのだ。

各地域の拠点となる「ベースキャンプ」では、ポケモンの体力回復やクラフト、道具の購入、ポケモンの入れ替えが可能。手持ちのポケモンは、従来のシリーズと同じく6匹まで連れていくことができる。クラフトでは、「ぼんぐりのみ」などの材料を使って、モンスターボールやポケモンのゲットに役立つ道具を作成可能だ。

ベースキャンプを出ると、いよいよポケモンたちの生息するエリアへと足を踏み入れることになる。野生のポケモンたちは、ZRボタンでモンスターボールを構えて狙いを定め、投げることで捕まえられる。

本作最大の魅力は、ポケモンを発見してから捕まえるまでの流れがシームレスに進行し、その流れが新たな遊びの一つとなっていることだ。ポケモンたちのリアクションもさまざまで、例えばムックルはこちらに気づくと逃げてしまう。そこで、しゃがんで背の高い草むらに隠れ、慎重に近づいてモンスターボールを投げてみる……という具合に、ポケモンをよく観察した上で、ゲットの仕方を考える楽しさがある。

また、ポケモンを引き付ける「よせだま」や、煙幕に紛れて気づかれにくくなる「めかくしだま」など、捕獲の際に便利な道具も豊富に用意されており、好きなタイミングで使用可能だ。

ちなみに、こちらに気づいているポケモンは、モンスターボールを投げても捕まえられないことが多い。後ほど詳しく紹介するが、野生のポケモンの近くに自分の手持ちのポケモンの入ったモンスターボールを投げるとバトルをすることもできるので、もし気づかれてしまったら、従来通りバトルで弱らせてから捕まえるというスタイルに切り替えるのも良いだろう。

野生のポケモンの中には、主人公に攻撃を仕掛けてくるポケモンもおり、Yボタンで回避できる。中でも体が大きく赤く目の光った「オヤブン」ポケモンの攻撃は要注意だ。筆者は偶然フローゼルに出会ったのだが、周囲にいるポケモンより明らかにレベルが高く、主人公を追尾する技を連発してくるなど、一目で手ごわい相手だと分かった。

倒すと珍しい道具を入手できることもある「オヤブン」ポケモン。今の手持ちのポケモンで倒すのは難しそうなので、遠くまで届かない代わりに主人公に気づいていないポケモンを捕まえやすい効果を持つ「ヘビーボール」(従来のシリーズとは異なる効果のようだ)を使ってゲットを試みたが、残念ながら今回は捕まえることができなかった。しかしながら、環境・アクション・道具の全てを駆使して、ポケモンゲットまでの過程そのものを楽しめるのは本作ならではの体験だ。

特別なポケモンに乗ってフィールドを駆け回れる「ポケモンライド」は、+ボタンで使用可能。今回は、地上を高速で移動できる「アヤシシ」、水上を進める「イダイトウ」、空を飛べる「ウォーグル(ヒスイのすがた)」を体験できた。

各ポケモンは方向ボタンの左右で瞬時に切り替えられるほか、イダイトウで水上から飛び出し空中でウォーグル(ヒスイのすがた)に乗り換える、といった離れ業も。アヤシシに乗った状態で水上に差し掛かると自動でイダイトウに切り替わるなど、快適に移動するための工夫も凝らされていた。

イダイトウに乗っている時はボールを投げることも可能。
ジャンプして投げるとスロー演出が発生し、水上にいるポケモンを狙いやすくなる。

なお本作では、ポケモンの攻撃を受けたり、高いところから落ちたりすると、主人公もダメージを受ける。力尽きてしまうと自動的にベースキャンプに戻り、道具もいくつか落としてしまうため、無理は禁物だ。

主人公に体力ゲージは存在しないが、ダメージを受けると画面の周りを墨のようなものが覆っていく。
主人公の体力は時間経過で回復可能だ。

調査を終えてベースキャンプに戻ると、ラベン博士に調査結果を報告できる。本作のポケモン図鑑は、従来のシリーズとは異なり、ポケモンごとに「研究レベル」が存在。ポケモンを捕まえた数や倒した数、技を見た回数などを増やすことで、図鑑の内容が充実していく。

何度も同じポケモンを捕まえなければならないのは大変と思う人もいるかもしれないが、前述の通りポケモンを発見してからゲットまでシームレスに進むため、比較的テンポ良く進めることができる。群れで行動しているポケモンは連続でゲットすることも不可能ではない上、同じポケモンでも違うアプローチでゲット出来るので、楽しみながらポケモン図鑑完成を目指せるだろう。

報告を終えるとコトブキムラへ戻ることが可能。そこからまた各フィールドへの調査へ向かう……といった形でゲームは進行していく。

調査任務の本拠地「コトブキムラ」には、主人公が所属するギンガ団の庁舎をはじめ、主人公の衣服を購入できる「呉服屋」や、髪型・髪色を変えられる「散髪屋」、ポケモンとの写真撮影を楽しめる「写真屋」など、さまざまな施設が存在する。筆者がひそかに期待していた着せ替え要素もかなり充実しており、これだけでも長く楽しめそうだ。

「ポケモン図鑑を完成させる」という目的自体は従来シリーズと同じだが、フィールド探索ではポケモンを観察・研究していく感覚をじっくりと体験することができた。好戦的でこちらに向かってくるポケモンもいれば、体を丸めて眠っているポケモンもおり、生き物としての個性がより豊かに描かれている印象だ。

また、マップでピンを置いた場所に向かうルートを考えたり、各地でサブクエストをこなしたりする要素も含まれていて、プレイヤーを飽きさせない内容となっていた。

「早業」「力業」を駆使したバトルを紹介!あらぶるポケモンを鎮める「キング」戦も

フィールドで野生のポケモンの近くに自分の手持ちのポケモンの入ったボールを投げると、シームレスにバトルへ突入する。本作のバトルは、すべてのポケモンが1ターンに1回ずつ行動する従来のものとは違い、ポケモンのすばやさや繰り出す技によって順番や回数が変化するシステム。行動順によっては、1匹のポケモンが連続で攻撃することもある。

また、ポケモンが覚えている技を「早業」「力業」として繰り出すことも可能。早業は素早い動きで技を繰り出し、使用後に行動の順番が早くなりやすいが、威力は下がる。一方「力業」は威力こそ高いが、使用後の行動順は遅くなりやすい。ポケモンのレベルによっては「早業」「力業」として出せない技もあり、使い分け次第では、従来のシリーズであまり日の目を浴びなかった技も戦略に組み込めるかもしれない。

なお本作では、ポケモンバトル中に主人公が移動したりカメラを動かすことも可能。流石に参戦することはできないが、迫力のバトルを好きな角度から楽しめるのは嬉しいポイントだ。

行動順はYボタンでいつでも確認可能。
「早業」「力業」を使った場合の行動順も分かるので、参考にしながら次の手を考えよう。

また、従来では必要レベルに達したポケモンは自動的に進化していたが、本作では好きなタイミングで進化させることが可能に。進化キャンセルをし続けることなく、進化前の姿のまま育てられるようになっていた。さらに、メニューから技を切り替えられる要素もあり、快適で自由度の高い育成が可能だ。

調査を進めていくと、特別なポケモンたちの中でもひときわ強い力を持つ「キング」「クイーン」と相まみえることになる。暴走状態である「キング」「クイーン」を鎮めるため、彼らの好物などが調合された「シズメダマ」を当て、あらぶる「キング」を鎮めるのだ。今回は、森キング・バサギリとの勝負に挑戦することができた。

「キング」との勝負では、相手の動きを見極めつつ攻撃を回避しながらシズメダマを当て、「あらぶりゲージ」を減らしていく。相手に隙が生まれた際は手持ちのポケモンの入ったボールを投げることでポケモンバトルを仕掛けることもでき、そこで倒すことができればさらに大きな隙が生まれ、シズメダマを当てるチャンスができる。

画面上部の黄色いバーが「あらぶりゲージ」。
激しい攻撃を回避しつつ、ゲージを減らしていこう。
キングが体勢を崩している間は、シズメダマを当てるチャンス!
シズメダマの数に制限は無いので、どんどん当ててしまってOKだ。

面白いのは、勝負で必要となるプレイヤースキルが、フィールド探索の延長線上にあるという点だ。シズメダマはモンスターボールと同じ操作で投げることができるし、回避やバトルも基本的には通常のポケモンと同じ要領。アクション・RPG両面の技量が問われる「キング」「クイーン」戦は、フィールドで多くのポケモンを捕まえ、バトルを重ねた人ほど有利に進められるだろう。

今回体験したのはヒスイ地方のごく一部のみだが、それでも遊びきれないほど広大なフィールドを垣間見ることができた。新たな「ポケットモンスター」シリーズの風を存分に感じられる本作。今後の新情報にも期待しよう。

Pokémon LEGENDS アルセウス

ポケモン

Switchパッケージ

  • 発売日:2022年1月28日
  • 価格:6,578円(税込)
  • 全年齢対象
Pokémon LEGENDS アルセウス

Pokémon LEGENDS アルセウス

ポケモン

Switchダウンロード

  • 発売日:2022年1月28日
  • 価格:6,578円(税込)
  • 全年齢対象

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(27枚)

(C)2022 Pokémon. (C)1995-2022 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。

※画面は開発中のものです。

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

  • セガ特集ページ
  • 「黎の軌跡(くろのきせき)」特設サイト
  • セール情報
  • Figgy

人気記事ランキング

RANKING

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
5月26日(木)
- Doki Doki Family - 特異体質者のドキドキ家族生活
Five Nights at Freddy’s: Security Breach
G-MODEアーカイブス42 いづみ事件ファイル Vol.2 黄昏編
PAC-MAN MUSEUM+
Sniper Elite 5 スタンダードエディション
Sniper Elite 5 デラックスエディション
T3 アリーナ
Townsmen - A Kingdom Rebuilt コンプリートエディション
きみのまち サンドロック
やばたにえん酸
アーケードアーカイブス フリップル
エリックじいさんの不思議なブレスレット
サクラ・サキュバス5 ~異郷の魅惑~
ザ・パーシステンス Enhanced
スーパー野球リーグ
ツクールシリーズ キングダムファイター
ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ
バイオモーター・ユニトロン
ビータスクリエイションソリティア
プリミティブウォー
ラギ アケアカNEOGEO
ラディアンテイル
5月27日(金)
Goonect
REMOTE LIFE
ドラゴンクエストけしケシ!
5月30日(月)
MAGLAM LORD/マグラムロード
Rotaeno
6月1日(水)
ディアブロ イモータル
6月2日(木)
Behind the Frame ~とっておきの景色を~
Card Shark
LOOPERS
インディゴ7
インディゴ7 特装版
コスモプレイヤーZ
フィッシング・パラダイス
冒険ダンジョン村2
常世ノ塔
映画「五等分の花嫁」 ~君と過ごした五つの思い出~
映画「五等分の花嫁」 ~君と過ごした五つの思い出~ 限定版
6月6日(月)
エルダー・スクロールズ・オンライン: ハイ・アイル日本語版 アップグレードコレクターズ版
エルダー・スクロールズ・オンライン: ハイ・アイル日本語版 アップグレード通常版
エルダー・スクロールズ・オンライン: ハイ・アイル日本語版 コレクションコレクターズ版
エルダー・スクロールズ・オンライン: ハイ・アイル日本語版 コレクション通常版
6月8日(水)
My Lovely Wife
THE CYcle: FRONTIER
最強でんでん
6月9日(木)
even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女
KLAP!! for Nintendo Switch
KLAP!! for Nintendo Switch 特装版
鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚
鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚 フィギュアマルチスタンド付き限定版
6月10日(金)
MADSHOT
クアリー ~悪夢のサマーキャンプ
クアリー ~悪夢のサマーキャンプ デラックス エディション
マリオストライカーズ: バトルリーグ

コメントランキング

COMMENT