2018年にマッドハウス制作によりAT-X、TOKYO MXなどで放送されたTVアニメ「宇宙よりも遠い場所」が、5月17日から21日に東京・渋谷区文化総合センター大和田・伝承ホールにて舞台化することが明らかになった。

目次
  1. 公演概要
  2. あらすじ
  3. キャスト

「よりもい」こと「宇宙よりも遠い場所」は、高校2年生の玉木マリ(通称:キマリ)が、南極で母親が消息を絶ってしまった小淵沢報瀬と出会うところから始まり、三宅日向、白石結月と共に協力して南極を目指す軌跡を描く、4人の女の子たちが旅を通じて自分の殻を破る成長物語だ。

舞台では、2009年に文化庁芸術祭優秀賞を受賞、2017年に大阪文化祭賞優秀賞を受賞し、劇団MONOを主宰する土田英生氏が演出を、演劇ユニット・劇団東京都鈴木区の主宰で朗読劇、アニメなど幅広く脚本も手掛ける鈴木智晴氏が共同脚本を担当する。

主軸となる4名の登場人物を演じるのは、キマリこと玉木マリ役に、「ラブライブ!」シリーズ初となる完全オリジナル新作ミュージカル作品「スクールアイドルミュージカル」の椿ルリカ役に抜擢されている堀内まり菜さん、小淵沢報瀬役には「アサルトリリィ」シリーズや舞台「Collar Malice -白石景之編-」などの作品に出演している石井陽菜さん、三宅日向役には2022年に行われた「TIFアイドル総選挙2022」で1位に輝いた女性アイドルグループ・#ババババンビのメンバーで活躍中の岸みゆさん、白石結月役にはAKB48の北澤早紀さん。

その他、キマリの同級生の友人・高橋めぐみ役を田口華さん、キマリの妹・玉木リン役にはNGT48の清司麗菜さんが演じる。

チケットの詳細や他キャストの続報は後日公開予定だ。

以下、発表情報をそのまま掲載しています

公演概要

舞台「宇宙よりも遠い場所」
原作:よりもい
作・演出:土田英生(MONO)
共同脚本:鈴木智晴(劇団東京都鈴木区)
日時:2023年5月17日(水)~5月21日(日)
劇場:渋谷区文化総合センター大和田・伝承ホール(〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町23-21)

あらすじ

「私の青春が、動き出した!」

何か始めたいと思いながら、なかなか一歩を踏み出すことができないまま高校2年生になってしまった少女・玉木マリことキマリは、ある日、南極を目指す少女・小淵沢報瀬と出会う。

その後、引き合うように巡り合った三宅日向、白石結月らと共に、四人の少女は日本から1万4千キロ先にある“宇宙よりも遠い場所”南極を目指すことになる。

旅の果てで、少女たちは何を見つけるのか――?

これは、南極を目指し協力し合う四人の少女の、青春グラフティである。

キャスト

玉木マリ:堀内まり菜
小淵沢報瀬:石井陽菜
三宅日向:岸みゆ(#ババババンビ)
白石結月:北澤早紀(AKB48)
高橋めぐみ:田口華
玉木リン:清司麗菜(NGT48)
ほか

公式Twitter
https://twitter.com/yorimoi_stage

公式サイト
https://yorimoi-stage.com

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード エンタメ