セガは、「ぷよぷよプログラミング」について、「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミングによる問題の解決」を学べる新しい副教材を追加で提供する。

同社は、2022年4月より、教員がプログラミング学習教材「ぷよぷよプログラミング」を活用して学習指導要領に対応した授業を実施するための副教材を提供している。

今回、副教材を利用した教員へのアンケートを実施し、追加要望の多かった「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミングによる問題の解決」について学べる新しい副教材が追加で提供されることが明らかに。アシアルが提供するプログラミング教育プラットフォーム「Monaca Education(モナカ・エデュケーション)」のサイト内にて、本日6月1日より、データが無料で公開される。

本副教材は、自作の「ぷよぷよ」にランキング機能を追加することを通して、「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミングによる問題の解決」を学べる内容となっている。

「ネットワークを利用した双方向性」とは、2021年に全面実施となった中学校の新学習指導要領においても取り上げられているもので、「入力」に対して「応答」があり、その一部の処理過程にネットワークを利用するといった仕組みだ。

今回の副教材の提供は、富士通クラウドテクノロジーズの協力を得て、「ぷよぷよプログラミング」に同社の提供する「モバイルバックエンドサービス」を適用し、サーバー連携を行う機能を実装することで実現されている。

本副教材は、2022年から無料公開されている「ぷよぷよプログラミング」副教材とあわせて学習することで発展的にプログラミング学習を深められる内容となっている。

プログラミング学習教材「ぷよぷよプログラミング」と副教材を活用することで、プログラミングの基礎からカスタマイズ、そして双方向性コンテンツの理解までより幅広く学習できる機会を提供することが可能となった。

以下、発表情報をそのまま掲載しています

新副教材概要

公開URL:https://edu.monaca.io/puyoschool

No. テキスト名 概要
1 教員用資料(授業概要・参考資料) 授業の準備、テキストの使い方などの概要
2 授業資料 授業内で投影などにより使用することを想定した説明資料
3 配布資料 授業内で使用することを想定した、生徒用配布資料

学習内容:
1.ランキング機能の仕組みを学ぼう
2.「ぷよぷよ」にランキング機能をつけてみよう
対象:中学校・高等学校向け(*小学校は「発展」としての扱い)

「1.教員用資料」
「2.授業資料」
「3.配布資料」

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー