セガが2023年11月9日に発売を予定しているPS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/PC(Windows/Steam)用ソフト「龍が如く7外伝 名を消した男」。本作のプレイインプレッションをお届けする。

「7」の裏側と「6」からの空白を埋めるストーリー

「龍が如く7外伝 名を消した男」は、「龍が如く6 命の詩。」以降、表舞台から姿を消した伝説の極道・桐生一馬の物語を描いた作品だ。

「龍が如く6 命の詩。」のエンディング後、大道寺との取引によって、表向きは死人となった桐生は普段は寺で生活しながら、大道寺一派のエージェント“浄龍”として活動している。

桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像

大道寺からの依頼で、密輸の取引現場の警護にあたることなった桐生は、正体不明の覆面集団からの襲撃を受け、大道寺一派の連絡役である花輪喜平からの依頼を受け、桐生は襲撃者について調査を進めることに。

やがて、事件の裏に関西最大のヤクザ組織・近江連合が関与していることを知った桐生は、様々な騒動に巻き込まれていく……というのが序盤の主な流れとなる。

桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像
桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像

桐生は「龍が如く7 光と闇の行方」にも登場。物語の終盤に発生する東城会・近江連合を中心とした騒動にも関わり、主人公である春日一番を導いていたが、桐生がそれまで何をしていたか不明瞭な点も多かった。本作をプレイすればその謎が分かっていくのはもちろんのこと、「7」のメインストーリーの裏側も知ることができるようになっている。

例えば、1章の舞台となるのは「7」でもおなじみの横浜・伊勢佐木異人町だ。荒川真澄に撃たれた春日が公園に運び込まれ、難波に治療を受けている時、すぐ近くで桐生がとある騒動に巻き込まれていたことが判明するなど、「7」とのストーリーとの関わりが深い。「7」をプレイしていれば、「これはあのシーンの……」とニヤつけることは間違いない。

桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像

その一方で、「6」以前の過去シリーズの知識はさほど必要がない。というのも、本作の桐生は自分の過去や名前を捨てた状態であるため、登場するのはこれまで桐生と関わりのなかったキャラクターがほとんどだからだ。

東城会や近江連合といった裏社会の情勢も「7」のメインストーリーと共通なため、「7」からシリーズに触れたというプレイヤーにとって非常にとっつきやすい。主人公が一新された「7」から、初めて「龍が如く」シリーズに触れたというプレイヤーも多いのではないかと思うが、主人公が再び桐生に戻っても「6」以前の作品をプレイしていないからと尻込みする必要は一切ない。本作をプレイすることで「7」のストーリーをより楽しめる作りになっている。

桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像

闘技場と赤目ネットワークがサブゲームの軸に

本作の主な舞台となるのは、物語の2章で訪れる大阪・蒼天堀。蒼天堀は「7」の異人町と比べると街の規模は小さいものの、ゲームセンターや将棋、ダーツといったミニゲームやプレイスポットは本編に負けないほど充実している。

桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像
過去のシリーズ作に存在したキャバクラや、ポケットサーキットも復活している。
過去のシリーズ作に存在したキャバクラや、ポケットサーキットも復活している。

中でも、本作のサブゲームで目玉といえるのが、ストーリーを進めると開放される特殊エリア“キャッスル”に存在する闘技場だ。

闘技場では、1vs1のタイマンである「TOURNAMENT」、1対多数の「ZIGOKU RUBLE」、特殊ルールで行う「SPECIAL EVENT MATCH」といった様々なルールが用意されているが、目玉となるのが多人数vs多人数のチームがぶつかりあう大乱闘ルールである「ZIGOKU TEAM RUMBLE」だ。

桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像

「ZIGOKU TEAM RUMBLE」では、桐生以外にも複数の仲間キャラクターを戦闘に参加させられる。それぞれ固有のレベルとヒートスキルを所持しており、バトルに参加したりトレーニングを受けて経験値を得たり、桐生との絆レベルが上がることに強化されていく。仲間はストーリーやサブクエストの他、お金を払って紹介を受けることでも増えていく。

桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像

闘技場では桐生以外の仲間を操作キャラクターとして選ぶこともできる。驚いたのが、仲間たちはそれぞれ個性的なアクションを所持しており、桐生とは異なる操作感でのバトルを体験できることだ。

とはいえ、基本的に仲間よりも桐生の方が圧倒的に強い桐生のだが、仲間になるキャラクターたちの中には、これまでのシリーズに登場したNPCなどもおり、実際に操作できるのはシリーズファンとしてかなり嬉しい。それぞれのアクションもしっかりと作られており、闘技場限定とはいえここまで多くのキャラクターを実際に操作できるのは驚かされた。

</p>

「7」のサブイベントで強烈な印象を与えたあのキャラクターも実際に操作できる。
「7」のサブイベントで強烈な印象を与えたあのキャラクターも実際に操作できる。

本作では、装備から回復アイテム、桐生の成長まであらゆるものにお金が必要になるのだが、闘技場で獲得できるファイトマネーは序盤では破格の金額で、何度でも繰り返しプレイ可能なのもあいまって非常に美味しい。闘技場は、本作の主な金策手段となってきそうだ。

バトル中はスペシャルオーダーを発令することで味方全体を一時的に強化することも可能。
バトル中はスペシャルオーダーを発令することで味方全体を一時的に強化することも可能。

闘技場と並んで重要な要素となるのが、蒼天堀で出会う何でも屋・赤目が運営する“赤目ネットワーク”。本作では、サブイベントや活動記録など多くのゲームに関連したアクティビティが赤目ネットワークに集約されており、町の人々の依頼や「敵を◯体撃破」などの目標をこなすごとに赤目ポイントがたまっていき、一定ポイントごとに赤目ネットワークのレベルが上がっていく。

桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像

赤目ネットワークのレベルが上がると、さらなる依頼が発生したり、投資でショップの品揃えを追加できるなどのメリットがある。メインストーリーの進行と共に、赤目ネットワークのレベルを上げていくこともプレイヤーの大きな目標として設定されている。蒼天堀を探索してネットワークのレベルをあげると、さらに新しい依頼が発生するため、ついやめ時を失っていろいろなコンテンツに挑戦したくなる中毒性がある。

新しい技やステータスを強化したり、桐生の成長にはお金と共に赤目ポイントも必要になるので、金策だけではなく依頼をこなしていくのも重要だ。
新しい技やステータスを強化したり、桐生の成長にはお金と共に赤目ポイントも必要になるので、金策だけではなく依頼をこなしていくのも重要だ。
キャバクラや麻雀などのプレイスポットを利用することでも赤目ネットワークのレベルを上げられる。
キャバクラや麻雀などのプレイスポットを利用することでも赤目ネットワークのレベルを上げられる。

2つのスタイルを切り替えて戦う本格アクションバトル

今回は再び桐生一馬が主人公となっているのもあり、バトルシステムには「6」以前のシリーズ作品と同様のアクションバトルが採用されている。

ゲージを消費して繰り出すヒートアクション、周囲のオブジェクトを掴んで武器にできるなどシリーズおなじみの要素はもちろん健在だ。
ゲージを消費して繰り出すヒートアクション、周囲のオブジェクトを掴んで武器にできるなどシリーズおなじみの要素はもちろん健在だ。

本作のアクションバトルの特徴は、「エージェント」と「応龍」の2つのスタイルを切り替えながら戦えること。とくに筆者が使っていて楽しかったのが「エージェント」で、ドローンやワイヤー、小型爆弾といった様々な近未来ガジェットと、今東西の格闘技を取り入れた大道寺一派に伝わる戦闘スタイルだ。

桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像

今回のプレイで使用できたのは、ワイヤーを射出して敵を拘束したり投げ飛ばす“蜘蛛”、小型のドローンを呼び出して敵を攻撃させる“蜂”、タバコ型の小型爆弾を投げ爆発させる“蛍”、小型のジェット機構を備えた靴で高速ホバー移動する“蛇”の4つで、どれも従来の「龍が如く」シリーズにはなかったタイプのド派手な戦い方が可能になっており、非常に動かしていて気持ちいい。

個人的にとくに使いやすかったのが、最初から使用できるガジェットである“蜘蛛”。相手を拘束する以外にも、自転車やカラーコーンなど、武器として使える遠くのオブジェクトを手元まで引き寄せるアクションも可能で、“蜘蛛”のおかげで従来のシリーズよりも町中のオブジェクトを活用しやすくなっている。

桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像

最初の頃は、拘束できる敵の数も少なく隙が多きいが、強化していくと拘束できる敵の数がどんどん増えていき、ワンボタンで複数人の敵を一気に無力化できる。スウェーで回避しながら発射したり、拘束したあとも敵を引っ張って殴ってコンボを決めたり、壁にぶつけてダウンをうばったりとアクションの幅が豊富で、多数の敵を相手にする際には滅法強いガジェットとなっている。

ただし、ボスを拘束しようとしても弾かれてしまうことが多いので、ボス戦では他のガジェットを活用したり、スタイルを切り替えて戦う必要が出てくるだろう。

アクションが苦手な人にありがたいのが、複数の小型のドローンを呼び出して敵を攻撃させる“蜂”で、敵との距離をとりながらひたすらドローンを呼び続けるだけでも結構なダメージを与えてくれる。ドローンは破壊されても一定時間が経過すると再び呼べるようになるので、敵との距離がある状況ならガンガン呼び出したいところ。

桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像

靴のジェットで拘束移動する“蛇”も非常に使い勝手がいい。ダッシュそのものに攻撃判定が出ているので、単純な移動ではなく、敵に周囲を囲まれた時の強行突破手段としても活用できる。エージェントスタイルの各ガジェットは、発生が遅かったり攻撃の隙が大きく、敵と距離をとってから使いたい状況が多いため、敵との距離を離しやすい“蛇”が使用可能になると、エージェントスタイル全体の使い勝手がよくなった印象だ。

桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像
某アメコミヒーローのようなド派手な戦いができるのがエージェントの魅力だ。
某アメコミヒーローのようなド派手な戦いができるのがエージェントの魅力だ。

一方の「応龍」は、身体一つで数々の伝説を打ち立ててきた、桐生一馬としての戦い方を極めたスタイル。

ボタン長押しでスーパーアーマーをまとった強力なフィニッシュブロウを繰り出す。ガードからの弾き返しや攻撃を受けながら頭突きで反撃など、ダメージを受けながらも着実に敵に攻撃できる技が多く、肉を切らせて骨を断つ、喧嘩的なバトルスタイルといえる。

エージェントのスタイルがやや一対一を苦手とする部分があるため、ボス戦では主にこちらのスタイルを使用することが多かった。シリーズおなじみのヒートアクションも多数使用でき、攻撃面に優れている。

桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像

加えて、本作のバトルの特徴として、中ボス以上の敵は、アルティメットアタックと呼ばれる全身にオーラをまとってから放つ強力な必殺技を繰り出してくることがある。

アルティメットアタックにはスウェーによる回避が効果的で、必殺技発動のタイミングに回避が成功すれば相手に大きなダメージを与えながらダウンを奪える“アルティメットカウンター”を発動可能になる。

桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像

こうしたジャスト回避的なアクションが苦手なプレイヤーも少なくないかと思うが(恥ずかしながら筆者もその一人)、本作のアルティメットカウンターはかなり発動猶予が長めに設けられているようで、攻撃直前に回避を連打していればほぼ発動に成功する。アクションが苦手でもしっかりカウンターを決められる爽快感を味わえるようになっているのが嬉しい。

また、バトル全体を通して、ゲームとしてのアクション性がさらに高くなったという印象も受けた。

筆者は標準的な難易度であるSTANDARDでプレイしたが、シナリオのボスの元にたどり着く前の道中で戦う中ボス級の敵も結構な歯ごたえがあった。中ボスクラスでも動作にスーパーアーマーが付与されており、適当にボタン連打しているだけだと反撃をかなり食らってしまう。回復アイテムを温存して戦うには、敵の攻撃を回避やガードでやり過ごしてから、生まれた隙に攻撃をしかけていく必要があり、アクションゲームとしてのやりごたえがしっかり作られていると感じた。

桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像

序盤のステージからボスが何体も登場することも珍しくなく、メインのサブゲームが闘技場であることも含め、シリーズ作品にゲーム全体のプレイ比率をアクションバトルが高く占めていると感じた。サブクエストやミニゲームなど、「龍が如く」シリーズおなじみの寄り道要素も豊富に用意されてはいるが、とくにアクションバトルをガッツリと楽しみたいというプレイヤーにはぴったりの作品となっている。

桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像

とはいえ、ストーリーの敵であれば過去のシリーズ作と同様に回復アイテムでのゴリ押しは可能で、難易度「BEGINNER」では□ボタンを連打していれば適切なアクションを自動で行ってくれる「アクションアシスト」機能も用意されている。

このアクションアシストはなかなか優秀で、ラッシュからのフィニッシュブロウなどのコンボを自動で決めてくれるだけではなく、回避を多用してくる敵には掴みを選択したり、敵の行動タイプにあわせた攻撃選択もしてくれる。アクションゲームが苦手でも、本作のストーリーを楽しめるように配慮されている。

桐生一馬は「7」の物語の裏で何をやっていたのか――「龍が如く7外伝 名を消した男」プレイレポートの画像

本作の物語は、「6」と「7」の空白を埋めると同時に、2024年1月26日に発売予定の「龍が如く8」にも繋がってくる。ゲーム本編クリア後には、本作でしかプレイできない「8」のスペシャル体験版もプレイできるようになる。「7」のストーリーをもう一度振り返るという意味でも、「8」の発売前にプレイするのにまたとないタイトルだ。

これまで桐生一馬の物語を見届けてきたコアなファンはもちろん、「7」からの新規ユーザーも含めて、すべての「龍が如く」シリーズファンにオススメしたい。

龍が如く7外伝 名を消した男

セガ

PS5パッケージ

  • 発売日:2023年11月9日
  • 17歳以上対象
龍が如く7外伝 名を消した男

龍が如く7外伝 名を消した男

セガ

PS5ダウンロード

  • 発売日:2023年11月9日
  • 17歳以上対象

龍が如く7外伝 名を消した男

セガ

PS4パッケージ

  • 発売日:2023年11月9日
  • 17歳以上対象
龍が如く7外伝 名を消した男

龍が如く7外伝 名を消した男

セガ

PS4ダウンロード

  • 発売日:2023年11月9日
  • 17歳以上対象

龍が如く7外伝 名を消した男

セガ

XboxSXダウンロード

  • 発売日:2023年11月9日
  • 17歳以上対象

龍が如く7外伝 名を消した男

セガ

XboxOneダウンロード

  • 発売日:2023年11月9日
  • 17歳以上対象

龍が如く7外伝 名を消した男

セガ

PCダウンロード

  • 発売日:2023年11月9日
  • 17歳以上対象
  • Steam

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(26枚)

(C)SEGA

※画面は開発中のものです。

関連ワード

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

龍が如く7外伝 名を消した男

アクションアドベンチャー
機種
PS5PS4XboxSXXboxOnePC
プラットフォーム
パッケージダウンロード
OS
会社
セガ
シリーズ
龍が如く
ジャンル
アクション
公式サイト
https://ryu-ga-gotoku.com/gaiden/
  • 「黎の軌跡(くろのきせき)」特設サイト
  • Figgy
  • セール情報

人気記事ランキング

定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
2月15日(木)
EGGコンソール イース PC-8801mkIISR
GUNVOLT RECORDS 電子軌録律
GUNVOLT RECORDS 電子軌録律 限定版
Pirates Outlaws
Smalland: Survive the Wilds
ToHeart2 ダンジョントラベラーズ
アーケードアーカイブス マスター オブ ウエポン
ウィッチパズリズム
ガブリエルの影 Lords of Exile
サイバーパンク2077 アルティメットエディション
タップハンター~剣と魔法の放置RPG~
パーティパーティタイム2
フロントミッション セカンド:リメイク
メイド・オブ・ザ・デッド
世界の為の全ての少女
番長タクティクス
真紅の焔 真田忍法帳 for Nintendo Switch
真紅の焔 真田忍法帳 for Nintendo Switch 特装版
英雄伝説 黎の軌跡 for Nintendo Switch
2月16日(金)
スカル アンド ボーンズ
マリオvs.ドンキーコング
幻想クロニクル
2月20日(火)
Land Arcana-ふしぎの大陸-
インビンシブル ~無敵のヒーロー~
2月21日(水)
Nightingale -ナイチンゲール-
Warframe
2月22日(木)
5分後に意外な結末 モノクロームの図書館
EGGコンソール ハイドライド3 PC-8801mkIISR
LUNARiA -Virtualized Moonchild-
Nyaaaanvy
Slave Zero X
インクリナティ
クレヨンしんちゃん「炭の町のシロ」
ゲームセンターCX 有野の挑戦状 1+2 REPLAY
ゲームセンターCX 有野の挑戦状 1+2 REPLAY バンダイナムコスペシャル
ザ・ウォーキング・デッド: セインツ & シナーズ - チャプター2: リトリビューション
デジプラコレクション まるごと鉄道!ミニ ~JR九州編~
バンドルテイル:リーグ・オブ・レジェンド ストーリー
フライトシミュレータ Xプレイン12 日本語 価格改定版
レヱル・ロマネスク origin
制服カノジョ
制服カノジョ ひまり初恋BOX
制服カノジョ みお初恋BOX
制服カノジョ ゆい初恋BOX
制服カノジョ 初回版
幻日のヨハネ - NUMAZU in the MIRAGE -
幻日のヨハネ - NUMAZU in the MIRAGE - PREMIUM BOX
2月23日(金)
ガーデンライフ:夢の庭をつくろう
2月27日(火)
エクスアストリス
ロム:リメンバー・オブ・マジェスティ