ネクソンは、サブブランド「MINTROCKET」が開発中のPC(Steam)用ソフト「ウェイクランナー」について、本日2月5日より体験版の配信を開始した。

「ウェイクランナー」(Wakerunners)は、ディストピア的な未来のSF世界を舞台にした4vs4、5vs5の見下ろし型チーム対戦アクションゲーム。舞台となる荒廃した地球では、生き残った派閥同士による小競り合いを繰り広げられている。

今回の体験版は、Steam Next Festに合わせて公開されるもので、Team Deathmatch、Raider、Control Conquest、Command Siege、Escortの5つのゲームモードと、7種類の個性的なプレイアブルキャラクターが楽しめる。キャラクターはそれぞれが独自のアビリティや戦闘スタイルを持っており、プレイヤーは戦闘中にキャラクターを入れ替えながら、さまざまなスキルを戦略的に使用できる。

なお、体験版では、日本語がサポート対象外となっているので、こちらは注意してほしい。

体験版公開期間:2月13日11時まで(日本時間)

チーム対戦アクション「ウェイクランナー」の体験版がSteam Next Festで配信!初のゲームプレイトレーラーも公開の画像
チーム対戦アクション「ウェイクランナー」の体験版がSteam Next Festで配信!初のゲームプレイトレーラーも公開の画像

「ウェイクランナー」ゲームディレクター イム・チェヒョン氏のコメント

成長要素やストラテジーが中心となるMOBA(マルチプレイオンラインバトルアリーナ)とは対照的に、「ウェイクランナー」では近接戦闘を重視し、バトルアリーナをハイスピードで滑走する中での、プレイヤーの反射神経や加速・減速メカニズムのコントロールにフォーカスしています。

当スタジオは複数の開発チームから構成されており、それぞれのプロジェクトに情熱をもって自由に取り組んでいます。当スタジオは1つのジャンルに縛られたり制限されたりすることはありませんが、世界中のプレイヤーを楽しませる没入体験を創るという共通のゴールで結ばれています。

Steam
https://store.steampowered.com/app/2616910/

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー