天空は、6インチポータブルゲーミングPC「GPD WIN4 2024 国内正規版」を4月6日に発売すると発表、本日3月19日より予約受付を開始した。

目次
  1. 販売場所
  2. 主な特長

本製品は、AMD Ryzen 8000シリーズを搭載した、スライド式メカニカルキーボード採用の6インチポータブルゲーミングPCだ。

国内正規版は、天空による国内1年間の保証が付いたモデル。1年を超えた場合でもゲームスティックの破損や故障・バッテリーの交換など、修理パーツが取り揃えられており、国内で修理できる(修理料金は個別に見積もりが必要)ため、安心して利用可能だ。

AMD Ryzen 8000シリーズ搭載のポータブルゲーミングPC「GPD WIN4 2024 国内正規版」が4月6日に発売!予約受付も開始の画像

以下、発表情報をもとに掲載しています

販売場所

GPDダイレクト:https://gpd-direct.jp/collections/all_item/products/gpd-win4-2024
ハイビーム公式オンラインストア:https://high-beam-online.com/products/gpd-win4-2024
ハイビーム秋葉原本店 / 大阪なんば店:https://high-beam-online.com/pages/storeinfo

主な特長

AMD Ryzen 8000シリーズとLPDDR5メモリを搭載し、AAAタイトルも快適なプレイ

CPUには、AMD Ryzen 8000シリーズを採用しています。また、SIMD型演算用拡張命令セット「AVX-512」に対応しているため、画像やビデオなどの処理性能を高速化。さらに、LPDDR5に準拠した最大64GBのメモリを搭載することで、高いFPSを保ちながらAAAタイトルや動画編集など高負荷作業もより快適に行うことができます。

OCuLinkポートでさらなる拡張性を有し、ユーザーの求める環境を実現

OCuLink(SFF-8612)メスポートを搭載することで、有効帯域幅が63GbpsのPCIe直接接続が可能になりました。これにより、ゲーム体験と作業効率の向上を実現します。

また、USB4、3.5mmヘッドフォン/マイクロフォンポート、microSDカードスロットなどの充実したインターフェースに加え、ドッキングステーションもそのまま使用可能で、充電やHDMI出力、有線ネットワークポートでの接続など、さらなる拡張性も実現します。

さらに、オプションで4G LTEモジュールも追加可能なため、モバイルネットワークでいつでもどこでもオンラインゲームを楽しむこともできます。

小型筐体にスライド式物理キーボード搭載で外出先でも気軽に快適にゲームやオフィス作業が可能

92mm×220mmの小型筐体は、片手でも持てるサイズで、バッグの中に収納しても邪魔になりません。また、OSはWindows 11 HomeとSteam OSのデュアルシステムにも対応。画面横に備えたゲームパッドに加え、画面を上にスライドすることで物理キーボードも利用可能です。これらにより、ゲームだけではなくブラウジングやオフィス作業なども外出先でも気軽に快適に行うことができます。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード ハード