ストリートファイター:デュエル」をレビュー。「ウルトラストリートファイターIV」をベースにしたスマートフォン向けRPG。RPGに対戦型格闘ゲームのエッセンスを取り込んだ本作。その魅力を紹介する。

「ストリートファイター:デュエル」は、A PLUS JAPANからリリースされたスマートフォン向けRPG。登場キャラや世界観のベースとなっているのは対戦型格闘ゲームである「ウルトラストリートファイターIV」だが、システムは完全にスマートフォン向けRPGだ。ただ、対戦型格闘ゲームのエッセンスは取り入れられており、シリーズのファンが原作の雰囲気を楽しめるものになっている。

あの思い出が蘇る!RPGになって格ゲーが苦手でも楽しめる「ストリートファイター:デュエル」レビューの画像

セミオートバトルに連続攻撃の爽快感をプラス

本作のメインはバトルと育成。バトルを繰り返して育成用のアイテムをゲットし、キャラクターたちを育てていくというタイプのRPGだ。

あの思い出が蘇る!RPGになって格ゲーが苦手でも楽しめる「ストリートファイター:デュエル」レビューの画像

バトルには、メインキャラ3体と待機キャラ1体という編成で挑む。バトル中に行動できるのはメイン3体で、メインのうち誰かが倒されると、待機キャラが戦闘に参加するという形式。もちろん、編成するのはリュウやケン、春麗といったおなじみのキャラクターたちだ。

あの思い出が蘇る!RPGになって格ゲーが苦手でも楽しめる「ストリートファイター:デュエル」レビューの画像

バトルはセミオート形式になっており、プレイヤーが何も入力しなくともキャラクターたちは自動的に攻撃を行ってくれる。バトル中にプレイヤーが担当するのは、スキルの発動。ゲージが満タンになったタイミングでスキルアイコンをタップするとスキルが発動する。キャラによって異なるが、このスキルにはセイモスハンマーのようなコマンド必殺技から、真空波動拳のようなスーパーコンボ、ウルトラコンボなどが設定されており、敵に大ダメージを与えることが可能。

あの思い出が蘇る!RPGになって格ゲーが苦手でも楽しめる「ストリートファイター:デュエル」レビューの画像

バトルのポイントは、このスキルを連続で繰り出せるという点。スキルにはコンボ用のものが存在しており、バトルメンバー中の誰かがスキルを繰り出した際、一定時間以内にアイコンをタップすることでスキルを連続発動できる。

あの思い出が蘇る!RPGになって格ゲーが苦手でも楽しめる「ストリートファイター:デュエル」レビューの画像

ベースとなった「ウルトラストリートファイターIV」は、1対1の対戦型格闘ゲームなので1つのキャラクターの技を連続で繰り出しコンボを成立させる。これに対して本作の場合、複数のキャラクターを連携させてコンボを成立させるかたちなので、コンボといってもスタイルが異なるものになっている。ただ、技が連続で決まる爽快感は、対戦型格闘ゲームのコンボに通ずるものがあると感じた。

あの思い出が蘇る!RPGになって格ゲーが苦手でも楽しめる「ストリートファイター:デュエル」レビューの画像

基本的に本作のバトルシステムはスマートフォン向けRPGのバトルをストレートに踏襲している。つまり、対戦型格闘ゲームとは楽しさの方向性が異なるものだ。しかし、対戦型格闘ゲームのエッセンスであるコンボをRPGのシステムとしてうまく組み込んだことで、対戦型格闘ゲームの空気感を感じされてくれるものになっている。

あの思い出が蘇る!RPGになって格ゲーが苦手でも楽しめる「ストリートファイター:デュエル」レビューの画像

蘇る「ストIV」の思い出…!懐かしさという魅力

原作ファンの中には、どうせプレイするなら対戦型格闘ゲームとしてプレイしたいという人もいるだろう。筆者もその気持ちはわかる。ただ、本作をプレイしたところ、本作は本作ならではの魅力的な部分を持っているとも感じた。それは、懐かしさ。

あの思い出が蘇る!RPGになって格ゲーが苦手でも楽しめる「ストリートファイター:デュエル」レビューの画像

ベースとなった「ウルトラストリートファイターIV」の原点、「ストリートファイターIV」がアーケードゲームとして稼働開始したのは2008年。もう15年以上も前のことだ。「ストリートファイター」シリーズは、ナンバリングによって対戦の中心となるシステムが異なっているため、今でも「ウルトラストリートファイターIV」で対戦を楽しんでいる人がいることは知っている。とはいえ、対戦格闘ゲームとしての楽しさや熱気を楽しむという上でも、やはり最新作である「ストリートファイター6」をプレイしている人の方が多数だろう。なので、今となっては大半の人が「ウルトラストリートファイターIV」の世界観に懐かしさを感じるのではないだろうか。

あの思い出が蘇る!RPGになって格ゲーが苦手でも楽しめる「ストリートファイター:デュエル」レビューの画像

この点で本作は、まず音楽が懐かしさを刺激してくれる。「ストリートファイター」シリーズと言えば、「ストリートファイターII」から採用されているリュウや春麗、ガイルといった各キャラクターごとのBGMの印象が強いかもしれない。しかし、「ストリートファイターIV」の火山ステージで流れていた「Volcanic Rim Stage」もまた、印象的なBGMだ。個人的にこの楽曲は「ストリートファイターIV」を象徴する曲だと感じているので、本作で流れた瞬間に「懐かしい!」と口走ってしまった。

あの思い出が蘇る!RPGになって格ゲーが苦手でも楽しめる「ストリートファイター:デュエル」レビューの画像

また、「IV」でのみプレイアブルだったキャラクターたちも懐かしさを感じさせてくれる。クリムゾン・ヴァイパーやルーファス、ハカンといった顔ぶれだ。リュウや春麗、ガイルといったシリーズの顔ともいえるキャラクターと違い、「IV」でのみ登場するキャラクターたちはしばらく見ていなかったので、同窓会で友だちと久しぶりに会ったかのような感覚になる。

あの思い出が蘇る!RPGになって格ゲーが苦手でも楽しめる「ストリートファイター:デュエル」レビューの画像

こう書いているものの、筆者はシリーズのナンバリングはすべて保有している。なのでプレイしようと思えば「ウルトラストリートファイターIV」をプレイ可能だ。とはいえ、久しぶりにプレイすると腕がなまっていて、連続技すら満足に出すことができない。この点、タップだけでコンボの楽しさが味わえる本作が魅力的だと感じた。「ストリートファイターIV」の懐かしさにひたりつつ、切れ味のいい爽快なアクションを楽しむことができる。

あの思い出が蘇る!RPGになって格ゲーが苦手でも楽しめる「ストリートファイター:デュエル」レビューの画像

「ストリートファイター」ワールドへの入り口としてもオススメ

また、「ストリートファイター」シリーズは知っていたけど、対戦型格闘ゲームは苦手…という人にも、本作はオススメの一作だろう。対戦型格闘ゲームは複雑な操作をリアルタイムで行う必要があり、難易度が高い。その上対人対戦が前提となっているため、アクションゲームに馴染みのない人には敷居の高いゲームジャンルだ。

「ストリートファイター6」ではこうした敷居を下げるためのさまさまな措置が施されているものの、それでも二の足を踏んでしまうという人も少なくないだろう。しかし、RPGとして作られている本作なら、問題なくプレイできる。たとえ勝てない敵がいたとしても、キャラクターを育成すれば、最終的に勝つことが可能だ。

あの思い出が蘇る!RPGになって格ゲーが苦手でも楽しめる「ストリートファイター:デュエル」レビューの画像

対戦型格闘ゲームに限らず、対人対戦型のゲームはどうしても時間経過とともにプレイヤー全体の腕前がアップしていく。すると、途中から始める初心者にとっては、楽しみにくい環境になってしまう。カッコいいアクションを楽しみたくとも、なかなか技を決められない…というのではやはりおもしろくない。

しかし本作なら、爽快な連続技をお手軽にガンガン出せる。ソロプレイがメインなので、ほかのプレイヤーに負けて悔しい思いをすることもない。その一方で、本作をきっかけに「ストリートファイター」の世界に興味を持ち、本腰を入れて対戦型格闘ゲームを始める…というのもアリだろう。

あの思い出が蘇る!RPGになって格ゲーが苦手でも楽しめる「ストリートファイター:デュエル」レビューの画像

筆者のような「ストIV」世代には懐かしさを味わえるという価値。本作ではじめて「ストリートファイター」シリーズに触れるという人にはシリーズの世界観やキャラクターを知るきっかけとしての価値。本作にはこうした2つの大きな価値があると感じた。「ストIV」世代には是非プレイしてみてほしいし、「ストリートファイター」シリーズをプレイしたことがないけど興味はある…という人も、まずは本作で「ストリートファイター」ワールドに触れてみてほしい。

あの思い出が蘇る!RPGになって格ゲーが苦手でも楽しめる「ストリートファイター:デュエル」レビューの画像

田中一広
ホラーゲーム作家

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲーム作家。インディゲームデベロッパー株式会社ワーを一人でやってます。クリエイターとしてゲームライターとして講師として、そしてもちろんいちゲーマーとしてゲームとともに生きています。

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(15枚)

(C)CAPCOM (C) A PLUS JAPAN, Inc.

※画面は開発中のものです。

関連ワード

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

ストリートファイター:デュエル

アクションカードRPG
機種
iOSAndroid
プラットフォーム
アプリ
OS
会社
A PLUS JAPAN
シリーズ
ストリートファイター
ジャンル
RPGカードアクション
システム
横向き
公式サイト
公式サイト
  • プリコネR特集
  • セール情報
  • Figgy

人気記事ランキング

定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
4月8日(月)
Aurora7
Spirit City: Lofi Sessions
プリケツにゃー!
機兵とドラゴン
4月9日(火)
Children of the Sun
KAKKUN
イルラン
4月10日(水)
SUSHIショット
クローズ×WORST UNLIMITED
4月11日(木)
CLeM
Devil May Cry: Peak of Combat
EGGコンソール ドラゴンスレイヤーIV ドラスレファミリー MSX2
EMPTY SHELL
Inertial Drift
Loretta
Moonglow Bay
RPG MAKER WITH
Slave Zero X
Slave Zero X 限定版
STEINS;GATE 15周年記念ダブルパック
STEINS;GATE ELITE グッドバリュー版
The Dragoness:Command of the Flame
アルタイル号の殺人
アーケードアーカイブス VS. スーパーゼビウス ガンプの謎
スイカゲーム
デジプラコレクション まるごと鉄道!ミニ ~JR貨物編~
ドットピースパズル
マブラヴ REMASTERED
マブラヴ オルタネイティヴ REMASTERED
双翼世界の精霊勇者
旅人ソフィア
日本史3ヒントクイズ 私は誰でしょう?
果つることなき未来ヨリ
泡沫のユークロニア
泡沫のユークロニア 限定凍玻璃エディション
4月12日(金)
Outer Terror
WOWOWOW KORONE BOX
4月15日(月)
PERISH
4月16日(火)
Grounded
Harold Halibut
デイヴ・ザ・ダイバー
4月17日(水)
HIT : The World
4月18日(木)
ARK: Survival Ascended
EGGコンソール ハイドライドII PC-8801
Picross -LogiartGrimoire-
SUNSOFT is Back! レトロゲームセレクション
UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも
いっき団結
ココロシャッフル - Spirit Swap -
バニーガーデン