2024年4月29日に横浜アリーナにて行われたPoppin’Party×MyGO!!!!! 合同ライブ「Divide/Unite」。9周年を迎えたPoppin’Partyとこの日に2周年を迎えたMyGO!!!!!による初の合同ライブだ。本稿では「BanG Dream!」(バンドリ!)から生まれた2バンドによるライブの模様をお届けする。

ポピパとMyGO!!!!!の化学反応で魅せる!合同ライブ「Divide/Unite」をレポートの画像

出演者(敬称略)

Poppin'Party
愛美(戸山 香澄役)
大塚紗英(花園 たえ役)
西本りみ(牛込 りみ役)
大橋彩香(山吹 沙綾役)
伊藤彩沙(市ヶ谷 有咲役)

ポピパとMyGO!!!!!の化学反応で魅せる!合同ライブ「Divide/Unite」をレポートの画像

MyGO!!!!!
羊宮妃那(高松 燈役)
立石凛(千早 愛音役)
青木陽菜(要 楽奈役)
小日向美香(長崎 そよ役)
林鼓子(椎名 立希役)

ポピパとMyGO!!!!!の化学反応で魅せる!合同ライブ「Divide/Unite」をレポートの画像

開幕はMyGO!!!!!の5人が登場し、「壱雫空」と「迷星叫」を立て続けに披露した。5人はキービジュアルと同じ衣装を着て登場。華々しいスタートを切った。

2曲の演奏を終えるとMCパートに突入。MCで自己紹介をすると、写真を撮りたい愛音(立石さん)、楽屋に挨拶に行くとき緊張していた立希(林さん)、演奏していて楽しいと話す楽奈(青木さん)などPoppin'Partyに関する話題で盛り上がる。

MCの後は「無路矢」のワンフレーズを楽奈がギターで演奏。パフォーマンスで会場を盛り上げ、再び全員で「無路矢」を演奏する。疾走感のある2曲とは違い、ゆったりとした曲調で会場を魅了していく。続けて披露されたのは「回層浮」。燈(羊宮さん)が語るように歌うのが特徴的で、身振り手振りで自身の感情を表現した。

ポピパとMyGO!!!!!の化学反応で魅せる!合同ライブ「Divide/Unite」をレポートの画像

その後のMCパートでは観客との掛け合いで会場の熱を温めると、「砂寸奏」を披露した。サビの「Uh Wow wow」では観客も一緒に声を出して盛り上げていく。続けて「影色舞」も披露。お馴染みのステップから始まり、サビでは会場が一体となって手を振るダンスでボルテージを一気に上げる。そこから「碧天伴走」へと繋げていき、燈や愛音、楽奈がステージの端まで走ってパフォーマンスを届けた。

再びMCパートに入ると、5人はPoppin'Partyが9周年を迎えたという話題で盛り上がる。自分たちも負けないくらい頑張ろうと意気込んだところで楽奈がライブタイトルの意味について質問する。今回のライブタイトルは「不和」という意味の「Divide」と「融和」という意味の「Unite」を組み合わせた「Divide/Unite」。それを聞いた燈が自分たちみたいだと言う。確かに色々あって分かれていた5人が、再び一つのバンドとして活動している。まさにMyGO!!!!!5人にぴったりのライブタイトルだ。

MCパートで思いを届けた燈は続けて「迷路日々」を披露する。そして最後に披露したのは「音一会」。最後のシンガロングは会場が一体となって拳を掲げ歌い上げた。この日一番の盛り上がりを見せMyGO!!!!!の演奏は終了した。

ポピパとMyGO!!!!!の化学反応で魅せる!合同ライブ「Divide/Unite」をレポートの画像

燈以外の4人がステージを後にすると、ステージに残った燈がライトアップされ、ステージ後方から香澄(愛美さん)が登場する。会場から歓声が上がる中、燈から香澄へマイクが渡される。

マイクを受け取ったあとステージが暗転。会場に流れる音楽に続く形で披露されたのは「Light Delight」だ。今までにない大人な雰囲気で会場を魅了していった後、続けて「新しい季節に」と「イニシャル」を披露する。前半はゆったりとした曲調で気分を上げ、後半は疾走感のある楽曲で会場のボルテージを上げていく。かわいらしさとかっこよさを合わせ持つポピパにしかできない盛り上げ方だった。

ポピパとMyGO!!!!!の化学反応で魅せる!合同ライブ「Divide/Unite」をレポートの画像

MCパートでは5人が自己紹介をしていく。観客とのコミュニケーションを取りながらMCを進めていく様はさすがの一言。9周年が成せるトーク技術ということだろう。

その後に披露したのは「NO GIRL NO CRY」。SILENT SIRENとの合同ライブで作られた楽曲を久しぶりに演奏。この懐かしい楽曲に多くのファンが盛り上がった。

続いて披露されたのは「夏空 SUN! SUN! SEVEN!」。しかし、この楽曲は途中で演奏が止まってしまう。今まで色んな事をしてきた楽曲なだけに、もっと盛り上げるために何かしたいと話す愛美さん。そこで三三七拍子にちなんで、会場を香澄組と有咲組に分けた応援対決がスタートする。愛美さん・伊藤さんの可愛らしいダンスや色んなものが飛び出し、会場が一体となって盛り上がったところで再び演奏がスタートした。

「POPIPA! PIPOPA! POPIPA! PA! PIPOPA!」のリズムに繋がるように演奏は続いていき、そのまま「ぽっぴん'どりーむ!」を披露。ポップコーンがテーマのこの楽曲ではキャストだけでなく、観客たちも飛び跳ねて楽しんでいた。

ポピパとMyGO!!!!!の化学反応で魅せる!合同ライブ「Divide/Unite」をレポートの画像

続くMCパートでは披露した3曲を振り返ったり、衣装を見せたり、9周年を振り返ったり、「前へススメ!」を歌ったりとライブのMCならぬ雰囲気で会場を笑いで包んでいった。

笑いありのMCで休憩したところで最後のブロックへと突入。まず披露されたのは「Time Lapse」だ。拳を掲げ「oh oh...」と会場が一体となって歌う姿は圧巻の一言。ボルテージが上がっていくのを肌で感じた。その後、ステージのモニターに星空が映し出されると「STAR BEAT!~ホシノコドウ~」の演奏が始まる。会場が一体になって歌う「Lalalala...」は文字通り「星のコドウ」を感じるそんな瞬間だった。そして最後に、キラキラドキドキを詰め込んだ楽曲「イントロダクション」を披露して5人はステージを後にした。

ポピパとMyGO!!!!!の化学反応で魅せる!合同ライブ「Divide/Unite」をレポートの画像

観客の鳴りやまぬアンコールとともにPoppin'PartyとMyGO!!!!!のメンバーが登場。先輩たちの姿を見て走ってきたMyGO!!!!!と後輩の影響を受けてさらに挑戦したPoppin'Partyのトークを披露した。

その後一人ずつ感想を言っていく場面では小日向さんが思わず涙する場面も。なんでもオーディションのときに演奏した楽曲が「キズナミュージック♪」だったらしく、そんなエモいエピソードに心打たれてしまった。

ポピパとMyGO!!!!!の化学反応で魅せる!合同ライブ「Divide/Unite」をレポートの画像

その後10人で演奏することになり、「歌いましょう鳴らしましょう」と「ティアドロップス」を披露した。10人による音の重なりもすごかったが、違うバンドのメンバーが仲良さそうに演奏している姿がとても印象的だった。

ポピパとMyGO!!!!!の化学反応で魅せる!合同ライブ「Divide/Unite」をレポートの画像
ポピパとMyGO!!!!!の化学反応で魅せる!合同ライブ「Divide/Unite」をレポートの画像

演奏を終えた後、10人がステージの前に立ち「ありがとうございました」とあいさつをすると会場からは大きな拍手と歓声が。その拍手と歓声に見送られながら10人はステージを後にし本公演は終了となった。

公演終了後、CDの発売、Poppin'Party単独ライブの開催など様々な情報が公開され、ファンには嬉しいサプライズとなった。

どちらも周年という節目を迎え、また新たな一歩を踏み始めた両バンド。Poppin'Partyは新たな単独ライブも決定し、より楽しみが増えたファンも多いことだろう。筆者も一ファンとして、彼女たちの挑戦を応援し続けていきたい。

ポピパとMyGO!!!!!の化学反応で魅せる!合同ライブ「Divide/Unite」をレポートの画像

Poppin'Party×MyGO!!!!! 合同ライブ「Divide/Unite」セットリスト

<MyGO!!!!!>
M1 壱雫空
M2 迷星叫
M3 無路矢
M4 回層浮
M5 砂寸奏
M6 影色舞
M7 碧天伴走
M8 迷路日々
M9 音一会

<Poppin'Party>
M1 Light Delight
M2 新しい季節に
M3 イニシャル
M4 NO GIRL NO CRY
M5 夏空 SUN! SUN! SEVEN!
M6 ぽっぴん'どりーむ!
M7 Time Lapse
M8 STAR BEAT!~ホシノコドウ~
M9 イントロダクション

<Poppin'Party✕MyGO!!!!!>
EN1 歌いましょう鳴らしましょう
EN2 ティアドロップス

RPG、FPS、MOBAなど多種多様なゲームを愛するライター。特に「ガンダム」シリーズを愛しており、好きな作品は「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」。趣味はeスポーツ観戦で、暇さえあれば、色んなタイトルの試合を観戦している。

X(旧Twitter):https://twitter.com/free_ymnk

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード 取材エンタメ