ゲーム制作サークルのKinpatsu Creative Studioは、PC向けノベルゲーム「天華百剣 -巡-」第1話の配信を「G’sチャンネル」にて開始した。

目次
  1. ゲーム制作サークル Kinpatsu Creative Studio設立
  2. 「天華百剣」プロジェクトとは
  3. 「天華百剣」プロジェクトの新たな連載コンテンツとしてノベルゲーム「天華百剣 -巡-」を公開中

「天華百剣 -巡-」は、少女の姿を持つ刀剣「巫剣(みつるぎ)」が活躍したiOS/Android向けアクションRPG「天華百剣 -斬-(てんかひゃっけん ざん・2021年8月にサービス終了)」のプロデューサーだったナカムラケンタロウ氏が設立したインディーゲームサークルのKinpatsu Creative Studioが手掛ける作品だ。

「天華百剣 -斬-」の前日譚となるストーリーがノベルゲームとして描かれており、隔月で1話ずつ公開していく予定とのことなので、前作のファンだった人はぜひチェックしてほしい。

「天華百剣 -斬-」の前日譚を描くノベルゲーム「天華百剣 -巡-」がG'sチャンネルにて公開!の画像

以下、発表情報をもとに掲載しています

ゲーム制作サークル Kinpatsu Creative Studio設立

「天華百剣 -斬-」の前日譚を描くノベルゲーム「天華百剣 -巡-」がG'sチャンネルにて公開!の画像

スマートフォンゲームのプロデューサーやマーケティングを担当するナカムラケンタロウは、シナリオディレクターの久之彦と共にゲーム制作サークル Kinpatsu Creative Studioを設立しました。

両者は株式会社ディー・エヌ・エーより配信していたスマートフォン向けアクションRPG「天華百剣 -斬-」のプロデューサーとシナリオディレクターを勤めていました。なお、どちらも株式会社ディー・エヌ・エーに所属したまま、個人のプロジェクトとしてゲーム制作を進めていきます。

サークル名:ゲーム制作サークル Kinpatsu Creative Studio
メンバー:ナカムラケンタロウ、久之彦

公式サイト
https://www.kinpatsu-creative-studio.com/

「天華百剣」プロジェクトとは

電撃G'sマガジン×電撃ホビーWEBが贈る刀剣と美少女の物語を描いた「天華百剣」プロジェクト。

舞台は銘治(めいじ)と呼ばれる文明開化に沸く日本。そこでは「禍憑(まがつき)」という邪悪な存在が暗躍していました。そのような状況で禍憑を斬り、平和を守っているのが「巫剣(みつるぎ)」と呼ばれる少女の姿を持つ刀剣たちです。

天下の名刀の数々を人気イラストレーター陣が「巫剣」として描き、様々なメディアを通して彼女たちの魅力を表現する作品群が株式会社KADOKAWA様の「天華百剣」プロジェクトで、2015年よりコミックやノベル、アニメ、スマートフォンゲームなどで作品が公開されており、現在はWebサービス「G'sチャンネル」にてコンテンツを公開しています。

「天華百剣」プロジェクトの新たな連載コンテンツとしてノベルゲーム「天華百剣 -巡-」を公開中

ゲーム制作サークル「Kinpatsu Creative Studio」の最初の作品として、2024年5月31日(金)「天華百剣 -巡-(てんかひゃっけん めぐる)」を「G'sチャンネル」内に公開しました。

当作品は「ノベルゲーム」というジャンルで、隔月で一話ずつ公開していくスタイルを予定しています。

「G'sチャンネル」作品公開ページ:
https://gs-ch.com/articles/contents/ar2PGas6qWcGxsj86Q6ZmpTZ

作品概要

時は銘治(めいじ)時代、その初頭。

政府内では「市民の帯刀を禁じる法令」の議論がなされ、少女の姿を持つ刀剣「巫剣(みつるぎ)」と、彼女たちの組織「御華見衆(おはなみしゅう)」は、その存在意義を問われていた。

自分たちは何者で、これからどう生きればいいのか?
時代の波が押し寄せる中、「小烏丸(こがらすまる)」は各地に住まう巫剣を訪ね、語り合うことを思い立つ。
それは、自分たちの今までとこれからについて。

彼女の旅路は巫剣たちの未来に希望をもたらすことができるのか。

この物語は、その旅路の記録。
巫剣たちが「自らを武器として振るうことを禁ず」と誓った「百華の誓い」へと続く、旅の物語。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード 新作