スクウェア・エニックスは9月22日、千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2012にて、同社の公式WEBラジオ「スクエニChan!」の公開生放送「TGS2012出張生配信」を行った。スペシャルゲストとして堀井雄二氏、齊藤陽介氏が登場した本イベントの模様を紹介する。

目次
  1. Wii U版「ドラゴンクエストX」のデモプレイを実施
  2. 堀井、齊藤両氏のプレイ振りが明らかに
本イベントのパーソナリティを務めた安元洋貴さんとKENNさん(写真左)。
安元さんはパッシブスキル王と呼ばれるほどの「ドラゴンクエストX」のへヴィユーザーだ。
堀井雄二氏と齊藤陽介氏(写真右)は「どらごんくえすと」と書かれた涼しげな浴衣姿でステージに登場。

「スクエニChan!」はスクウェア・エニックスのゲーム、マンガ、コミックなどの情報を配信している同社の公式WEBラジオだ。今回の「TGS2012出張生配信」では、メインパーソナリティを務める声優の安元洋貴さんとKENNさんがスクウェア・エニックスブースに登場。「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親であるゲームデザイナーの堀井雄二氏と「ドラゴンクエストX」のプロデューサー・齊藤陽介氏をゲストに迎え、実機を使ったWii U版のデモプレイやふたりにいろいろな疑問に答えてもらうQ&Aなどを実施した。

Wii U版「ドラゴンクエストX」のデモプレイを実施

まずは齊藤氏によるWii U版のデモプレイが行われた。Wii Uゲームパッドは一見重そうに見えるが齊藤氏よると「かなり軽い」そうで、安元さんとKENNさんも実際に持ってみて「軽い!」と驚いていた。ちなみに、今回のイベントではWii Uゲームパッドによる操作は有線で行われたが、製品版では無線でプレイすることができるとのことだ。

まずはモニター画面を見ながらプレイ。HD画質の映像に安元さんは「超キレイですね」と感嘆の声を上げていた。齊藤氏が特に注目してほしいと語ったのはキャラクターの影で、Wii版ではシンプルな丸い影だったが、今回のWii U版ではキャラクターのシルエットがきちんと投射されており、太陽の動きに合わせて形も変わることが紹介された。

続いて、Wii Uゲームパッドにゲーム画面を映してプレイ。このシステムを利用すれば、家族がテレビ番組を見たいといった際にも、中断することなくプレイし続けることができる。今回初めてWii Uゲームパッドでの操作を体験した安元さんは、「画面が思ったよりもキレイ」、「ボタンもちょうどいい位置にあって操作しやすい」と感心することしきりで、「(手元に画面を映すことに)最初は何の意味があるのかと思っていましたけど、こうやって家の中であちこち持ってプレイできると考えるとすごい意味がありますね」と感想を述べた。

また、齊藤氏からWii版のキャラクターデータが引き継げること、Wii版とWii U版のプレイヤーが同じサーバーで一緒にプレイできること、Wii Uプレミアムセットを購入するとWii U版のベータテストへの参加特典がプレゼントされることなどがあらためて紹介された。

ここで安元さんがWii U版のベータテストにWii版のキャラクターで参加できるか質問。この点について齊藤氏は「技術的には可能ですが、プレミアムセットが何台出るか把握できないので、仮にものすごい数になったとするとサーバーに限りがありますから、その場合はプレミアムセット購入者が優先になってしまうかもしれません」と回答した。ただ、Wiiから乗り換えたいという人も多いと予想されることから「頑張って調整したい」と実現に含みを持たせた。

今後のアップデートについても言及。齊藤氏によると1年強のスケジュールはすでにキッチリ決まっているとのことで、「お客様の動向を見ながら前後させなければいけない部分はあるが、“ドラゴンクエストX”のアストルティアの世界が続く限り永遠にやっていきたい」と力強く語った。

初のオンライン化に対するファンの反応も語ってもらった。堀井氏によると「敷居が高いと思っていたけどやってみると楽しい」「パーティー組むのは怖いんだけど周りに人がウロウロしているのが面白い」と言ってくれる人が多いとのことで、「ちょっと入って、すぐに止めるってことができるのが大きいんじゃないかな」と、ログイン・ログアウトのストレスの少なさが好評を得た理由ではないかと分析した。

堀井、齊藤両氏のプレイ振りが明らかに

プレイヤーから寄せられたさまざまな質問に堀井氏と齊藤氏が答えるQ&Aコーナーも実施された。まず、使用している種族を聞かれ、堀井氏はベータテストのときにはドワーフで遊んでいたが製品版では正体がバレたらマズイので、エルフでこっそりプレイしていると回答。齊藤氏はドワーフでプレイしていて盗賊レベルは50、武闘家や旅芸人のレベルも30後半と答えた。

次の「おすすめの職人は?」という質問では、堀井氏が武器職人、齊藤氏が防具職人でプレイしていることも明らかにされた。ちなみに、ハウジングの実装が発表されたことから、堀井氏は木工職人の人気が上がるかもしれないと予測した。また、フレンド登録数は堀井氏が5、6人。齊藤氏は20人くらいだそうだ。

また「ひとりでも遊べるか」という未経験者からの質問には、堀井氏が「ちょっとレベルを高めにする必要はあるけど、基本ひとりでも大丈夫ですよ」と安心の回答。ちなみに齊藤氏は、今回キャップ解放されるレベル55くらいが、ソロプレイでラスボスに勝てるレベルだろうと想定していたそうだが、すでにソロでラスボスを倒したという報告がいくつかあって「予想外だったです」と語った。

今回のゲームショウ2012の会場内でニンテンドー3DSダウンロード専用ソフト「ドラゴンクエストX 冒険者のおでかけ便利ツール」を介して、スクウェア・エニックスの公式キャラクター「プーちゃん」のデータを配信していることも紹介。データを持ち帰ってゲーム中で「プーちゃん」とすれ違うと、「すれちがいポイント」を3ポイントもらえるとのことだ。

最後にこちらでも紹介しているとおり、堀井氏がWii U版の発売時期について「来年の春ぐらいかな?」とコメント。齊藤氏は「桜が咲くころか、散るころか」とお茶を濁す場面もあったが、「頑張ります」と力強く答えてくれたので期待して待とう!

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー