9月23日、スクウェア・エニックスは東京ゲームショウ2012の特設ステージにて、ニンテンドー3DS用ソフト「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D」の公式大会「Great Masters’GP 」のチャンピオン大会を開催した。

目次
  1. チャンピオンの座を賭けて8名のプレイヤーが激突
  2. タフさのおおなめくじと癒しのシドーの勝負の行方は?

「Great Masters’GP 」はニンテンドー3DSのワイヤレス通信を使ってプレイヤー同士が育てたモンスターを戦わせて、最強のモンスターマスターを決めるというものだ。決勝大会には東京、大阪、名古屋地区の予選を勝ち抜いた6名にWi-Fi通信を利用したオンライン予選の上位入賞者2名を加えた計8名が参加し、チャンピオンの座を賭けてトーナメントを戦った。

本大会の解説を務めるのは「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D」の犬塚太一プロデューサーと「ドラゴンクエスト」シリーズのヘビーユーザーとして知られる声優の安元洋貴さん。犬塚氏は「今回の予選は熱いバトルばかりで楽しかったです。モンスターのバリエーションも豊富で、そのあと皆さんがどのように育てたのか、とても楽しみです」と期待する旨を述べた

3年連続で解説役を務める安元さんは、司会者から「本当は自分が出たいんじゃないですか?」と突っ込まれて、「何回か出ようとしたんですけど、どうしても年齢制限にひっかかる大会しか行けるタイミングがなくて、Vジャンプさん(子ども向けの大会を主催)にぜひ大人も出られる大会をお願いしたい(笑)」と苦笑しつつコメント。その言葉どおり本作もかなりやり込んでいるようで、試合では要所での的確なコメントで会場をうならせていた。

「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D」の犬塚太一プロデューサー(左)と声優の安元洋貴さん。

チャンピオンの座を賭けて8名のプレイヤーが激突

大会のルールだが準々決勝は5ラウンド、準決勝と決勝は10ラウンドで行われ、終了した時点で決着が着かなかった場合は判定で勝敗が決する。作戦はモンスターに直接命令を出せる「フリー」で、戦闘中のモンスターの入れ替えは1回のみ。ゴールデンスライムとスライムマディラのような同系統のモンスターの同時使用はOKだが、メタルスライムが2体といった同種族を複数使用やゲストモンスターの使用は禁止となっている。

準々決勝第1試合はライト選手(東京地区代表)とタピオカこぶん選手(大阪地区代表)、いぶさん選手(名古屋地区代表)とあっちゃん♪選手(メンバーズ代表)が対戦。いきなりGサイズ同士のモンスターがぶつかったり、相手の行動の先を読んでさまざまな特技を使ったりと初戦から白熱の展開となったが、終了間際に効果的に復活・回復魔法を使ったライト選手と前々回のチャンピオンであるいぶさん選手が判定で勝利。準決勝進出をはたした。

リク選手(メンバーズ代表)とケン選手(名古屋地区代表)、チモ選手(大阪地区代表)とエクスカリバー選手(東京地区代表)が対戦した準々決勝第2試合は、実戦であまり見たことのないおおなめくじの登場に会場が大盛り上がり。解説の安元さんも「おおー!」と驚嘆の声を上げていた。試合のほうはこのおおなめくじを効果的に使ったケン選手と敵モンスターをうまく落としたエクスカリバー選手がそれぞれ勝ち抜く結果となった。

準決勝はどちらも東京地区代表と名古屋地区代表の対戦となった。第1試合は大型のモンスターを駆使するライト選手(東京地区代表)と1枠のモンスターを並べるいぶさん選手(名古屋地区代表)という対照的な戦術のふたりが激突。まず、いぶさん選手がモンスター同士の連携攻撃を駆使して敵モンスターを落とすが、ライト選手もシドーを回復・蘇生役としてうまく活用して対抗。白熱の勝負はわずかな差でライト選手が勝利する結果となった。

準決勝第2試合では名古屋地区代表のケン選手と東京地区代表のエクスカリバー選手が対戦した。この試合でも準々決勝を盛り上げたケン選手のおおなめくじが大活躍。驚異的なタフさで敵の攻撃をしのぎ、逆にカウンターで落としていく。終盤は互いに判定で勝利すべくメガザル合戦となるが、またも交代ででてきたおおなめくじが猛攻をかけて勝負あり。終始優勢に試合を進めたケン選手が決勝進出を果たした。

タフさのおおなめくじと癒しのシドーの勝負の行方は?

かくして決勝戦は東京地区代表のライト選手と名古屋地区代表のケン選手の間で行われることとなった。今大会はモンスターの入れ替えが1回のため、どの選手も回復を使わずに一度全滅させ、メガザルで復活させて交代するという戦法を駆使。そのため打撃戦となる激しい試合になることが多く、決勝戦も互いに猛攻を仕掛けるアグレッシブな展開となった。

前半戦はまたもケン選手のおおなめくじがタフネスぶりを発揮。敵モンスターの怒涛の攻撃を耐え抜いて反撃を加えていった。だが、ライト選手もシドーを回復役として活用する得意の戦術で形勢を逆転。ことにシドーは行動が遅いため、そのターンの一番後にベホマズンやザオリクを使うことが多く、味方がどんなにダメージを受けてもここで全回復してしまう。これには犬塚・安元両氏も「最後に全部シドーが整えちゃうんですよね」と感心していた。ちなみに、この戦法を犬塚氏は「後出しベホマズン」と呼んでいるそうだ。

この破壊神というよりも癒しの神というべきシドーの活躍で後半戦はライト選手が優位に試合を展開。粘るケン選手を振り切り、判定で見事な勝利をおさめた。

表彰式には今年もスペシャルゲストとして「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親・堀井雄二氏が登場。堀井氏は「どんなモンスターでも強くできるようにしようというコンセプトがあったから、裏でなめくじ応援してました(笑)。優勝した方は先を読んで読んでというところがすごかったです」と両者の健闘をたたえた。

今年もゲームデザイナーの堀井雄二氏がプレゼンターとして登場。

優勝したライト選手と準優勝のケン選手に堀井氏より賞状とトロフィーが授与。ライト選手には副賞として堀井氏のサインの入ったWiiUプレミアムセットとWiiU版「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」が。ケン選手にも同じく堀井氏のサイン入りのニンテンドー3DS LLが贈呈された。

最後に堀井氏、安元氏、犬塚氏がそれぞれコメント。堀井氏は本作をまだプレイ中とのことで、“ゆうぼん”というキャラクター名でやっていることを明かし「一緒に楽しみましょう!」と会場のファンに呼びかけた。スライムの姿で決勝の解説を行った安元さんは「もっと“霧”とかのジャンケンになるのかなと思っていましたが、最終的には人の頭の中でもろもろ組まれた部分で勝敗が決まるので本当に面白かったです」と語った。

犬塚氏は「本当にいろいろなモンスターが出てきて、一手一手感情が伝わってくるというか、いい試合が多かったと思います。いつもだとここで“来年は!”とか言ったりするんですけども、次回作については少し時間を頂いて。じっくり作ろうと思いますので少々お待ちいただけたらと思います。本日はありがとうございました」と感想を述べ、大会を締めくくった。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー