PS3/PS Vita用ソフト「英雄伝説 閃の軌跡」の発売に向けて、これまでに発売された軌跡シリーズの全タイトルをおさらい! 第5回では、シリーズ第5作「英雄伝説 碧の軌跡」を紹介します。

軌跡シリーズは、日本ファルコムが壮大なスケールで贈るRPGの大巨編。シリーズ第1作目となる「英雄伝説 空の軌跡FC」がWindows用タイトルとして2004年6月24日に発売されて以来、主人公たちが冒険の旅を通してさまざまな人々との出会いと別れを経験し、成長していくストーリーにより、現在に至るまで多くのファンを獲得している人気シリーズです。

軌跡シリーズの最新作となる「英雄伝説 閃の軌跡(以下、閃の軌跡)」が2013年9月26日に発売されるのに併せて、ここでは「閃の軌跡」と同じゼムリア大陸を舞台とした世界観を共有する、これまでの軌跡シリーズのタイトルを5回に渡って振り返ります。

第5回で紹介するのは、前作「英雄伝説 零の軌跡(以下、零の軌跡)」の続編にして、ロイドを主人公とした物語の完結編となる「英雄伝説 碧の軌跡(以下、碧の軌跡)」です。ストーリーやキャラクターに関する情報を紹介するとともに、シリーズ全タイトルをプレイしている筆者が、これから本シリーズを遊ぼうと思っている方のために、本作の魅力をお伝えしていきます。

ストーリー

クロスベル自治州──

エレボニア帝国とカルバード共和国に挟まれ、大陸有数の貿易・金融都市として発展してきたこの自治州は、とある狂信的な宗教団体が引き起こした事件によって危機を迎えた。

マフィアの抗争すら巻き込んだその事件は、謎の薬物「グノーシス」で警備隊が操られたことにより絶望的な状況に陥ったが、警察に設立された「特務支援課」などの活躍によって無事解決され、平和は取り戻された。

教団やマフィアと関係していた帝国派・共和国派議員たちも一掃され、新たな市長を迎えたクロスベルの未来は明るいかと思われたが、激動の時代を迎えたゼムリア大陸において、それは一時の安息に過ぎなかった。

高まりつつある帝国・共和国からの干渉と圧力。大陸全土を巻き込みかねないような“動乱”の兆し。最強の猟兵団《赤い星座》と、東方系シンジケート《黒月(ヘイユエ)》、──そして謎の結社《身喰らう蛇(ウロボロス)》。

全ての導火線がクロスベルに集まる中、太古の時代へと遡る真実と、解き明かされなかった数々の謎の真相が、今、ここに明かされる──。

これは──“壁”を乗り越えようとする全ての人々に贈る、「同じ時代を生きていく」ための物語である。

登場キャラクター
ロイド・バニングス CV:柿原徹也

「どんな《壁》だろうと、みんなと乗り越えてみせる!」

前作「零の軌跡」に引き続き、本作の主人公となるクロスベル警察の若手捜査官。とある事情により特務支援課が一時解散となった後、研修のため捜査一課に入り、本格的な防諜・対テロ訓練を受けていた。

エリィ・マクダエル CV:遠藤綾

「クロスベルの未来──他人任せにはできない!」

前作で特務支援課メンバーとしてロイドと共に活躍した、前クロスベル市長ヘンリー・マクダエルの孫娘。特務支援課の一時解散後、新たに自治州議長に就任した祖父を手伝うため警察を休職していたのだが…。

ティオ・プラトー CV:水橋かおり

「ロイドさんの勇姿、しかと見届けさせてもらいます」

エプスタイン財団からクロスベル警察に出向してきたクールな言葉と素っ気ない態度が印象的な少女。感応力に優れ、財団が開発した魔導杖(オーバルスタッフ)という特殊装備を使いこなす。特務支援課が一時解散となった後、レマン自治州にある財団本部に戻っていたのだが…。

ランディ・オルランド CV:三木眞一郎

「ま、ピンチになったらいつでも駆けつけてやるからよ」

前作「零の軌跡」で特務支援課のメンバーとしてロイドたちと活躍した、元クロスベル警備隊員の頼れる兄貴分。教団事件後は一時的に警備隊に戻り、ミレイユ准尉を始めとする薬物投与された警備隊員たちのリハビリ訓練に協力している状態。大陸西部最強の猟兵団の一つ、《赤い星座》に所属していた過去を持つ。

アレックス・ダドリー CV:中井和哉

「気を抜くな、一課の研修を思い出すがいい」

クロスベル警察、捜査一課に所属するエリート捜査官。頭脳派タイプだが体を相当鍛えており、軍用の大型導力拳銃を使いこなす。当初はロイドたちを認めていなかったが、最後には特務支援課に協力し、教団事件の解決へと導いた。今作ではその実績を買われ、ある大役を任される事になる。

ノエル・シーカー CV:浅野真澄

「皆さん、改めてよろしくお願いします!」

クロスベル警備隊に所属する女性警備隊員。類稀なる行動力と戦闘能力を有しており、若くして曹長を任されるほどの期待のホープだったのだが、本作では所属先が変わり…?

セルゲイ・ロウ

「分かってると思うが、ボチボチ頭を切り替えてもらうぞ」

ロイドたちが所属する「クロスベル警察 特務支援課」の責任者にして発起人。元々は敏腕捜査官だったが、上に煙たがられて厄介者扱いされていた。基本は放任主義だが、要所でロイドたちをさり気なくフォローしてくれる。

アリオス・マクレイン CV:森川智之

「武運を──気をつけて行くがいい」

《風の剣聖》の異名を持つクロスベルのA級遊撃士。卓越した剣技と問題解決能力で市民から英雄視されるほどの存在。本作ではある事件でロイドと行動を共にすることに。

キーア CV:釘宮理恵

「みんな出かけるのー? えへへ、がんばってねー!」

前作でロイドたちが保護した記憶喪失の少女。明るく無邪気で、誰からも愛される天真爛漫な性格。ロイドたちに引き取られた後、日曜学校に通い始めるようになる。

リーシャ・マオ CV:佐藤利奈

「──これ以上、迷惑をかけるわけにはいきません」

前作で鮮烈なデビューを果たした劇団アルカンシェルの大型新人アーティスト。おとなしく心優しい少女で、もともと努力家な部分も手伝い、イリアの猛特訓に耐えながら劇団の中でメキメキと頭角を現している。

その正体は、《銀(イン)》という名の凄腕の凶手(暗殺者)にして共和国の東方人街では“伝説の魔人”として恐れられている人物。《黒月貿易公社》の支社長、ツァオ・リーの依頼でクロスベル自治州に滞在しており、前作「零の軌跡」では、ときには敵、ときには協力者としてロイドたち特務支援課と接触していた。

ワジ・ヘミスフィア CV:皆川純子

「他ならぬ君のためだ、役に立ったのなら嬉しいよ」

中性的な美貌を持つ、謎めいた妖しい少年。クロスベル市の旧市街で「テスタメンツ」と呼ばれる、知性派を気取った不良グループを率いていたが、本作ではある気まぐれを起こし…。

ヴァルド・ヴァレス CV:滝下毅

「てめえは“聖域”を汚した! 絶対に許すわけにはいかねえッ!!」

武闘派を気取る不良チーム「サーベルバイパー」の巨漢のヘッド。その圧倒的な腕力と凶暴さで、多くの不良少年たちを従え、クロスベル市の旧市街にあるライブハウス「イグニス」を根城にしている。前作ではマフィアを巡る事件でロイドたち特務支援課と協力したこともあったが…。

シャーリィ・オルランド CV:竹達彩奈

「あはは! ちょっとは楽しませてよねええっ!?」

シグムントの一人娘にして、猟兵団《赤い星座》の部隊長を務める少女。小柄ながらもチェーンソー付きの大型ライフルを軽々と振るい、《血染めの(ブラッディ)シャーリィ》の異名で恐れられている。基本的に無邪気で悪気はないが、とにかく戦いが好きでたまらない。

マリアベル・クロイス

「よき滞在を。存分に羽根を延ばして下さいな」

ディーター市長の一人娘で、パワフルで自信家のお嬢様。父親がクロスベル市長になってからは、取締役会などを通じてIBC(クロスベル国際銀行)の事業運営を一手に引き受けており、多忙な日々を送っている。

幼馴染であるエリィの事を気に入っており、彼女に対しては少々過激(?)なスキンシップを求めることも。支援課のメンバーとしてエリィと親しくしているロイドを微妙に敵視しているが…。

ディーター・クロイス

「ハッハッハッ。いや諸君、よく来てくれたね」

IBC(クロスベル国際銀行)の総裁を務めていた人物。教団事件後、市長選に電撃出馬して見事トップ当選を果たした。新市長となってからは、超高層ビル建設や大規模な国際会議の開催などとにかく精力的に活躍しながら、特務支援課の活動も全面的にバックアップしてくれることに。

ツァイト CV:滝下毅

「グルルル……ウォン。(やれやれ、世話の焼ける)」

クロスベルに伝わる「神狼」の伝承にそっくりな白い大型の狼。マフィアの軍用犬事件でロイドたちの前に現れ、警察犬扱いになった。教団事件解決後もいまだ特務支援課のビルに居座っているようだが…。

カンパネルラ CV:伊藤かな恵

「ボクからの手土産、愉しんでくれると嬉しいな」

前々作「空の軌跡」に登場した、結社《身喰らう蛇》の執行者No.0。挑発的かつ悪戯好きな性格で《道化師》の異名を持つ。今作では突如クロスベルに現れ、謎めいた行動を取り始めるが…。

アリアンロード CV:久川綾

「この地を巡る運命……しかと見届けさせて貰いましょう」

結社《身喰らう蛇(ウロボロス)》の使徒・第七柱。あらゆる武術に通じ、仁義に厚い事で知られるが敵対する相手に対しては容赦しない厳しさも併せ持つ。

「英雄伝説 碧の軌跡」の魅力を紹介!

今作では、一時解散の期間を経てそれぞれの成長を遂げたロイド、エリィ、ティオ、ランディの4人に、新たにクロスベル警備隊に所属する女性警備隊員のノエル、そして不良グループ「テスタメンツ」のヘッドであるワジが加わり、新生特務支援課として新たなストーリーが描かれていきます。

前作ではクロスベル内部で起こった事件に立ち向かい、さまざまな助力を得て見事解決へと導いたロイドたちでしたが、今作ではゼムリア大陸全土をも揺るがす大きな事件に関わっていくこととなります。

最強の猟兵団《赤い星座》や謎の結社《身喰らう蛇(ウロボロス)》などの新たな勢力・キャラクターが登場する中で、ロイドの兄であるガイの死の真相をはじめ、前作では描ききれなかったキャラクターごとのエピソードがより深く描かれ、それらが物語の結末へと収束していきます。

過去の軌跡シリーズをプレイしている人であれば見逃すことのできないキャラクターも多数登場し、より大きなうねりの中で迎えるエンディングは、最新作「閃の軌跡」にも通じる、軌跡シリーズならではのボリューム感を伴って、プレイヤーを楽しませてくれます。

戦闘システムでは、既存の「ATバトル」をベースに、画面上に表示されているBP(バーストポイント)が最大まで溜まると、一定ターン発動可能な「バースト」が新たに追加されています。

発動中は味方キャラの行動順が早まる、状態異常が回復するなど数多くのメリットが発生するだけでなく、アーツも詠唱なしで発動できるので、プレイヤーにとっての強力な味方となります。強敵が多数登場する本作ならではの対抗手段となっていますので、ガンガン使ってみてください!

また、背後から敵に接触されると隊列が乱された状態で戦闘がスタートする「バックアタック」や、木箱、ツボ、岩などをフィールドアタックで破壊することで料理の素材や釣りの餌、セピスといったアイテムが手に入る「ブレイクオブジェクト」が登場するなど、フィールド上での楽しさが増しているのも特徴のひとつです。

さらに、今作の戦術オーブメント「エニグマII」では、中央に「マスタークオーツ」と呼ばれる特別なクオーツを装着することで、20以上の強力な新アーツを発動させることが可能になっています。これは最新作「閃の軌跡」にもつながる要素となっていますので、まだ遊んでないという人はぜひ触ってみてください。

そのほか、人気テーマパーク「ミシュラムワンダーランド」で数々のアトラクションを楽しむことができたり、「零の軌跡」でティオやヨナが遊んでいた対戦パズルゲーム「ポムっと!」がプレイできるなど、遊びの要素も充実。加えて、特務支援課に支給される導力車のカスタマイズや、前作にもあった支援課メンバーの家具収集など細かいところでも楽しめるのは、本シリーズならではです。

10月10日にはお買い求めやすくなったPSP the Best版が発売されるほか、2014年には角川ゲームスよりPS Vita版「英雄伝説 碧の軌跡 Evolution」も発売予定となっています。「閃の軌跡」からシリーズに触れる人は遡って遊んでみても楽しめると思いますので、ぜひチェックしてみてください!

英雄伝説 碧の軌跡 PSP the Best

日本ファルコム

PSPパッケージ

  • 発売日:2013年10月10日
  • 価格:2,940円(税込)
  • 12歳以上対象
英雄伝説 碧の軌跡 PSP the Best

英雄伝説 碧の軌跡 Evolution

角川ゲームス

PSVitaパッケージ

  • 発売日:2014年6月12日
  • 価格:5,800円(税抜)
  • 15歳以上対象
英雄伝説 碧の軌跡 Evolution

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(49枚)

(C)Nihon Falcom Corporation. All Rights Reserved.

※画面は開発中のものです。

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

英雄伝説 碧の軌跡

英雄伝説 碧の軌跡

ストーリーRPG
  • セガ特集ページ
  • 「黎の軌跡(くろのきせき)」特設サイト
  • プリコネR特集
  • セール情報

人気記事ランキング

RANKING

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
5月6日(金)
アーケードアーカイブス ファイティングホーク
メルビッツワールド
5月7日(土)
絶叫!ぴえん要塞
5月8日(日)
名門ポケット学院3
5月10日(火)
Salt and Sacrifice
We Were Here Forever
スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園
バーバリアン・マージ
5月11日(水)
Gang Beasts
OPUS 星歌の響き -Full Bloom Edition-
ブリガンダイン ルーナジア戦記
百英雄伝 Rising
神界奇伝 ~八百万神の幻想譚~
5月12日(木)
- Mischief Dungeon Life - 異世界転生した俺のイタズラダンジョンライフ
Dead by Daylight アルティメットエディション 公式日本版
Star Wars: Knights of the Old Republic
じゃじゃ丸の妖怪大決戦+地獄
インフィニットリンクス
サクラ・エンジェルズ ~舞い降りた天使~
ザ・ラストスタンド:アフターマス
ソニックウィングス2 アケアカNEOGEO
ツクールシリーズ LAB
春ゆきてレトロチカ
蒼空アリーナ
5月13日(金)
アンデッドパーティ
5月17日(火)
ウムランギジェネレーション スペシャルエディション
コードギアス 反逆のルルーシュ ロストストーリーズ
5月18日(水)
Apex Legends Mobile
オタクアドベンチャー
5月19日(木)
DEADCRAFT
DEADCRAFT デジタルデラックス
Death’s Gambit: Afterlife
PREDATOR AND WRECK 捕食者と崩壊
Zombie Army 4:Dead War
アセント
スノーブラザーズ スペシャル
スノーブラザーズ スペシャル 初回限定版
ノゾムキミノミライ
太閤立志伝V DX
太閤立志伝V DX 30周年記念 TREASURE BOX
太閤立志伝V DX 30周年記念 TREASURE BOX デジタル版
焔龍聖拳シャオメイ
猫様とアウトローズ
5月20日(金)
Dolmen
Smilemo
この悪い子猫ちゃんめ!
5月22日(日)
Galacticon:ギャラクティコン
5月23日(月)
合戦!!にんじゃ村
海鮮!!すし街道
財閥タウンズV
5月24日(火)
Crossfire: Legion
5月26日(木)
- Mischief Dungeon Life - 異世界転生した俺のイタズラダンジョンライフ
Five Nights at Freddy’s: Security Breach
PAC-MAN MUSEUM+
Sniper Elite 5 スタンダードエディション
Sniper Elite 5 デラックスエディション
Townsmen - A Kingdom Rebuilt コンプリートエディション
ザ・パーシステンス Enhanced
ラディアンテイル
ラディアンテイル 特装版
冤罪執行遊戯ユルキル
千恋*万花
少女と宇宙の物語 Milkmaid of the Milkyway
那由多の軌跡 アド・アストラ