9月19日から22日まで千葉・幕張メッセにて開催されている「東京ゲームショウ2013」。ここでは、21日にスクウェア・エニックスブースで行われた「ドラゴンクエストX」バージョン1.5情報ステージの模様をお届けする。

本ステージでは、「ドラゴンクエストX」プロデューサーの齊藤陽介氏と、ディレクターの藤澤仁氏から、大型アップデート「バージョン1.5」についての情報が語られた。このバージョン1.5は前・中・後期の3期制となっており、現在は前期まで公開されているが、本作のWindows版の発売と同じ9月26日より、いよいよ中期が公開となる。

齊藤陽介氏 藤澤仁氏

藤澤氏によると、公開まで時間が掛かってしまった分、かなりのボリュームになっているようで、会場ではおさらいを含めて中期のトピックが紹介されていった。まず挙げられたのは、ワールドお知らせ板の機能追加だ。すでに全国の酒場に掲示板のようなものが置かれているが、まだ機能がなかったこのお知らせ板に、中期から各強ボスモードの討伐タイムがランキングで見られる「ワールドレコードランキング」機能が搭載される。

実はこの機能、後期に実装される予定で、中期はチーム検索機能が予定されていたのだが、開発の都合で順番が逆になったとのこと。ランキング機能は歴代と月ごとの記録を見ることができ、ランキング入りした人で自分の名前を出したくない場合、“ないしょ”の設定にすることもできるという。ランキングは200位まで表示されるので、月ごとであれば結構ランク入りのチャンスが出てきそうだ。

バトル系の強化データ追加として、最近のアップデートではお馴染みの転生モンスターなどが今回も追加される。その中で主だったものとしては、魔法の迷宮の強化データ再追加がある。例えばキングレオ戦ではジャミラスとトロルバッコスが一緒に出てくるなど、組み合わせのボスが登場する。戦闘に入ってみるまでどの組み合わせで出てくるか分からないため、とっさにパーティで対応できるかがカギになるだろう。

また、魔法の迷宮にゴールデンスライムが登場することも判明。出現場所は隠し階で、出やすさはメタルキングと同じか、それよりも少し出やすいかも…と言うぐらいの確率らしい。藤澤氏いわく非常にゴールドを持っているので、見つけたら元気玉を使ってゴールドを2倍にして挑んでほしいとのこと。

さらに「強モードボス最終追加」として、あのボスの強モードが追加される。藤澤氏はネタバレがあるので映像を出すか迷ったというので、スクリーンの映像を掲載するのはボスに挑む前の場面までにしておく。ちなみに強ボスモードはもう一体存在しており、これらもランキングに対応。計12体の強ボスモードのクリアタイムを競うことができる。

港町レンドアには、新キャラ・ドロシーが登場する。このキャラクターに話しかけると、オートマッチングなしでコインボスと戦うことができる。サポートなかまを連れて挑んだり、身内だけの2~3人で残りはサポート仲間を連れて挑みたいときなどに活用したい。

そのほか、住宅村が便利になる機能も追加される。その一つとして、自分の家に郵便受けを設置できることが判明。手紙を出すには郵便局に行かなければいけないが、自宅で郵便が受け取れるのは便利だろう。ちなみに価格は明かされなかったが、藤澤氏によると「そんなに安くていいの!?」と言うぐらい、購入しやすい価格になっているようだ。

ちょっと変わったコンテンツとして、アストルティアの七不思議を探すというものがある。これは世界のどこかで七不思議を見つけたら、その写真を撮影するというもの。どういった七不思議があるのか、どこに発生するのかなど、不思議に関するヒントはドルワーム水晶宮にいるNPCから聞けるので、まずは彼に話しかけてみよう。七不思議を狙って撮影するのは大変だというが、見事写真に収めることができれば、彼からお礼がもらえるという。

ここで本日のメインイベント(?)として、合成屋のリーネさんバージョン1.5のPVが公開された。普段はカウンター越しにしか見られないリーネさんの全身像が映し出されただけでなく、ゴージャスなコスチュームになった姿も披露された。どうやら中期のアップデートでは、施設NPCとして初のこととして、リーネさんのモデルチェンジが行われるようだ。

さらに覚醒リーネとしてバトルも…というのは冗談で用意されたものだったが、リーネさんの新技追加により、中期からアクセサリーについた任意の合成効果を有料でひとつ外せるようになることが明かされた。藤澤氏は価格について「こちらはお安くないですよ。5000ゴールド!」と名言。

当日放送されていたニコニコ生放送のコメントでは、一部安いという意見もあったようだが、「よく考えてください。この人が付けたものを、この人が外すのに5000ゴールドですよ」という藤澤氏の発言には、会場から笑い声が上がっていた。なお、今までは合成したものは素材に使用することはできなかったが、失敗したと思ったものも効果を外したりせず、そのまま素材として使えるようになるとのこと。

余談だが、これからもリーネさんはお仕事を頑張るというので、みんなが可愛がれば「2.○」ぐらいのアップデートでまた豪華な姿になるかもしれないとか。

ストーリーにも進展があり、いよいよ神話編が最終局面を迎える。中期だけでなく後期に向けても神話編の話は続くが、本当の意味で強敵が現れ、物語的にクライマックスを迎えるのは、この中期だという。現にボスは最強チューニングされているようで、バージョン1では最大の難所になるようだ。その分、ご褒美は非常に豪華なものになっている。

イベント後半では、後期のアップデート内容にも触れられた。まずは、プレオープンとなるコロシアム。かなり現実的な状況まで開発作業が進んでいるようで、会場では初公開となる映像が公開となった。

コロシアムの流れは、参加エントリーをするか対戦相手を指定し、対戦相手が決まるとバトルステージに移動。すぐに戦闘が始まるわけではなく、30秒のブリーフィングがあり、ここで作戦会議をしたり、ごく簡単に対戦相手の情報をチェックすることができる。

30秒が経過するとバトル開始となるが、相手が目の前にいてすぐ対戦が始まるわけではない。広いステージの中央に行き間合いをつめることろから始まるので、テンションを上げたり自身を強化する魔法を使ったりして準備を整えることが可能だ。

コロシアムは相手を倒してポイントを奪うポイント争奪バトルとなっている。4対4のバトルなので、範囲攻撃を活用することで一気にダメージを与えられたりと、コロシアム向きの武器をはじめ、普段はあまり使わない特技の中にも、ここでは有効に使えるものがありそうだ。

試合が終了すると勝敗などのリザルト画面が表示され、そこでベストプレイヤー投票を行うことができる。これは敵味方関係なく、自分以外でこの人が一番よかったと思う人に投票できるというもの。無投票も可能だが、得票がランキングになったりするので、仮に敗戦が濃厚になった試合でもベストを尽くそう。

コロシアムでは、ランクが上がることに“ふくびきけん”が手に入る。実装当初はプレオープンということもあり、参加して協力した人には、バトルで勝利するとふきびきけんが2枚、負けても1枚、毎日参加賞としてプレゼントされる。

肝心の後期のアップデートだが、10月下旬に実施予定であることもこの場で発表となった。

中期アップデートのリリースとWindows版が発売される9月26日には、全国のゲオとTSUTAYAにてWindows版の無料レンタルが開始となる。なお、本作は利用権の購入が必要となるが、Windows版ではクレジットカードに加え、スクウェア・エニックスメンバーズの通貨であるクリスタでも決済することができる。レンタルの対象店舗や利用権の決済については、公式サイトをチェックしていただきたい。

最後に、スクウェア・エニックスのオンラインRPG3タイトルのアニバーサリー企画についての発表が行われた。

ステージには「ファイナルファンタジーXI」プロデューサーの松井聡彦氏と、「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏が登壇し、3タイトルの各プロデューサーがそろい踏みとなった。

松井聡彦氏 吉田直樹氏

齊藤氏はまだ全貌を語るには早いというが、ここでは各タイトルでどのようなコラボが行われるのか、スクリーンショットや映像が公開された。まずは「ファイナルファンタジーXI」に、スライムとスプリガンが登場することが判明。

そして「ドラゴンクエストX」にはモーグリとシャントットが登場。

「新生FFXIV」にはゴーレムとシャントットが登場し、さらにどちらもミニオンが報酬として手に入ることが判明。ゴーレムは齊藤氏が「本編でもこんな出方しないですよ」というように、ストーンマンとゴールドマンも一緒に登場するという、画像だけでもなかなかに見ごたえのあるものとなっていた。

これらのコラボが各タイトル内でどのようなコンテンツになるのか、今後にも注目したい。

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン

スクウェア・エニックス

PCダウンロード

  • 発売日:2013年9月26日
  • 価格:3,990円(税込)
    ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン

    ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン

    スクウェア・エニックス

    Wiiパッケージ

    • 発売日:2013年12月5日
    • 価格:3,800円(税抜)
    • 全年齢対象
    • ※本パッケージをプレイするには「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」のソフトおよび、レジストレーションコードが必要です。
    ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン

    ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン

    スクウェア・エニックス

    WiiUパッケージ

    • 発売日:2013年12月5日
    • 価格:3,800円(税抜)
    • 全年齢対象
    • ※本パッケージをプレイするには「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」のソフトおよび、レジストレーションコードが必要です。
    ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン

    (C)2012, 2013 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    ※画面は開発中のものです。

    TGS2020
    • セガ特集ページ
    • 軌跡シリーズ特設サイト
    • Figgy
    • プリコネR特集

    人気記事ランキング

    RANKING

    定期配信

    REGULAR
    • ゲーム発売日・配信日カレンダー

    コメントランキング

    COMMENT