“生き延びる”ことがメインテーマという、一風変わったゾンビゲームが登場する。Techlandが開発中の新作ゾンビゲーム「ダイイングライト(DyingLight)」を紹介しよう。

「ダイイングライト」は、ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントから2015年に発売予定のサバイバルアクションゲームだ。東京ゲームショウ2014の会期中、本作の開発会社Techlandでデザイナーを務めるMaciej Binkowski氏からプレゼンテーションを受けたので、その一風変わったゲーム内容を紹介したい。

バトル以外にもさまざまなアプローチで攻略できる!

過酷な開発作業の末、自らゾンビ化してしまった<br />デザイナーのMaciej Binkowski氏
過酷な開発作業の末、自らゾンビ化してしまった
デザイナーのMaciej Binkowski氏

ゲームの舞台となるのは、感染症の“ゾンビアウトブレイク”により、ゾンビだらけになってしまった世界。感染症の拡大を阻止するべく該当区域を封鎖したところ、ゾンビだけでなく生身の人間もうっかり閉じ込めてしまった。プレイヤーはそんな残念な一人として、たくましく生きていかねばならないのだ。

“ゾンビもの”のゲームと聞くと、襲いかかるゾンビをひたすら倒す、無双ライクなゲーム内容をイメージする人が多いかもしれない。ところが本作では、戦う以外にも色々と攻略法が用意されている。本作のゲームジャンルは“サバイバルアクションゲーム”で、あくまで“生き延びる”ことに主眼が置かれているのが、他のゾンビゲームとの大きな違いだ。

例えばプレイヤーが移動中にジャンプを行い、そのままボタンを押しっぱなしにすると、自分の手足が届く範囲内なら基本的にどんなものでも利用できる。フェンスや屋根をよじ登ったり、壁から壁へ移動するのはお手の物で、ゆくゆくはゾンビすら踏み台にしてジャンプできてしまう。この操作ボタンは“パルクールボタン”と名付けられており、エクストリームスポーツさながらのアクションが誰でもお手軽に出来るのだ。

また、このゲームに登場するゾンビは、光や音に強く反応する性質を持っている。ゾンビの大群と遭遇した際は、離れた場所に向けて照明弾を発射したり、遠隔操作でサイレンを鳴らしたりしてゾンビの注意を引き付け、その間にパルクールを駆使して迂回することが可能だ。

しかしゾンビも手強い。日中のゾンビは緩慢とした動きだが、夜間になると打って変わってアグレッシブに襲い掛かってくるのだ。真正面から太刀打ちするのは難しいほどで、しかもそれとは別に、普通のゾンビよりも遥かに強力な、“プレデター”と呼ばれるモンスターも徘徊するようになる。プレイヤーは夜間の外出を極力避け、セーフゾーンでじっと待ち、そして朝日が昇ってから挽回するのが得策だろう。タイトル名のとおり、本作のゾンビは“Dying Light”というわけだ。

Strength/Agility/Survivalの3種類からプレイスタイルを選択

ゲーム中はプレイヤーの行動に応じて、マイキャラのパラメータ「Strength」や「Agility」が上昇する。基本的にはバトル関連の行動でStrengthが、パルクールなどの移動アクションでAgilityが上昇する感じだ。そしてパラメータが一定値に達すると、スキルポイントを獲得し、それと引き換えにツリー形式で新しいスキルが習得できる。

Strength系のスキル例としては、地面を思い切り踏んで範囲攻撃を行う“ストンプ”や、渾身の一撃を繰り出す“チャージアタック“などがあり、この方面に成長させると、いわゆるアクションRPGっぽいバトルが可能となる。一方のAgility系では、スライディングで狭い場所を潜り抜けたり、壁を素早くよじ登ったり、紐付きフックを放って移動したり、高い場所から飛び降りられたりと、パルクール系のアクションが更に増える。両ツリーには、それぞれ25程度のスキルが用意されているそうだ。

また、今回の試遊バージョンでは未実装だったが、現在「Survival」のスキルツリーが開発中とのことだ。Survivalは、クエストや人助け、アイテム制作などを行うことで上昇し、インベントリの拡大や、アイテム制作のレシピを増やしたり、武器の消耗や修理コストが軽減できるスキルが習得できるという。ちなみにアイテム制作に関しては、釘付きのバットや電気が流れる斧といった武器や、ゾンビだらけの中で生き抜くために必要なサバイバル関連グッズなどが作れるという。

つまり本作では、“戦闘(=Strength)、パルクール(=Agility)、クエスト/アイテム制作(=Survival)”の中から自分の好きなプレイスタイルが選べ、そのバランスに応じてキャラクターの能力も少しずつ成長していくわけだ。

プレイモードに関しては、シングルプレイ、最大4名によるマルチプレイ、そしてPvPの「be the Zombie」モードなどが開発中。最後のbe the Zombieモードは、プレイヤーがゾンビ(Night Hunter)やプレデターに扮することも可能で、専用のスキルツリーも用意されているとのこと。ゾンビがどのようなスキルが使えるのか、こちらも気になるところだ。

個人的にこの「ダイイングライト」は、今回の東京ゲームショウ全体を通じて最も興味を惹かれたタイトルである。かつて無かったタイプのゾンビゲームとなることは確実で、発売が今から待ち遠しい。

ダイイングライト

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

PS4ダウンロード

  • 発売日:2015年4月16日
  • 18歳以上のみ対象
  • PS Storeダウンロード版

ダイイングライト:ザ・フォロイング エンハンスト・エディション

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

PS4ダウンロード

  • 発売日:2016年4月21日
  • 18歳以上のみ対象

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(18枚)

DYING LIGHT (C) Techland 2013. Published and Distributed by Warner Bros. Home Entertainment Inc.
WB SHIELD: TM & (C) Warner Bros. Entertainment Inc.
(s13)

※画面は開発中のものです。

関連ワード

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

ダイイングライト

サバイバルホラーアクション
機種
PS4XboxOneSwitch
プラットフォーム
パッケージダウンロード
OS
会社
スパイク・チュンソフトTechland
ジャンル
アクション
テーマ
ホラー
システム
オープンワールド
公式サイト
公式サイト
  • プリコネR特集
  • セール情報
  • Figgy

人気記事ランキング

定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
4月8日(月)
Aurora7
Spirit City: Lofi Sessions
プリケツにゃー!
機兵とドラゴン
4月9日(火)
Children of the Sun
KAKKUN
イルラン
4月10日(水)
SUSHIショット
クローズ×WORST UNLIMITED
4月11日(木)
CLeM
Devil May Cry: Peak of Combat
EGGコンソール ドラゴンスレイヤーIV ドラスレファミリー MSX2
EMPTY SHELL
Inertial Drift
Loretta
Moonglow Bay
RPG MAKER WITH
Slave Zero X
Slave Zero X 限定版
STEINS;GATE 15周年記念ダブルパック
STEINS;GATE ELITE グッドバリュー版
The Dragoness:Command of the Flame
アルタイル号の殺人
アーケードアーカイブス VS. スーパーゼビウス ガンプの謎
スイカゲーム
デジプラコレクション まるごと鉄道!ミニ ~JR貨物編~
ドットピースパズル
マブラヴ REMASTERED
マブラヴ オルタネイティヴ REMASTERED
双翼世界の精霊勇者
旅人ソフィア
日本史3ヒントクイズ 私は誰でしょう?
果つることなき未来ヨリ
泡沫のユークロニア
泡沫のユークロニア 限定凍玻璃エディション
4月12日(金)
Outer Terror
WOWOWOW KORONE BOX
4月15日(月)
PERISH
4月16日(火)
Grounded
Harold Halibut
デイヴ・ザ・ダイバー
4月17日(水)
HIT : The World
4月18日(木)
ARK: Survival Ascended
EGGコンソール ハイドライドII PC-8801
Picross -LogiartGrimoire-
SUNSOFT is Back! レトロゲームセレクション
UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも
いっき団結
ココロシャッフル - Spirit Swap -
バニーガーデン