KONAMIは本日2月19日、幕張メッセにて開催中の「ジャパン アミューズメント エキスポ 2016(JAEPO 2016)」にて、新作アミューズメント向けタイトル「おといろは」を発表した。

KONAMIといえば、アミューズメント向け音楽ゲーム「BEMANI」シリーズをこれまで展開してきたが、同シリーズのヒットのポイントとして、ムーブメントを作り出すことが挙げられるという。これまでのタイトルを例に、音楽ゲームのムーブメントを打鍵型、体感型、直感型の3つに分類。それらを全て兼ね備えたタイトルとして今回発表したのが、ハイブリッド型音楽ゲーム「おといろは」だ。

輪をイメージしたフォルムの筐体で、直感的で打鍵感のあるクリアパネルのボタンI/Oに加え、筐体両端にある新採用の物理スライダーによりプレイに爽快感が生まれ、視覚的にも楽しめるゲームにっているという。

今回は、お笑い芸人・ひよしなかよしの石塚利彦さんも参加しての4人プレイを披露。今回プレイしたのは2vs2で対戦するモードで、同じ曲をそれぞれ異なる譜面で演奏、全員で音楽を奏でていく。

ゲーム中は、プレイヤー4人が同じ譜面でスコアアタックを行う「SYNC TIME」も用意されており、一体感も味わうことができる。プレイし終わった石塚さんは、横のスライドが決まると気持ちいい、と感想を述べていた。

上記のようなプレイスタイルが楽しめる本作だが、ステージの最後にはボイスチャットが可能なマイクジャックを搭載し、プレイヤー間のコミュニケーションが可能であることや、ゲーム画面やプレイ映像を撮影し、WEBへアップロードして共有するといった、SNSを活用できる機能を備えていることが紹介された。

本作はJAEPO 2016の会場でも出展されており、早くも長蛇の列ができていた。気になる人は明日20日の一般公開日にチェックしてみてはいかがだろうか。

KONAMI JAEPO 2016特設サイト
http://www.konami.jp/jaepo/

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー