アークシステムワークスから本日5月26日に発売された、PS4/PS3用ソフト「ギルティギア イグザード レベレーター」の特徴をザザーッと紹介していく発売記念特集! 気になっている人はぜひともチェック。

2D対戦格闘ゲーム「ギルティギア イグザード(以下、GGXrd)」シリーズの最新作として、2015年8月よりアーケードにて正式稼働が開始された「ギルティギア イグザード レベレーター(GGXrdR)」。そしてコンシューマ移植となるPS4/PS3版が、約9ヶ月の時を経て本日2016年5月26日に発売された。

現時点で既にダウンロード版でプレイしている人、この記事を見ている時間帯によっては、ゲームを買って帰っている最中だという人もいるかもしれないが、今回は「実はまだ買ってないの」「これから買うよ」というGGファンおよびシリーズ未経験者に向けて、“家庭用版GGXrdRでは何が楽しめるのか”をザザーッと紹介していこうと思う。

また、記事最下部では「ギルティギア」シリーズのゼネラルディレクターである、石渡太輔氏のサイン入りポスターのプレゼントも実施しているので、あわせてチェックしてほしい。

その1:対戦するだけが能じゃない

やはり、これを見ている読者の中にも、「格闘ゲームは難しそうだし、あんまりやらない」という人がいることだろう。だがご安心を。同社が展開している格闘ゲームの家庭用版に関していえば、“対戦5:そのほか5”と言ってもいいくらい、ゲームとしての遊びの幅が取られている。つまり、対戦以外のコンテンツでも十二分に堪能できるのだ。

例えば前作GGXrdであれば、たっぷりボリュームのストーリーモード、キャラクターを強化しながらRPG的に戦っていくM.O.Mモード、アーケードモードやミッションモードなど、1人用のオフラインコンテンツが充実しており、対戦面をフィーチャーせずとも“フルプライスの価格分の楽しみ”を存分に味わえる内容であった。

加えて今作GGXrdRであれば、前作ストーリーにフォーカスしたあらすじ、アーケード版の物語が楽しめるエピソードモード、そして家庭用版だけの完全新規のストーリーモードが収録されており、物語関連だけでもその総量は倍ドン。もはや、アドベンチャーゲーム目的で買われても仕方ないくらいである。

つまり、本シリーズは“対戦格闘する以外でもいろいろと楽しめる対戦格闘ゲーム”となっているので、格ゲーが苦手な人でも不安を払拭してけっこう。むしろ、ボリュームがありすぎるのでどうやって遊び尽くすかを考えたほうがよい。

その2:新たに幕を開けたストーリー

GGXrdRでは前作のストーリーのラストからはじまる、新たなギルティギアの物語が描かれていく。なお、今作からプレイするという人も前述したあらすじを読むか、5月末までニコニコ動画のアークシステムワークスチャンネルにて公開されている、前作ストーリーモードのプレイ動画を観ておくといいだろう。だけど寝不足には注意。

また、本作では新規参戦キャラクターとして「ジャック・オー」「ジョニー」「蔵土縁紗夢」「レイヴン」「琴慧弦」の5名が追加されているほか、先日行われた「プレイアブル化キャラクター選抜総選挙」で見事1位を獲得した旧シリーズのキャラクター、「ディズィー」が参戦することも決定している。

これらの新キャラクターたちは物語の展開にどのように関わってくるのか? クライマックスに向かって進んでいくストーリーの行方は見逃せない。もちろん、今回もすっごい長いよ!

その3:格ゲー初心者はこれをやるべし

「格ゲーはまったくやったことがない」「自分で操作するとか無理無理無理!」という人はまず、ゲームに収録されているチュートリアルからはじめることをオススメする。

とはいっても、チュートリアルというのは元来、「つまらない……」「飛ばしたい……」というゲーマー的欲求をかきたててしまう罪なコンテンツなので、箸が進まない人も多いかもしれない。しかし! 本作に収録されているチュートリアルは一味違うことを忘れるべからず。

懇切丁寧な操作レッスンはもとより、登場キャラクターたちによる笑いあり涙ありの掛け合いを楽しむことができるのが、GGXrdシリーズのチュートリアルのすごいところ。なお、前作では登場キャラクターのうち「ソル=バッドガイ」と「シン=キスク」が進行を務めていたが、今回はソルと「ジャック・オー」の2名が担当している。

プレイ中も木偶の坊の相手キャラクターを殴るだけではなく、障害物があったり、ジャック・オーが召喚するサーヴァントが多彩な形の的になってくれたりと、アクションゲームチックな教習内容に仕上げられている。簡単操作でキャラクターの強みを引き出せる操作システム「スタイリッシュタイプ」とあわせて、格ゲー苦手意識の克服の足掛かりにするとよい。

もちろん、そのビジュアルから巷で大人気、ジャック・オーの女子力にも注目だ(下記は公式のチュートリアルプレイ動画)。

その4:今回もやりやがったネットワークモードの大進化

旧来の対戦格闘ジャンルにおけるネットワークモードといえば、部屋があって→人が集まって→最初に挨拶して→OKボタンを押して→いざ対戦! くらいの簡単なフローチャートでことが済んでいた。

しかしそこに、「アバターいれようぜ!」「シンボルチャットいれようぜ!」「ガチャいれようぜ!」「ゲームセンターにしようぜ!」「部屋をコーディネートしようぜ!」と、柔軟な発想を用いてネットワークシステムを魔改造してきたのが、ご存じアークシステムワークスの開発陣たちである。

毎回毎回、新機軸のネットワークモードを各作品に搭載してくることでお馴染みとなった同社だが、今回のGGXrdRも前例にもれず。もはやガラパゴス進化させすぎたと言わざるを得ない、“3D化したアバターコミュニティのチャットゲーセン”にまで変異させてきた。

ネットワークモードではランクマッチ、プレイヤーマッチ、オンラインロビーが存在し、そのうちプレイヤーマッチとオンラインロビーでは3Dで形成されたフィールドの中を、自身のアバターで駆けずり回ることができる。

ゲームプレイで獲得したW$(ゲーム内通貨)を使い、ロビー内で「釣り」を行えば、アバターの頭・色・アクションをはじめ、対戦キャラクターのカラーバリエーション、キャラクターシステムボイスなどのコンテンツが入手可能だ。対戦後に仲良くなったほかのプレイヤーと釣りをしながらまったり……なんてのもいいかも。

一方、システム的な利便性はしっかりとチューニングされていて、前作よりもランクマッチへのエントリー、ストーリーやDOJO(トレーニングモードなど)などのコンテンツへ、よりアクセスしやすいインターフェースへと改良されている。遊び心と機能美の両立が光るネットワークモードで、対戦以外の楽しみを見つけ出すのも一興か。

釣りはオフラインでもプレイすることも可能。
プレイするのに御託はいらねえ……!

GGXrdシリーズとしては第2作目となる「ギルティギア イグザード レベレーター」。新旧交えた参戦キャラクターも徐々にその数を増し、ストーリーも加速度的に真相へと突き進んでいる。家庭用版についても、手あかのついていないオリジナルなシステムを披露し、毎度驚きを見せてくれているのだから、これまたニクい。

なお、今回はあまり深掘りせずの紹介に留まったので、より詳しく知りたい人は実際にゲームをプレイしたり、ネット検索を思う存分に活用してほしい。もっと教えたくてたまらないのだが、残念なことに皆さんがこの記事を見ているだろうその頃には、筆者はミリアでネット対戦にドップリ浸かっている最中なのだ。おそらく手が離せないのだ。

格ゲーとしてのやり込み強度についてはもはや言わずもがな。いうだけ野暮というものだろう。GGファンも他タイトルの格ゲーファンも、この機会にぜひぜひ参戦してみては? なお、Gamerでは先日より石渡太輔氏へ行ったインタビューの様子も掲載しているので、興味がある人はこちらにも目を通していただけると幸いだ。それでは、よいギルティをー。

簡単アクセスのFAQで悩みを随時解決!
トレーニングモードでは仮想スティックにより、自身の入力がどうなっているのかが分かる。
「ギルティギア イグザード レベレーター」石渡太輔氏サイン入りポスター

石渡太輔氏のサインが入った「ギルティギア イグザード レベレーター」通常版/限定版のポスター(各1種)を計2名にプレゼント。興味がある人は下記URLのプレゼントフォームを記載し、応募を済ませてほしい。

さらに、現在Gamer内で実施中のオープン5周年記念企画「大プレゼント祭」では、アークシステムワークス提供のPS4/PS3「ギルティギア イグザード レベレーター」のゲームソフトのプレゼントも行っているので、「この機会にプレイしてみよっかなー」という人はこちらもドシドシ応募ください!

賞品

・「ギルティギア イグザード レベレーター」通常版 石渡太輔氏サイン入りポスター
・「ギルティギア イグザード レベレーター」限定版 石渡太輔氏サイン入りポスター

提供

アークシステムワークス株式会社

当選者数

各1名(抽選)

応募期間

2016年5月26日~6月9日

「ギルティギア イグザード レベレーター」石渡太輔氏サイン入りポスターの応募はこちら

ギルティギア イグザード レベレーター

アークシステムワークス

PS4パッケージ

  • 発売日:2016年5月26日
  • 価格:6,800円(税抜)
  • 12歳以上対象
ギルティギア イグザード レベレーター

ギルティギア イグザード レベレーター

アークシステムワークス

PS3パッケージ

  • 発売日:2016年5月26日
  • 価格:6,800円(税抜)
  • 12歳以上対象
ギルティギア イグザード レベレーター

(C) ARC SYSTEM WORKS

※画面は開発中のものです。

関連ワード
  • セガ特集ページ
  • プリコネR特集
  • Figgy
  • 軌跡シリーズ特設サイト

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
12月1日(火)
Chronos: Before the Ashes
Worms Rumble
12月2日(水)
Frostpoint VR: Proving Grounds
Lost Kiss~カレと運命の恋愛~
レッド・デッド・オンライン
12月3日(木)
fault - milestone two 上
Fit Boxing 2 -リズム&エクササイズ-
Haunted Obachestra Vol.1 Awaking アニメイトゲームス限定セット
Haunted Obachestra Vol.1 Awaking ダウンロードカード単品
すみっコぐらし おへやのすみでたびきぶんすごろく
ふたりで!にゃんこ大戦争
イモータルズ フィニクス ライジング
イモータルズ フィニクス ライジング ゴールドエディション
スカージブリンガー
ノスフェラトゥ・リリノア
ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~
ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ Digital Deluxe
ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ Digital Deluxe with Season Pass
ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ スペシャルコレクションボックス
ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ プレミアムボックス
リマザード ダブルパック
リマザード:ブロークン ポーセリン
不思議のダンジョン 風来のシレン5plus フォーチュンタワーと運命のダイス
夢おこし商店街
電車でGO!! はしろう山手線
12月4日(金)
ALTDEUS: Beyond Chronos
El Hijo - A Wild West Tale
FIFA 21 NXT LVL EDITION
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S
ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 新価格版
ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 追加DLC第1弾・第2弾・第3弾セット
12月8日(火)
ドローン トゥ ライフ ~ 2つの王国 ~
12月9日(水)
ソード・オブ・ガルガンチュア
12月10日(木)
Outward
ひめひび Another Princess Days ~White or Black~
ぷよぷよテトリス2
サイバーパンク2077
サイバーパンク2077 コレクターズエディション
トレイルメーカーズ
ドカポンUP! 夢幻のルーレット
ドカポンUP! 夢幻のルーレット プレミアムエディション
ブリガンダイン ルーナジア戦記
ブリガンダイン ルーナジア戦記 Limited Edition
モンキーバレルズ
三國志14 with パワーアップキット
三國志14 with パワーアップキット ダブルデジタルデラックス
三國志14 パワーアップキット
軒轅剣 閻黒の業火
鉄道にっぽん!路線たび 叡山電車編
12月15日(火)
ETERNAL
Sa・Ga COLLECTION
サクラ革命 ~華咲く乙女たち~
異世界酒場のセクステット ~Vol.1 New World Days~