アークシステムワークスから本日5月26日に発売された、PS4/PS3用ソフト「ギルティギア イグザード レベレーター」の特徴をザザーッと紹介していく発売記念特集! 気になっている人はぜひともチェック。

2D対戦格闘ゲーム「ギルティギア イグザード(以下、GGXrd)」シリーズの最新作として、2015年8月よりアーケードにて正式稼働が開始された「ギルティギア イグザード レベレーター(GGXrdR)」。そしてコンシューマ移植となるPS4/PS3版が、約9ヶ月の時を経て本日2016年5月26日に発売された。

現時点で既にダウンロード版でプレイしている人、この記事を見ている時間帯によっては、ゲームを買って帰っている最中だという人もいるかもしれないが、今回は「実はまだ買ってないの」「これから買うよ」というGGファンおよびシリーズ未経験者に向けて、“家庭用版GGXrdRでは何が楽しめるのか”をザザーッと紹介していこうと思う。

また、記事最下部では「ギルティギア」シリーズのゼネラルディレクターである、石渡太輔氏のサイン入りポスターのプレゼントも実施しているので、あわせてチェックしてほしい。

その1:対戦するだけが能じゃない

やはり、これを見ている読者の中にも、「格闘ゲームは難しそうだし、あんまりやらない」という人がいることだろう。だがご安心を。同社が展開している格闘ゲームの家庭用版に関していえば、“対戦5:そのほか5”と言ってもいいくらい、ゲームとしての遊びの幅が取られている。つまり、対戦以外のコンテンツでも十二分に堪能できるのだ。

例えば前作GGXrdであれば、たっぷりボリュームのストーリーモード、キャラクターを強化しながらRPG的に戦っていくM.O.Mモード、アーケードモードやミッションモードなど、1人用のオフラインコンテンツが充実しており、対戦面をフィーチャーせずとも“フルプライスの価格分の楽しみ”を存分に味わえる内容であった。

加えて今作GGXrdRであれば、前作ストーリーにフォーカスしたあらすじ、アーケード版の物語が楽しめるエピソードモード、そして家庭用版だけの完全新規のストーリーモードが収録されており、物語関連だけでもその総量は倍ドン。もはや、アドベンチャーゲーム目的で買われても仕方ないくらいである。

つまり、本シリーズは“対戦格闘する以外でもいろいろと楽しめる対戦格闘ゲーム”となっているので、格ゲーが苦手な人でも不安を払拭してけっこう。むしろ、ボリュームがありすぎるのでどうやって遊び尽くすかを考えたほうがよい。

その2:新たに幕を開けたストーリー

GGXrdRでは前作のストーリーのラストからはじまる、新たなギルティギアの物語が描かれていく。なお、今作からプレイするという人も前述したあらすじを読むか、5月末までニコニコ動画のアークシステムワークスチャンネルにて公開されている、前作ストーリーモードのプレイ動画を観ておくといいだろう。だけど寝不足には注意。

また、本作では新規参戦キャラクターとして「ジャック・オー」「ジョニー」「蔵土縁紗夢」「レイヴン」「琴慧弦」の5名が追加されているほか、先日行われた「プレイアブル化キャラクター選抜総選挙」で見事1位を獲得した旧シリーズのキャラクター、「ディズィー」が参戦することも決定している。

これらの新キャラクターたちは物語の展開にどのように関わってくるのか? クライマックスに向かって進んでいくストーリーの行方は見逃せない。もちろん、今回もすっごい長いよ!

その3:格ゲー初心者はこれをやるべし

「格ゲーはまったくやったことがない」「自分で操作するとか無理無理無理!」という人はまず、ゲームに収録されているチュートリアルからはじめることをオススメする。

とはいっても、チュートリアルというのは元来、「つまらない……」「飛ばしたい……」というゲーマー的欲求をかきたててしまう罪なコンテンツなので、箸が進まない人も多いかもしれない。しかし! 本作に収録されているチュートリアルは一味違うことを忘れるべからず。

懇切丁寧な操作レッスンはもとより、登場キャラクターたちによる笑いあり涙ありの掛け合いを楽しむことができるのが、GGXrdシリーズのチュートリアルのすごいところ。なお、前作では登場キャラクターのうち「ソル=バッドガイ」と「シン=キスク」が進行を務めていたが、今回はソルと「ジャック・オー」の2名が担当している。

プレイ中も木偶の坊の相手キャラクターを殴るだけではなく、障害物があったり、ジャック・オーが召喚するサーヴァントが多彩な形の的になってくれたりと、アクションゲームチックな教習内容に仕上げられている。簡単操作でキャラクターの強みを引き出せる操作システム「スタイリッシュタイプ」とあわせて、格ゲー苦手意識の克服の足掛かりにするとよい。

もちろん、そのビジュアルから巷で大人気、ジャック・オーの女子力にも注目だ(下記は公式のチュートリアルプレイ動画)。

その4:今回もやりやがったネットワークモードの大進化

旧来の対戦格闘ジャンルにおけるネットワークモードといえば、部屋があって→人が集まって→最初に挨拶して→OKボタンを押して→いざ対戦! くらいの簡単なフローチャートでことが済んでいた。

しかしそこに、「アバターいれようぜ!」「シンボルチャットいれようぜ!」「ガチャいれようぜ!」「ゲームセンターにしようぜ!」「部屋をコーディネートしようぜ!」と、柔軟な発想を用いてネットワークシステムを魔改造してきたのが、ご存じアークシステムワークスの開発陣たちである。

毎回毎回、新機軸のネットワークモードを各作品に搭載してくることでお馴染みとなった同社だが、今回のGGXrdRも前例にもれず。もはやガラパゴス進化させすぎたと言わざるを得ない、“3D化したアバターコミュニティのチャットゲーセン”にまで変異させてきた。

ネットワークモードではランクマッチ、プレイヤーマッチ、オンラインロビーが存在し、そのうちプレイヤーマッチとオンラインロビーでは3Dで形成されたフィールドの中を、自身のアバターで駆けずり回ることができる。

ゲームプレイで獲得したW$(ゲーム内通貨)を使い、ロビー内で「釣り」を行えば、アバターの頭・色・アクションをはじめ、対戦キャラクターのカラーバリエーション、キャラクターシステムボイスなどのコンテンツが入手可能だ。対戦後に仲良くなったほかのプレイヤーと釣りをしながらまったり……なんてのもいいかも。

一方、システム的な利便性はしっかりとチューニングされていて、前作よりもランクマッチへのエントリー、ストーリーやDOJO(トレーニングモードなど)などのコンテンツへ、よりアクセスしやすいインターフェースへと改良されている。遊び心と機能美の両立が光るネットワークモードで、対戦以外の楽しみを見つけ出すのも一興か。

釣りはオフラインでもプレイすることも可能。
プレイするのに御託はいらねえ……!

GGXrdシリーズとしては第2作目となる「ギルティギア イグザード レベレーター」。新旧交えた参戦キャラクターも徐々にその数を増し、ストーリーも加速度的に真相へと突き進んでいる。家庭用版についても、手あかのついていないオリジナルなシステムを披露し、毎度驚きを見せてくれているのだから、これまたニクい。

なお、今回はあまり深掘りせずの紹介に留まったので、より詳しく知りたい人は実際にゲームをプレイしたり、ネット検索を思う存分に活用してほしい。もっと教えたくてたまらないのだが、残念なことに皆さんがこの記事を見ているだろうその頃には、筆者はミリアでネット対戦にドップリ浸かっている最中なのだ。おそらく手が離せないのだ。

格ゲーとしてのやり込み強度についてはもはや言わずもがな。いうだけ野暮というものだろう。GGファンも他タイトルの格ゲーファンも、この機会にぜひぜひ参戦してみては? なお、Gamerでは先日より石渡太輔氏へ行ったインタビューの様子も掲載しているので、興味がある人はこちらにも目を通していただけると幸いだ。それでは、よいギルティをー。

簡単アクセスのFAQで悩みを随時解決!
トレーニングモードでは仮想スティックにより、自身の入力がどうなっているのかが分かる。
「ギルティギア イグザード レベレーター」石渡太輔氏サイン入りポスター

石渡太輔氏のサインが入った「ギルティギア イグザード レベレーター」通常版/限定版のポスター(各1種)を計2名にプレゼント。興味がある人は下記URLのプレゼントフォームを記載し、応募を済ませてほしい。

さらに、現在Gamer内で実施中のオープン5周年記念企画「大プレゼント祭」では、アークシステムワークス提供のPS4/PS3「ギルティギア イグザード レベレーター」のゲームソフトのプレゼントも行っているので、「この機会にプレイしてみよっかなー」という人はこちらもドシドシ応募ください!

賞品

・「ギルティギア イグザード レベレーター」通常版 石渡太輔氏サイン入りポスター
・「ギルティギア イグザード レベレーター」限定版 石渡太輔氏サイン入りポスター

提供

アークシステムワークス株式会社

当選者数

各1名(抽選)

応募期間

2016年5月26日~6月9日

「ギルティギア イグザード レベレーター」石渡太輔氏サイン入りポスターの応募はこちら

ギルティギア イグザード レベレーター

アークシステムワークス

PS4パッケージ

  • 発売日:2016年5月26日
  • 価格:6,800円(税抜)
  • 12歳以上対象
ギルティギア イグザード レベレーター

ギルティギア イグザード レベレーター

アークシステムワークス

PS3パッケージ

  • 発売日:2016年5月26日
  • 価格:6,800円(税抜)
  • 12歳以上対象
ギルティギア イグザード レベレーター

(C) ARC SYSTEM WORKS

※画面は開発中のものです。

関連ワード
  • セガゲームス特集ページ
  • 夢現Re:Master特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • BUSTAFELLOWS特設サイト

RANKING人気記事ランキング

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
1月16日(木)
Degrees of Separation
Minecraft Starter Collection
1月17日(金)
The Alliance Alive HD Remastered
The Alliance Alive HD Remastered デジタルリミテッドエディション
VGAME
バレットガールズ ファンタジア
フローラル・フローラブ
幻影異聞録♯FE Encore
防衛三国志:~ぷちかわ武将と戦略バトル~
1月20日(月)
CocoPPa Dolls
1月21日(火)
ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator アーリーアクセス版
1月22日(水)
De:Lithe ~忘却の真王と盟約の天使~
Idol Company
1月23日(木)
198X
MISTOVER 特装パッケージ版
Mosaic
Stories Untold
Valfaris
void tRrLM(); //ボイド・テラリウム
うたわれるもの 二人の白皇
うたわれるもの 偽りの仮面
ファ−: ローン・セイルズ
メダロットS
大乱盗!ジュエルウォーズ
村雨のソードブレイカー
1月24日(金)
アトリエ ~黄昏の錬金術士 トリロジー~ DX
アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~ DX
エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~ DX
シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~ DX
1月30日(木)
Bookbound Brigade
HUNTER×HUNTER アリーナバトル
IxSHE Tell
IxSHE Tell 完全生産限定版
Ministry of Broadcast
ウォーハンマー:Chaosbane
ケムコRPGセレクション Vol.1
ケムコRPGセレクション Vol.3
コードシフター
コーヒートーク
シスターズロワイヤル 5姉妹に嫌がらせを受けて困っています
プリズンプリンセス
ボクと彼女(女医)の診察日誌
ボクと彼女(女医)の診察日誌 ナースエンジョイパック
ボクと彼女(女医)の診察日誌 プレミアムエディション
レベンチャー 100のエンディングの伝説
ロードランナー・レガシー
ヴァルシリアアーク ヒーロースクールストーリー
幻想マネージュ
幻想マネージュ 限定版
東方幻想麻雀
2月5日(水)
対戦!こおり鬼